スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】アフターアース

で、アフターアースである。

今回のシャマラン映画は今までの流れとは大きく乖離するものだった。
というのはこれまでのシャマラン映画はほぼ完全にシャマラン脚本によるものだったのだが、今回はウィルスミスが企画してストーリーを持ち込んだというのだから大変だ。
なにしろウィルスミスは自己主張の強い俳優だ。あの『ジャンゴ繋がれざる者』でさえ主人公じゃないからという理由でジャンゴ役を降りるくらいなのだから、そうやって自分で自分を演出していこうと考える押しの強いウィルスミスを相手にしては、これまた映画内に密かに登場し続けていたシャマランも己の自己主張を抑えざるをえない状況になっていたんじゃないかと思う。

シャマランは爆発的大ヒットを記録した『シックスセンス』以降、シャマランマジックの応用を重ねた挙句、作品評価は落ち続け、『エアベンダー』では『SW:EP3』ほどの予算を掛けながらも最低映画と世間的に侮蔑されるという不遇に陥っている。
憶測ではあるがシャマランは監督としてはかなり厳しい位置に立たされているのではないだろうか。
だから今回ウィルスミスがシャマランに監督を頼んだのはシャマラン的にはうれしいチャンスと言えるわけで、ほぼいつも賛否両論(否が多め)のシャマランマジックを最低限度に抑えつつ、ウィルスミス&制作会社の意向をほぼ全面的に支持する形で映画を撮ったのではないかと思えるのだ。

実際にシャマランマジック的見せ場は限られており、冒頭のナレーション、ウィルスミスの幽霊化が際立ってしまう。
だから今回のアフターアースはシャマランマジックへの期待で観に行くのではなく、シャマランがウィルスミス親子に向けて誠実に仕事をしたという意味で、『オブリビオン』でのトムクルーズのように、今その俳優がどういう立ち位置にあるかで観に行くほうが視点が定かになると思う。

では結局今回のシャマランは何だったのって話だが、これはウィル・スミスが持ち込んだテーマが家族関係、親子関係、過去の悲劇と現在の危機、などとシャマランが得意とする題材に正しく合致していることに注目したい。
シャマランマジックを重点的に見れば本作は抑え目ではある。地味といってもいい。
しかし、シャマランテーマを受け継いだものとして見るならば、確かに正統性のある映画となっているし、ウィル・スミス親子の映画としては(ウィルスミス本人のあまり深く考え過ぎない軽いキャラからしても)その愚直さは確かにウィルスミスらしいと言えるものだった。


ただ肝心なのはこの映画が売れるのかどうか?という一点に尽きる。


★★
良い映画です。(地味だけど)


その他
個人的な要望だけど、地球探検ではもっと多様性に富んだ環境を見せて欲しかった。
危険だけど『人間を殺す為に進化した地球』というキャッチコピーが詐欺になっている。
それと冒頭幽霊化の見せ場の印象が強いために、それ以降が弱い。
終盤にもっと怒涛のシャマランマジック殺戮シーンを演出してほしいと思った。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

【映画】アイアンスカイ(虐殺行為はNO)



ナチスが攻めてくる映画、アイアンスカイを観た。

あらすじ
大統領選挙戦のキャンペーンとして月の裏側に宇宙飛行士を派遣したら、ナチスの秘密基地があって宇宙飛行士は捕縛。宇宙飛行士を利用するナチの人たちは地球侵略を開始しましたとさ。


ナチスに月へ行く科学力があったとして、それでどうやって生活して小文明を築いていたのかは全く不明だが夢のある設定だと思う。
機械や兵器がやたら巨大だったり、宇宙飛行士が持ってたi-phoneを理解できずにバカにされるくだりなどは現代の風刺とナチスの誇大妄想的超大国願望への哀愁やノスタルジーを感じさせてくれる。
エクスペンダブルズ2なんかはまだ旧ソ連の残滓を巡る話だったけれど、アイアンスカイはさらに大昔のまるで恐竜の化石みたいなものが悪役として蘇る。そこが泣けるんだよね。

ただ残念なのはこの映画のピークは意外と早く、そこからは話や世界観が一気に縮小してきてレンタル屋にB級(C級?)コーナーで並んでいるしょうもない映画と同程度のレベルに落ちてしまうということ。
序盤、セットのショボさなどはまるでモノクロ映画時代を再生しているかのような感覚に落ちるほど成功していたのに、舞台が完全に地球に移ってからは笑える場面も少なくなってしまった。惜しい。

おバカ映画だし一発くらい地球に風穴開けてほしいと切に思っていたけど、この映画での女性の扱われ方を見ると男根拒絶的な描き方は間違ってはいないのかもしれない。面白いかは知らん。



