スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】君の名は。

「君の名は。」を観た。

恋愛映画に興味ない。わけでもないけどあんまり関心高くない。
なにしろアクションの当事者と観客としての自分の距離が遠い。
スクリーン上ではイケメンと可愛い女の子があーだこーだやってそのうち浮気とか裏切りとか事故や病気にかかったりして最悪の場合死んだりもするんだけど、基本的にすっごく他人事過ぎて共感できない。なんにしろそれが恋愛映画(=ほとんどの場合デートムービー)だから。しょうがない。デートで観なくては意味がない。
じゃあ「君の名は。」も同じかな??と思って観に行ったら全然そんなことはなく、普通にというかめちゃくちゃ面白かったのでした。

その理由を適当に三つ挙げる。
1.アニメだから
2.優れた作品(新海誠監督作品)だから
3.他人事と思わせない距離感を演出するから

1
アニメであること。
実写ではキャラクターよりも俳優として見てしまう。売れているとなお。最初から創作されたキャラクターだから入りやすい。
アニメだからこそのロケーション。現実に有り得ない風景、色彩、地形と空の広がり、視覚的に超気持ちいい。実写だと出来ない。アニメじゃないと無理。

2
売れる要素放り込んだというだけでは到底作れない。ポップであることそのものは否定されるべきではないし、監督の過去作の集大成という点でも作家性をまるで否定できない。
全てにおいてクオリティ高いです。はい。

3
恋愛映画は主要な登場人物二人を中心にあまり広がりを見せず完結しやすいのだけど、本作では精神の入れ替わりを通してお互いの人間を取り巻く生活環境や人間関係といった社会の広がりが見えてくるので、非常に細かいところから好奇心と共感を積み重ねている。例えばド田舎の「日照時間が短い」という切実な問題は多くの田舎住みに共感を生んだと思う。
身体が入れ替わるとその人が本来当たり前に送っていたはずの生活に合わせて適応しなければならず、否が応でもお互いを意識してハラハラドキドキの毎日を生きていくことになる。
初めは夢の中で起きたことという些細な変化に気づくことから始まって、身体の違和感から、衣服、家族、食事、通学、友人、文化まで、当たり前のはずの世界がまるで違う異世界に変わったような冒険すら感じさせる。
そしてついに入れ替わっていることに気づいてからの唐突な前前前世がドドン!と流れるオープニングクレジット。
完全に心を持っていかれる気持ちのよさ。
二人のキャラクターが観ている側にとって遠くない位置に入ってきて、そのテンションを維持したまま物語が最後までずっと進行し続ける。だから彼らにとっての記憶の喪失や失ったものを取り戻したいという切実な思いがリアルに訴えかけてくる。
時に人間関係の穴を補完しあったり、お互いの知らない土地を巡ったり、時には二人が隠していることを観る側はある種ののぞき見趣味のような形で知らされる。それもかなりの至近距離で。
誰かを特別視することとか喪失による絶望観がどういったものかとかをこの作品では物凄くわかりやすく追体験できるわけ。
善意に満ち溢れた世界観というか人間観という点ではリアルではないかもしれないが、むしろ人としてはこの在り方が絶対正しいって言ってしまえるくらいには信じられる/信じたい映画。

評:100点

でもまさか全世界で大好評とは思わなかったなあ。
スポンサーサイト

【映画】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

公開三日くらいにエヴァQを観に行ったけどよく言われている通り意味不明だった。
もう何から何まで仮定上で話をするしかないじゃないですか・・・。

いきなり14年後って・・・。
エヴァの呪縛にしても旧からのことを掛けたのか、原発事故挟んだから変化球を思いついたのか、さっぱりわからん。

・エヴァをどうやって宇宙に打ち上げたの?
・人工使徒ってなんなん?
・それを作る科学力と仕事場は?
・14年間何があったのか?
・その期間は今後語られることはあるのか?
・破のラストで地球は具体的にどうなったの?なんで変な模様入ってるの?
・どれだけ人は生き残ったの?
・ネルフはその間誰にどんな扱いを受けたの?
・反ネルフ組織はどこでどうやって作ったの?
・ヴンダーはどうしてあんなデザインなの?あんな塗装する余裕あったの?
・ヴンダーの周囲の船に糸が見えるのは何かで吊り上げてるの?特撮?
・相変わらず同じ場所で新しいエヴァを作ったり整備していられるのはなぜ?
・作業員の姿が一人も見あたらないんだけどシンジ君目線にあわせただけで実際には居るの?
・言われたからやったシンジ君になんでみんな冷たいの?原発マンだから?
・着替えにトウジの服を出したのは誰?メシは誰が用意したん?
・人類のほとんどが絶滅した今となってはもういまさら何thインパクト起ころうがどうでもよくないですか?止める動機は何よ?
・ネルフ打倒して人類再生のための秘策でもあるっていうんですか?


