スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年映画ベスト10

2016年映画ベスト10

1.シンゴジラ

2.君の名は。

3.貞子VS伽倻子

4.この世界の片隅に

5.シビルウォー

6.ミュータントニンジャタートルズ影

7.13時間

8.ズートピア

9.ヒメアノ~ル

10.アイアムアヒーロー



1.シンゴジラ
本当に面白かった。予告からはまるで想像もしなかった衝撃。過去シリーズの停滞からの大金星。あらゆるメディアでの社会現象的な反響も含めて楽しませてもらった。ちなみに4回観た。

2.君の名は。
大傑作。新海誠監督作品の集大成。ポストジブリなんて言われていた他の監督とどうしても比べてしまうけれど、一人ずば抜けてしまったなあと。
流行に乗る形で観に行くのは面倒だな~とか思いつつ観に行ったらめちゃくちゃ面白かった。

3.貞子VS伽倻子
ネタとしか思えない企画。それにコワすぎシリーズの白石晃士監督。正直駄作なんじゃないかっていう不安が大きかったものの、実際観に行ったら超コワかった。怖いとはこういうことか~!という謎の爽快感を得て帰宅。深夜、ヘッドフォン着けて一人で鑑賞をおすすめ!

4.この世界の片隅に
反戦映画を多く見てきたのもあってすごく新鮮だった。あまりにも優れた部分が多すぎて書ききれない。主演の能年玲奈(のん)のハマり具合、アニメだからこそ映える日常/空襲の風景、航空機や空爆の音響、当時の生活レベルの再現など、何もかも洗練されていて素晴らしい。今年は邦画が傑作揃いなので困ったが本作も一位に選んでもいいほどの大傑作です。

5.シビルウォー
超大作映画になるほど話は単純化しやすいはずなのに、ついにここまでやってきたのかと。
過去最大数のヒーロー登場。待ち望んでいた夢が実現した感あってすごく良い。

6.ミュータントニンジャタートルズ影
キャラクターが受けなかったせいか宣伝が少なかったせいか続編が打ち切りとなるらしいが、そんなことが信じられないくらい大傑作のアクション映画に仕上がってる。
ノーランの映画よりアクションが優れているのは言うまでもなく、アホ過ぎる会話、カーチェイス、スカイミッション、秘密兵器、秘密基地、非道過ぎる強烈なビジュアルのタコなど、全部面白い。全キャラが魅力的。シュレッダー&クランゲ、外道過ぎて最高!

7.13時間 ベンガジの秘密の兵士
ブラックホークダウン、ローンサバイバーを思い出すノンフィクション戦争系映画。
敵か味方か判断できない戦場で筒抜けになったCIA基地での籠城戦。
マイケルベイ監督にはこんなことも出来たのか?て程にドラマやアクションが素晴らしいが、ちゃんといつもの要素もつぎ込んでくれてるので嬉しい。防弾使用ベンツGクラスとか数十メートルの大爆発とか。必見。

8.ズートピア
黒幕は早い段階で検討つくし何かと都合よく物語が進むのも確かなんだけど、それを差し引いても面白い。環境や種別の差はなくならないし差別は存在する。だからこそ改善していこうと前向きなメッセージとして捉えた。エンタメ性も抜群。

9.ヒメアノ~ル
どうにもならないどん詰まりの負の連鎖。ウシジマくん系の怖さ。
こういう世界は確実に現実に存在するわけで、それを惜しげなく暴露することで少しは現実どーにかなんないですかね?と言いたくなる。

10.アイアムアヒーロー
大災害を経験しても何も変われない人間が変わる瞬間に泣けた。
ちょっと外連味多めだけど、国産ゾンビ映画で初めて面白いと思えるものを観たと思う。