★★
後半から別物になってしまうので作品の完成度で言えばゲットバックの方がずっと良かった。


その他
・ピーク点は有名なヒトラー映画のパロ(あの転換は期待させられた)
・ナチスの人は全員ちゃんと悪に徹してほしい
・各国首脳が日本以外全部沈没と同じくらい手抜き・無能
・その延長でラストも平凡な終わり方に・・・

theme : 映画感想
genre : 映画

【映画】MIB3 メン・イン・ブラック3

みb3

あっ これ(まんがの)GANTZで見たことあるっ!
と思わずうなる、ファンキーというか絶対にアホ、アホでマヌケ面のウィル・スミスを引っさげて久しぶりに帰ってきたMIBシリーズ。
昔の小学館の児童向け雑誌の『これが未来の乗り物だ!』特集に出てきそうなマヌケ面である。

ウィル・スミスって出演してる映画の役が基本的に全部軽薄だよね。
軽薄じゃない役もやってるのかもしれないけど軽いイメージが圧倒的に強い。
正直どの映画に出ててもウィル・スミスって役しかやってない。
しかしながらウィル・スミスさんはその軽薄さが最大の売りなんだよね。
ぶっちゃけアメリカ人はウィルスミスのリアクション芸を楽しんでる。
ナイスガイの黒人のウィルスミスが、何かの拍子に合衆国に追われたり、ゾンビに襲われたり、エイリアンに襲われたり、エイリアンを襲ったりしてチクショー!って言ってるのをみるのは楽しい。
その軽薄さ、ノリの軽さ、まったく知り合いじゃないのに親戚のおじさんの友達の仕事相手の兄弟とかにいそうだから困る。
『親近感』、ウィル・スミスを一言で表すならこの言葉がピタリとくるね。

そんな親近感の塊のようなウィルの相棒として、これまた親近感を絵で書いたようなトミー・リー・ジョーンズさんがいる。
彼は近年日本のCMによく出るから映画館に行っても意外性はそんなにないよね。
あっ またあのおじさんだ! と気づく子供たちの顔が目に浮かぶような親しみやすさである。
つまりこの二人の活躍する映画がどんな奴かってのは大体わかる。わからなくてもわかりやすさが備わってる。
わかりやすいってのは多くの人に知られるためには重要なことだ。
小難しい内容の映画だとわかってもらえないかもしれないけど、MIBシリーズは基本的に軽快ポップに出来てるのでバカでもわかる。
みんなが理解できるしそこそこ楽しいからヒットするし、これくらいバカやってる映画のほうが気楽に見て楽しめるという意味では、マイケル・ベイとかローランド・エメリッヒに望むものがここでも手に入ってラッキー☆でうれしいよね。

まあこのシリーズは正直MIB2あたりでテキトーさがインフレし過ぎて食傷気味になっていたんだけど、さすがに10年ぶりに帰ってきたもんだから、ああじゃあ観てみるかって気にもなったんだよね。
でまあ観て見たらやっぱり面白くて、しかも今回はわりと堅実に作ってきてて、トイストーリーとかバックトゥザフューチャーとかが一瞬頭をよぎるほど面白かったし泣かせにくるしで意表を突かれた楽しさがあった。

あと本編の半分以上はトミーリージョーンズさんじゃなくてジョシュブローリンさんがエージェントKなんだけど、正直言ってどっちも無愛想で親近感はねーなwww



★★★

theme : 映画感想
genre : 映画

【映画】ジョン・カーター

カーター

その昔、日本映画で『北京原人フーアーユー?』という超大作映画があったと思う。
壮絶にかっこ悪すぎていまやデビルマンに並ぶ最低映画として邦画史に名を残しているが・・・。

ジョン・カーターという映画を観に行った。
予告編やタイトルの限りではまあつまらない映画だと思うよね。俺もきっとこれはつまらないだろうと思って断然スルーの予定だったの。『ジョン・カーター フーアーユー?』ってね。
しかし面白い駄作という評判を耳にしたので、こちらも足を出して観に行ったわけだ。

まず舞台は南北戦争時代なんだよね。
で、主人公は我らが本能に忠実な男、テイラーキッチュ兄貴=ジョン・カーター。黄金の洞窟を探すため軍役を逃れようと脱走しまくってたら、ひょんなことから火星に飛び立ってしまった!
火星には意外と酸素とか大気とかがあって普通に生きていられるらしくてラッキー!って感じの兄貴。しかも重力が地球より少ないから歩く時自然とスキップしてるんだよね、スキップバカ。ちなみにジャンプすると仮面ライダーみたいに跳躍できるぜえ。

さらに火星には文明もあった!ふつうの人類と変わらん勢力が二つあって争ってて、他には4つ腕のキモい戦闘民族が色んなとこに生息してるって感じ。で、人類っぽい火星人の片側に肩入れする神を気どった三人のハゲがいるんだよね。こいつらがたぶん他の未知なる世界からやってきたモノホンの宇宙人。なんといっても他人に成り代わるトランスフォーム能力があってしかも他人を操ったりレーザー光線やバリヤーまで出しちゃう恐ろしいハゲなんだよな。