などと考えているうちにスクリーンに映っているものが何なのかよくわかんなくなってきて、弐号機と八号機によるフォースインパクト阻止作戦もとっくに荒廃した世界での戦いだし盛り上がってるのかどうかよくわかんないんですねー。
もう勝手にやればいいじゃないですかと。

エヴァQの評価は完結編次第ですね。
スタートダッシュいい感じで決めて、最高の疾走を決め込んで、思いっきりジャンプの体勢に踏み込んだって感じ。
だから今年のベスト10にはおそらく、いれません。よくわかんないし。

しかしあれだけ荒廃した世界であとは何をやるんだろう。また人工使徒と戦うの?

エヴァは第三新東京で戦ってたころのほうが楽しかったなあ。
人類の科学力を結集した決戦兵器としての活躍がまた見たかった。

theme : 映画感想
genre : 映画

【映画】神秘の法



こちらのブログで前から気になっていた宗教団体「幸福の科学」が送る近未来予言アニメ映画『神秘の法』。
タダ券を手に入れたので見てきました。

あらすじ
202X年、経済的・軍事的に超大国となった東アジア共和国でクーデターが発生。軍部出身のタターガタ・キラーを皇帝とする「帝国ゴドム」が誕生した。この国は、ある貿易会社の謎の女社長、張麗華(チャン・レイカ)が提供する、地球のものとは思えない秘密技術によって圧倒的な軍事力を手に入れ、周辺国を次々と占領してゆく。日本もあっけなく占領されてしまい、アメリカや国連も何も対抗策がとれないままであった。そうしたなかで唯一、帝国ゴドムに抵抗するのは、国際秘密結社「ヘルメス・ウィングス」であった。そのメンバー獅子丸翔は、「神秘的な能力」を持つ若者であり、帝国ゴドムに対し挑んでいく。しかし力及ばず追い詰められて、絶対絶命の危機に陥ってしまう。そうした獅子丸翔らを救ったのは、インド人の同志たちであった。その彼らは、インドの古代遺跡で発見された「救世主」再臨の予言を翔に伝えて新たな戦略を導き出した。(wikipediaより)

この映画を観て気になったのがまず、どういう層に向けて作られた映画なのか?ということですね。
まあ当然幸福の科学の信者向けには違いないでしょうけれど、作品に込められたメッセージからすれば信仰心のない現代の人間に観てもらいたい(そして幸福の科学の信者になってほしい出来れば幸福実現党に投票してほしい)という気持ちがないわけではないでしょう。
それがいったいどれだけ達成されていたのかが気になるところですね。

本作はファイナルジャッジメントより話が地球規模~宇宙規模と豪華になってるんですが、基本ストーリーはかなり似ています。
大国(どう見ても中国)が侵略する
→主人公悩んだり幻視したり逃亡したりする
→みんなからあなたは希望だと持ち上げられるけど特に何もできないで苦しむ
→とりあえず瞑想する
→捕まる
→処刑されかけるもみんなの助けで逃げる
→演説したあと奇跡の力で世界平和
と、以上のような流れです。

基本的に主人公は何をすればいいのかわかってないんですよね。瞑想する以外に結社での活動の描写とかほぼ無いですから。
だから特に中盤のテンションの落ち方は残念なんですよ。これはファイナルジャッジメントにも感じたことなんですけど、主人公が悩んでいる中でも瞑想を行うに至るまでに結社の活動で試行錯誤する様子や中国の侵攻の際にもっとアクション描写を入れるなどすれば、中だるみすることなく新規の客を画面にひきつけることが出来るんじゃないかと思いました。

最も意表を突かれたネタは皇帝の最終兵器です。
宇宙人の科学力を用いて作られた核兵器を遥かに超える、いや核兵器どころかあらゆる恒星の爆発力さえ上回る地球破壊爆弾(名称不明)の説明台詞が衝撃過ぎました。
それを使うと六兆度の火の玉が大陸を焼き尽くすそうです。
六兆度・・・あのゼットンでさえ一兆度の火の玉だというのに。
空想科学読本によれば現実にゼットンが一兆度の火の玉を吐き出せばその膨大な熱エネルギーにより太陽系は消滅するとされているのに、映画の登場人物は最大でも「アメリカ大陸のみならず地殻にまで影響して地球を滅ぼしてしまうからヤバイ」程度にしか考えていないのが、余計に事態のややこしさを盛っているようで大変面白い。