スポンサーサイト

2013年映画ベストテン

今年で4度目のベストテン発表になります。
個人的なベストテンには個人的な価値しかない。
ただこれが映画の価値であってほしいという願いを込めて。



1位 トワイライトサーガブレイキングドーンpart2

tw

受け容れがたい設定の数々、怒涛の超展開、大物感溢れるキャラクター達、奇跡のオチ。
こんな映画が生まれたことに感謝。


2位 ジャンゴ 繋がれざる者

敵意や悪意だかの感情が発射されるシステムとして銃は本当に素晴らしいと思った。


3位 パシフィック・リム

明らかに客層を限定して作られたこの映画は、自分のようなフリークにとってこれ以上ない癒しの映画。
ギレルモ・デル・トロおじさんありがとう。


4位 華麗なるギャツビー

「ギャツビー、君だけが価値がある」
何度も映画化されるほどの題材なので物語は申し分なく、見世物として最高。


5位 ゼログラビティ

映像すごい。
自宅で見たい。


6位 ホワイトハウスダウン

エメリッヒ的娯楽映画の完成形。
シリアスな状況が際立てば際立つほど笑えるのは何故なのか。
ローランド・エメリッヒは天才。


7位 悪の法則

ぞっとする冷たい世界観を認識しているリドリー・スコットは偉大。
ボリートと呼ばれる処刑方法が時間の不可逆性を象徴していて素晴らしい。


8位 真夏の方程式

福山がすごくいいことを言う。


9位 アイアンフィスト

好きなものだけで勝負してるのに、妙に綺麗にまとまってて楽しい。
黒人とその仲間がカンフー?で戦う。19世紀の中国で。
金獅子とか銀獅子とかミスターナイフなどとキャラクター名もチャーミング。


10位 ラストスタンド

シュワルツェネッガー復帰作。
知事になんかならずに10年早く復帰していてくれたらよかったのに。
西部劇のノリを現代に持ち込んで好き勝手にやってくれた。


1 トワイライトサーガブレイキングドーンpart2
2 ジャンゴ 繋がれざる者
3 パシフィック・リム
4 華麗なるギャツビー
5 ゼログラビティ
6 ホワイトハウスダウン
7 悪の法則
8 真夏の方程式
9 アイアンフィスト
10 ラストスタンド

次点
ワイルドスピードユーロミッション
ムーンライズ・キングダム
ジャッジドレッド

theme : 映画感想
genre : 映画

2012年映画ベスト10

ウルトラマンサーガ [DVD]





1位 『ウルトラマンサーガ』
ウルトラマンのことなんてほとんどよく知らないけど、よく知らないで観に行ったら面白すぎて感動した。
そういう偶然性も映画の面白さだよな~と思うとこれがベストで全然問題ないと思う。
もちろんストーリーも本年のヒーロー映画に引けをとらない傑作でした。
アベンジャーズに対抗できるコンテンツはウルトラマンです。

2位 『アベンジャーズ』
「日本よ、これが映画だ」。そうなんですよね。これが映画なんです。これが映画なのでこれを見ていない人って今年映画を見ていないも同然なんじゃないのかな?えっ見てない?マジ?ありえな~い!

3位 『アウトレイジビヨンド』
前作アウトレイジでは直接的な見た目派手な暴力パレードだったわけだけど、今回は会話のやり取りがそのまま命のやりとりなんですね。
怖いはずのアウトレイザーのやりとりが彼らの突発的暴力的な言葉のやり取りによって一周して笑いに転じる。それも馬鹿馬鹿しいとかじゃなく状況の凄さに戸惑ってしまうタイプの笑い。
見たことのないものを見たいという映画の欲求を満たす傑作。最高。

4位 『007スカイフォール』
かっこいいオープニング、かっこいいボンド、怪人のような悪役、死に様がステキなボンドガール、楽しい観光旅行、故郷でのホームアローン。カジノロワイヤルに並ぶ傑作。

5位 『ヒミズ』

原作からの改変や震災を含めた内容が非難される作品だが、震災関係なしにこのゴミカスな日本社会を生きる希望がある作品だった。園子温映画は独特のくどさがあるけど正直という意味では信用したい。

6位 『ダークナイトライジング』

世界が燃えるのをみて楽しめる素晴らしい映画です。その逆もしかり。
ノーランは押井さんに影響されたってちゃんと言おう!