基本的にジョン・カーターさんは戦争が嫌いだからさっさと黄金手に入れて家に帰りたいなーと思ってるわけ。だから火星人同士がやたら戦争しててもジョン・カーターさんはその場のノリでしか戦わないの。めんどくさいし。でも火星の王女(32)に私のために戦って!と説得されてしまうのでイヤイヤ戦うことになるんですね。ジョン・カーターさんはお人よしなのでけっこうヒドイ目にあってもこうやってみんなのためによくしてくれているんですよ。正直、自分なんかは火星で何が起ころうとどうでもいいし、そんなことより家で映画でも見ているほうが気が楽じゃないですか。その点ジョン・カーターさんはけっこう立派ですよ。

ジョン・カーターさんはバカだけど勘はいいので、ハゲが悪いってことによく気づくんですね。もちろんハゲもバカじゃないし頭はいいのでジョン・カーターは地球人だとすぐに気づくんですね。やっぱ怪力の地球人がいたらハゲ軍団にとっては火星支配の邪魔になるじゃないですか。そんなわけでジョン・カーターはハゲを探し、ハゲはジョン・カーターから逃げつつも殺そうと企んでるんですねー。
はー、どうでもいい・・・w


今回の宇宙人の凶悪レベル
★★★★
文明の中枢から操るという意味では鳩山由紀夫氏に並ぶ凶悪な宇宙人であることは間違いない。また不老であり、数々の魔法とも呼べる能力には人類は未だ対処する能力を持ち合わせていない。弱点といえば極少人数しか存在しない繁殖能力の低さと南北戦争時代のピストルでも簡単に死んでしまうところだろう。


★★★
(製作者はファイナルファンタジーが好きなんでしょうね。)


theme : 映画感想
genre : 映画

【映画】バトルシップ

8684e_97_N0041043_l.jpg
bs

友達とバトルシップを公開日に観に行った。で、今更感想なんて書いてられないよね。めんどくさいしね。
でもこのバトルシップの面白かったところをあえて挙げるなら宇宙人だね。宇宙人が出てくると知らずに見た人ならビックリすると思う。なんといってもオープニングクレジットが登場するまで宇宙人の気配がしないんだもんね。イケイケのテイラーキッチュ兄貴がオッパイに惹かれてチキンブリトーを強奪する(も失敗する)へぼスパイ大作戦だもんな。

で、とにかく宇宙人はやってくる。
遠い宇宙の彼方から地球の太平洋上に落ちてくる。
でもって奇跡的に日米軍事演習でそこに居合わせたテイラーキッチュと浅野忠信とリアーナが宇宙人を迎え撃つことになるから人類的にはラッキーだった(リーアム兄さんは出番ナシ)。
宇宙人はとてつもないハイパワーの機動戦艦使ってくるので厄介なんだけど、特に甲板にやつらが侵入してきた時がやばかった。全身をパワードスーツで強化した戦闘員がターミネーターばりの鉄壁の防御力と握力で襲ってくるからヤバイ。なかなか銃弾が効かないんだな。
そんな宇宙人に対して、リアーナをはじめとするスター性Sランクの3人が戦うことになるわけだから、宇宙人側はどんなイケメン使ってくるのかと期待していたらビックリ。宇宙人がすっげえブサイクなんだよね。知性のかけらも感じられないレベルのブヒブヒのオーク族ですよ。
オーク族は勉強はできるけど頭が悪い子なので、すごいメカとかマシンとか作って人類をおどろかすことはできるけれど、機械に頼りっぱなしで特製のサングラスによる索敵モードに頼らないと自力では戦うべき敵すら決められないっていう主体性のないアホなんですね。
そこに目をつけたテイラー兄貴とか浅野さんとかリアーナさんはやはり賢くて、てめえらロードオブザリングの世界に帰りやがれ!!!といわんばかりに容赦ナシのぶっ殺し作戦敢行するわけです。
とくに甲板上から奴らのサングラスにあたる艦橋を狙い撃ちする時は大成功だったね。浅野さんが行ったこともないはずのサマーキャンプの話するくだりとかもウケるしね(笑)



今回の宇宙人の凶悪レベル
★★
科学力などの努力は認められますが、敵に対する容赦のなさやアプローチの慎重さが見えないので、歴史上では弱い方に分類されるでしょう。地球を侵略に来られる際には中の宇宙人をより優れた生体電池に取り替えておくべきです。もっとがんばりましょう。



★★☆
(製作者はプレデターとかターミネーターとかトランスフォーマーとかメタルギアソリッドがだいすきなんでしょうね。)

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
164位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。