この映画のいいところはそこそこ現実のリアルさを反映してるって点ですね。
はじめはわりと幅広い間口から入っていくのに段々と妙に強調されたトンデモネタの出現によってぶち壊しになっていく。それも話の進行とともにどんどん壮大になっていくのだから、もう呆れを通り越してヤケクソな気分です。
そういうノリで信仰を増やすっていうやり方は悪くないと思います。
ただそのために乗り越えるべき問題としては主人公のアクションの無さが弱いんですよね。特に中盤の主人公が何も出来ずにいるところはもう少し中国から守る手立て(物理)を講じて苦難の道を歩いているんだという訴えがほしい。侵略進行中なのに平和過ぎるというのは序盤の緊張感が意味を失いかけています。せっかく面白いネタでひきつけることが出来ていたのにもったいない。
そしてラストの奇跡で世界を変えるというのも、主人公が周りの人間に救われるばかりで彼自身が奇跡を起こす理由が説得力に欠けてしまう。いや「仏陀の生まれ変わりだから」で片付けられる人はそれでいいでしょうけど新規の客は何で?って思ってしまいますよ。奇跡で解決するのは教義上仕方ないんでしょうけど、奇跡に繋がる行動を「信仰」だけで描いちゃうのは残念な気がしますね~。
上映中、まどマギのことが何度か頭をよぎりましたよ。

あと政治的なメッセージは民主党よりマトモに見えるのが不思議でした(笑)




本作の謎オカルトネタ例:
中国の皇帝が宇宙人。
米空母を瞬殺する宇宙人の技術。
アトランティス大陸やムー大陸の存在(地球意思によって滅ぶ)。
地球には霊界の王というのがいる。
宇宙人の霊体がその王に話しかけて地球への移住許可をもらう。
妊婦の体に宇宙人の霊体が入ると宇宙人の魂が宿り生まれてくる。
日本侵略の際、日本神話の木花咲耶姫がヤマタノオロチを召喚して戦う。
皇帝も邪神竜を召喚して戦う。
主人公の前世がブッダ。
六兆度の火の玉発動を防ぐ地球意思(FF7のホーリーみたいなの)。
奇跡を起こす謎のマジカルステッキ。

theme : 映画感想
genre : 映画

ワンピース~ストロング

テレビ放送された『ワンピース:ストロングワールド』を見ました。

はっきり言って全然つまんなかったですね。
ちょっと前にあった『ゴエモン』といい勝負です、はっきり言って。
何でこうはっきり言っちゃうかというと、友人がワンピース好き過ぎな人ばかりで世間じゃ肩身が狭かったからですよ。
気軽につぶやけない程度には『劇場版ワンピース面白い』という無言の圧力をそこそこ感じました。
しかし、ブログではわりとハッキリと言っていくのでよろしくね☆
ちなみに原作は好きでも嫌いでもないです。

それで『ストロングワールド』は全体的に気に入らないというかつまらなかったんだけど、設定などのツッコミは置いといて物語が酷く停滞してるよね。
ボスのシキって奴は20年かけた計画のわりには傲慢で思いつきな行動で破綻しかけるし、ルフィもナミも出来事に対して直球な反応ばかりで茶番劇に過ぎて全然盛り上らないです。
シリアスとギャグの混ぜ具合も悪く、前後の脈絡を無視してギャグが挿入されるためリズムが悪く、しかも寒いから余計辛い。
何より映画タイトルが『ストロングワールド』なのに、登場人物の強さがそれぞれどの程度なのか全然わかんない。
巨大生物、シキ、ルフィ海賊団、シキ配下の連中、シキが敵対する予定の世界政府、この力関係がとても曖昧で、とってつけたような画が際立っていました。
OPの賞金額表示などはまったく無意味でしたね。

ワンピース映画はあまり見てないけど一番面白かったのは細田守の『オマツリ男爵』だな。
原作を基にしながらも異なるアプローチからちゃんとテーマをなぞっていて、しかも面白いから。
原作の映画化はそうあるべきだと思います。

以上。

ファンタスティックプラネット

『ファンタスティックプラネット』を映画館で鑑賞。
物語の展開はかなり大雑把な印象があったけれど、そこはまあ絵を重視するフランス人の感性だろうと思う。
ということでこの映画の見どころはサルバドール・ダリやルネ・マグリットを思わせるシュールレアリスムな絵の連続によって作られた異次元を堪能できるところにある。

青白い顔の巨大な異星人の住む星で人間が家畜や小動物のように細々と生きながらえているという世界観で、奇妙な生き物が捕食される生態系や過酷な自然環境といった描写に力が入っていて異次元の宇宙の壮大さを感じさせてくれる。



現実的にはかなり異常な絵で以って、最初から最後まで作り上げているのに感心する。
物語最後の方ではさすがに疲れたのか急速に話をまとめに入っちゃうけど。

$seihonnnoさんのブログ-ファンタスティックプラネット
青ざめた顔に丸く赤い目を持つ異星人の容姿はどこまでいっても不気味。




最近の出来事
・『フレイルティー 妄執』を見た。
・『エルトポ』を見た。
・『ゾンゲリア』を見た。
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
138位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。