スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】インセプション

(ネタバレあり)

端的に言って、『インセプション』はグラ5である。

クリストファー・ノーラン監督『インセプション』の感想。
夢の中に侵入する…というアイディアはなんでもありの自由自在であるがゆえに、求められるクオリティのレベルが非常に高くなる。
本作でクリストファー・ノーランはその途方もない自由度を形にしたうえ、彼なりのアイディアを付け加えてより純度の高いエンターテイメントに仕上げている。

『インセプション』での最大の驚きは歯車のように組み合わさった夢の階層構造だ。
人が夢の中で過ごす時間は現実世界と比べてかなり時間が凝縮される。
これを利用して、夢の中で夢を見ることによって更に更にと時間を凝縮させていき、それぞれの階層で物事は並行して進むものの、より深い夢の階層ではさらに時間が早く動いていく。
このアイディア自体も面白いのだが、更にもう一つ面白い要素がある。
夢の中にいる人間には一つ上の階層の重力の変化が適用されるということ。
上の階が落下・回転すれば下の階も同じように緩やかな無重力と回転の影響を受けることになる。
『インセプション』のメインとなる夢では3段階の夢が用意され、そのうち二つ目のホテルでの戦いがその重力変化をもろに受けており、これがなかなかおもしろかった。
音楽と合わせて着々と計画が進んでいく感じがいかにも歯車的、グラディウス5バスクリンステージ的であった。

グラディウス5バスクリンステージ

重力の変化をもろに受けているステージ。


さて、ストーリーの話なんだけど、ディカプリオや渡辺謙が潜入する計画を主体にして、ディカプリオ
自身の過去話の絡み具合も面白かった。
過去の行いが妻の死をもたらし、決まってそれが悪夢になってディカプリオの邪魔をする。
そして重要なのは妻はあくまでも悪夢であって妻そのものではないということ。
レオナルド・ディカプリオといえば「いつまでも大人になりきれない子供」を象徴する俳優。
だから妻はディカプリオ自身の中にあって、その変容がまた面白い。
ここで唯一惜しまれるのは妻がただのヒステリーにしか見えなかったこと。
出来れば金網にしがみついた時のような恐怖をもっと出して行った方が4層での転換がより一層意味深くなったはず。
ディカプリオの脳内エレベーター地下での、ホテルの部屋もあまり印象に残らなかった。
本人が悔いているのならば、もっと立ち入ってはいけない不吉な雰囲気があっても良かった。
さらにもう一つ、妻と作った夢の最下層がそこまで魅力的に感じない。
彼らがどう思っているのかはともかく、現実に帰りたくなくなるほどの長い時間を過ごしたのならば、そこがどれだけ魅力的な場所なのか描いてほしいと思った(家のボロさから見て若干不吉な予感だけは感じたけど)。

夢を舞台にした映画と言えばデヴィッド・リンチ『マルホランド・ドライブ』、押井守『アヴァロン』『ビューティフルドリーマー』、今敏『パプリカ』などが思い浮かぶ。
『インセプション』はそれらに比べると映像美よりも一つ一つのアイディアと構造のスケールで勝負している面が強いと感じた。
悪く言えば夢特有の輪郭のなさ、ぼやけた感じを無くして、形のはっきりしたものとして設計している。(なにせ計画の一部が夢を夢と思わせないように現実に似せることだからね)
輪郭を作ることが悪いとは思わないけど、せっかく夢を舞台にするなら夢特有の映像美も感じてみたいと思う。
ちなみに渡辺謙の館や2層ホテルの微妙な明るさの照明は心地よかった。

今回の渡辺謙はバットマンビギンズの時のようなただのかませ犬じゃなかったのがよかった。
なにせ渡辺謙が出るとどことなく画面が引き締まって見えるので、ちゃんと役割があってよかったと感じます。

ラストの回り続ける駒(止まるか止まらないかわからない状態)でのカット。
最終的にディカプリオが居る場所がどっちだったのかわからない終わり方。
これは物語中盤に設計士のアリアドネ(エレン・ペイジ)にディカプリオが見せた「お前はここまでどうやって辿りついた?」という伏線に被っているから怖い。
おかげでその日の夜に見た夢は、何も無い現実かそれとも楽しい夢の世界か、居る場所を迫られるという酷いものだった。


5点満点中
★★★★
(まだいける!と思うので。にしても本作のアイディアは後にも先にもこれ限りか)

スポンサーサイト

困る

パソコンがインターネットに繋がらず『インセプション』の感想が書けない。


『借りぐらしのアリエッティ』がかなりつまらないそうで、わざわざ観に行こうという気にならない…。
シャマランのように何をするかわからない監督の作品ならともかく、ただ微妙というだけの映画は観たいと思わないので。
近所で上映されていない『ゾンビランド』、『私の優しくない先輩』、『宇宙ショーへようこそ』、『恐怖』あたりなら絶対観に行くのに。
今夏、近所の映画は華がない。

【映画】衝撃のエアベンダー(ネタバレあり)

最大の伏線は『第1章:水の国』


会員デー1000円でM・ナイト・シャマラン最新作『エアベンダー』を2Dで鑑賞。
シャマランの映画はいつもそうなんだけど、これはちょっと駄目なんじゃないか、という声を今回もちらほら聞いて、いやーどうしたものかねーと思っていました。
しかし、実際に観に行ったらそうでもなかったんですよ。
多分、観に行ったほとんどの人が期待していたことを裏切ったのだろうとは、なんとなく理解できます。
ただ、シャマランが真面目に作ったのか狙ってやったのかはわかりませんが、意外なところが面白かったんですよね~。