7位 『J・エドガー』

ホモ映画としては英国王のスピーチより面白かった。
アメリカの歴史の巨大な一幕として必見。

8位 『メランコリア』
感染モノで人類絶滅ってレベルじゃなく、惑星衝突で地球完全終了。
何もかも終わってしまうというのは人類の一つの希望ですね。

9位 『プロメテウス』
ポスターにデカデカと存在感を主張していた変な顔の像のことだが本編ではただの置物だった。
たしかにリドリースコット監督の過去作であるエイリアンには及ばないものの、再び彼がエイリアンを撮り始めたことと、異世界探索モノ復活に歓喜。
製作側は改変前の脚本を使用して当初の予定通り莫大な予算をリドリースコットに与えるべきだった。

10位 『ジョン・カーター』
ウォルトディズニー生誕110周年記念と壮大な期待のハードルを上げておきながら出てきたのが宇宙一テキトーなジョンカーターさんのおはなしだったというズッコケ映画。
真面目ぶって爆笑を誘いつつ神秘的で胡散臭い映画として2012年度エアベンダー大賞を授与します。おめでとう!

1位 『ウルトラマンサーガ』
2位 『アベンジャーズ』
3位 『アウトレイジビヨンド』
4位 『007スカイフォール』
5位 『ヒミズ』
6位 『ダークナイトライジング』
7位 『J・エドガー』
8位 『メランコリア』
9位 『プロメテウス』
10位 『ジョン・カーター』

総評
今年はヒーロー映画が多く特にアメコミ界隈のキャラクターが影響力を押し上げたことが素晴らしかったです。あとAKBシステムってわけじゃないけど(映画ジャンルに関わらず)オールスターで勝負する作品のピーク期にあたるんじゃないかと思う。

観なかった映画
『ホビット』、『桐島、部活やめるってよ』、『先生を流産させる会』、『私が、生きる肌』、『苦役列車』、『危険なメソッド』、『アルゴ』、『悪の経典』、『人生の特等席』


ワースト
1位 『宇宙人ポール』
2位 『アイアンスカイ』
ポール・・・元ネタわかっても面白くない。
アイアン・・・失速がヒドイ。

theme : 映画感想
genre : 映画

2011年映画ベスト10

がむしゃらに苦しい現実を反映させた邪悪な癒しの映画ベスト10
ここに載せた映画群は自信を持って見る価値がある、と断言しておこう。

1位  『タンタンの冒険』
2位  『イップマン 葉問』
3位  『復讐捜査線』
4位  『スカイライン 征服』
5位  『キックアス』
6位  『ソーシャル・ネットワーク』
7位  『猿の惑星 創世記』
8位  『冷たい熱帯魚』
9位  『塔の上のラプンツェル』
10位  『私を離さないで』



1位 『タンタンの冒険』
たんたん

一年を振り返ってみるとどうもこの映画が最もアクションしていたように思えてならない。
まるで大ヒットゲーム『アンチャーテッド』をプレイしているかのようなシームレスな演出には今年一番驚かされた。中でも巨大ロボバトルには意表を突かれたね。 世間の評判はイマイチだが彼らがいつか後悔する日が来ることに期待したい。
いっそ実写でって言ってる奴は信用できない。

2位 『イップマン 葉問』
いっぷ

ドニー・イェンとサモハンキンポーの二大対決が素晴らしい。
国際的問題の数々を武と心でその身に収めてしまうイップマンさんはまさにグローバル化する現代の英雄である。
最高のアクションと最高の物語が見る人の心をより高いレベルに昇華させ潤してくれるだろう。

3位 『復讐捜査線』
ふくしゅう

メル・ギブソン10年近くぶりの俳優復帰作。
この映画に出てくるノースモアという企業は、日本における『東京電力』という会社に相当する。
そう断言しても過言ではないほどに、この国は映画のリアリティを担保してしまっている。
政府、議員、企業幹部、警察、あらゆる組織が放射性物質を隠蔽しようとしている。
東電なら、政府なら、やってもおかしくないよね、思わずそんな言葉が飛び出してしまうような映画だった。
タイトルは『復讐放射線』にでもしたほうが良かったんじゃないだろうか。
派手なアクションはほとんどないが、地味だが非情に暴力的な演出とメルギブの好演は今こそ見る価値がある。

4位 『スカイライン 征服』
すかいらいん

まるで水没する蟻の巣を眺めているかのように、人類がただ淡々と叙情の欠片もなく殺されていく姿は終末の風景を最もリアルに映しているのではないだろうか。
謎の特攻隊の絵を背景に自爆の覚悟を決めるオッサンが笑える。

5位 『キックアス』
きっくあす

企業や政府の不正や悪事が次々と発覚する現在、もはや国民一人一人が立ちあがって悪党共を排除しなくてはいけない!俺たちにはそれが可能なんだ!と、巨悪を倒すための一般市民による暴力をポップに肯定する傑作。
某電力会社の連中なんかもヒットガールにやられちまえばいいのだ。

6位 『ソーシャル・ネットワーク』
そーしゃる

クールじゃない、という理由だけで大金を拒否し旧態の世界に反逆するジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカーバーグがクールだった。

7位 『猿の惑星 創世記』
さる

当たり前のように権力を手に入れて、そこに胡坐をかいている人達は、人を人と思っていないんじゃないか?多くの人々の無意識にそのような思いがあったからこそ、この映画は大成功したんじゃないかと俺は疑っている。
傲慢なクソ野郎に付き合ってやるよりも自分たちのテリトリーを獲得し、そこで自由に生きたいんだよな。
エンドロール航空線の広がりはシリーズ一作目への伏線と言うよりも、『ファイト・クラブ』の都市崩壊のノリに近いと感じた。

8位 『冷たい熱帯魚』
熱帯魚

詐欺師で殺人鬼で熱帯魚屋のオヤジがやけにいい言葉を語りまくる。
「地球なんてのは俺に言わせりゃただのでっかい石コロだ!」、「俺は必ず勝つ!新太郎!」、「社本くん、ちょっと痛い」など、数々の名言を残した怪人。
テレビ屋の作ったカイジの利根川幸雄なんて全然目じゃないね。
若干クドイし女優が大根だけどそれを補って余りある価値がある。少なくとも邦画界では。

9位 『塔の上のラプンツェル』
しょこたん

全編を通して性的なメタファーが随所に散りばめられ、それゆえに恐ろしいほどに新しい生命のみずみずしさ、生きることの美しさを満たすことに成功している。
かつてSCEから発売された『ICO』というゲームソフトが存在するが、それと同じテーマをディズニーテイストにしたものがラプンツェルだと言えるだろう。

10位 『私を離さないで』
never.png

この映画が扱っているのは何も『提供』ということに限らない。
利便性の下に犠牲になり、システムの構造的にそこから逃れられない現実を反映したリアルな世界だ。
テーマだけなら新世紀の『ブレードランナー』と呼ぶに相応しい、記憶に留めて置くべき作品である。


総評
311以降日本社会は混迷を極める一方である。東電によるずさんな管理が生んだ放射性物質の降下、汚染水の太平洋流出。めんどくさい他国の干渉。想像を絶するキチガイばかりの与党。正直いい加減にしてほしい。
しかし無駄なことでも理不尽なことでも黙って受け入れることを由とする、日本の教育制度に育て上げられた国民は抗議の仕方すら知らない。そんな日本の将来なんてもはや絶望しか感じられない。
そんな時代だからこそ、この閉塞感を打ち破る可能性を持つ、希望としての映画がベスト10に選ばれたのである。

theme : ★おすすめ映画★
genre : 映画

その他、近所で未公開だった映画

近所で未公開の映画で気になった作品について。
(転じてただの愚痴コーナー)


『キックアス』
2010年最も注目していた作品。
上映されてたらまずランクインしてたんじゃないかと。

『ゾンビランド』
こいつが公開されなかったのは、既にこの街がゾンビ化してるからだね。

『エンター・ザ・ボイド』
この監督の映画、まだ一回もみてない気がする。

『おにいちゃんのハナビ』
谷村美月が妹…という状況萌え。
観たかったなー。

『アンチクライスト』
ラースの映画はいつでも観たい。

『白いリボン』
どんな内容だとしてもミヒャエル・ハケネの映画は観たい。

『ヒーローショー』
同時期の暴力映画の中でも一番リアルだったしベスト10にも入りそうだった作品。
ジャルジャルスゲーって思った。
前半のノリで突き進んでほしかった。

『マチェーテ』
楽しかったらしい。

『サベイランス』
監督がイレイザーヘッドと共に生まれたんじゃ影響受けるよね。

『冷たい熱帯魚』
園子温監督作品はいつも観たいと思ってるんだけど毎回DVD鑑賞してます。

『ヘヴンズストーリー』
一人の監督が一生に一度しか撮れない映画とは?

『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』
邦題長い。
上映されてたようなされてなかったような…。


以上。
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1499位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
138位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。