多分観る人によっては残念な感じのところ
●オープニングの4つの国のベンダーの舞踊がちょっと過剰。
●水の国の兄妹から物語は始まるのに、エアベンダーの少年とはあまり絡みがない。ほとんど傍観者。
●少年が連れていた動物が移動手段以上の何ものでもない。
●少年の眠っていた100年間のことは不明。
●少年の100年前の師匠の亡骸があっさり見つかる。
●少年が素人くさい。
●移動中の描写がほとんどない。いつの間にか別の場所に移動してる。
●というかこの世界の地形がわからない。北にも水の国があったとは…。
●土の国の人の扱いがけっこう適当。占領地の解放がダイジェスト。
●少年自身はけっこう逃げてるのに土の国の人には戦いなさいって言う。
●戦時中って感じがしない。食糧問題はすぐに忘れられる。
●精霊とは一体何なのか。
●北の水の国にて、ある精霊の正体があまりにも大したことがなかった。
●火の国の王子と少年の戦いが斬新。
●少年の目と矢印が光る!

まあ挙げてみるとこんなところでしょうか。
他に何かあれば教えてください。


seihonnnoさんのブログ
泣いたフリ



以下、ネタバレにつき、まだ観ていない方は見ないでください。






では、私が『エアベンダー』をどう楽しんだのかを話します。
冒頭、この世界の100年ほどの歴史が語られ、4つの国の舞踊がスクリーンに出る!
この間抜けさがまず面白かった。そうか、そんな踊りをしないと技が出んのかと。
で、『第1章:水の国』。今思えばこれが重大な伏線になるとは思ってもみなかった。
少年を村に連れてきた兄妹だが、ちょうどやってきた火の国の王子にあっさり持っていかれる。
兄妹が助けに行くが、少年は自力で脱出。
火の国の王子は国を追われた身で、その少年を連れ帰らないと国に帰れない。
そこに王子のより遥かにデカイ軍艦が現れて火の国の将軍が笑いにくる。
伯父に慰められるが、怒りの収まらん王子は技の練習でベンダー兵士をボッコボコ。
うーん、武闘派で複雑な家族関係、そして王子強いな~。
この時の戦い方がカンフーに加えてベンダーの技が出るので面白い。
ちなみに技は自分の近くにその物質(例えば火や土)がないと出すことが出来ない。

年が兄妹と共に気の国に行くとそこには骨ばかり。
ふと足元の骨を見るとそこには昔、少年が師匠にあげた首飾りが!少年のインスタントな号泣に笑う。
土の国では火の国に占領された人々が適当に働かされていた。
ここで少年がちょっと偉そうになるものの修行不足で気のベンダーしか使えない。
火の国の兵士に囲まれるも兄妹が共闘する。それをみた土の国の人も加勢に入る!
この時のスクリーンの混沌ぶりはちょっと面白かった。
何がすごいのかと言うと、何かが起きているのだけどすごいのかすごくないのかよくわからないところがすごい。
このバトル、その場で舞踊を練らないと技が出ないんですよね。
つまり、戦いは必然的にターン制になるわけですよ。

だから土の国の人との連携技はものすごく微妙な迫力があります。
火の国の兵士の攻撃に対して、土の防御と気の攻撃と兄妹の特に兄の、それ何の意味があるんだっていう映画ではまず滅多に見れないであろう武器がスクリーンの微妙な位置で活躍しているんですよ!
あのブーメランはちょっと美味しすぎです。

罠に落ち、捕らえられた少年を助けに来る鬼仮面。
今度は逃げずに立ち向かう少年がちょっとかっこよかったり。
ここでも複雑な火の国王子の事情がわかったり、あと王子の伯父がけっこういい奴だったのが意外!

北の水の国にて、水の国王女に会う少年と兄妹。
精霊の助言を得る為に少年は王女に力のある祠に案内させる。
王女「街の中心にあるわ」といいつつちょっと街外れに移動しているように見えたのだが、これはただの錯覚だろうか?
一方そのころ火の国では、将軍は水の国の防御力を弱める為に王に進言。
知識の館(謎)で手に入れた巻物に、水の国の精霊の居場所が。

将軍は艦隊を率いて水の国を攻撃。
城壁に並び立ち向かう水の国の人たちの号令がかなりカッコ悪い!
普通は戦争ものでは気合いを入れる為にうぉー!とかいうじゃないですか。
そこをハズしてくるのはギャグっていうしかないですよ。
将軍は数名の部下とともに巻物に書かれた場所に、ってそこさっきの祠じゃねーか!
こいつだ!と掴んだのは池を泳ぐどう見てもただのコイ。
コイを殺すとマジで月が赤くなって水の国が劣勢に。わけがわからん。
それを見ていた火の国の王子の伯父が、精霊だけは殺しちゃいかんと怒る!
王子を辺境に追いやってなかなか強いと思われていた将軍がビビっている。
「無から火が出ている!」
伯父は何もないところから火を出せる、究極の火のベンダーだったのだ。
うーん、意外だ。
ここにきて伯父が隠れた実力家と判明し、火の国の序列が自分の中で入れ替わった。
逃げた将軍の方はというと水の国のベンダーの(なんだかよく知らない)4人にあっさり倒されてしまう。
少年と王子の戦いは奇妙だった。
王子の背後に潜み、常に振り返った反対側に移動するとか普通やらんでしょう。
王子も気づいているなら付き合わんでええやろ!
シャマランはこれを絶対カッコいいと思ってやっているんですよね?
いやある意味すごく面白いんだけど、普通誰もやらないことを、どうだこれかっこいいだろうって感じで見せてくるから恐しい。

艦隊を押し返すために少年は城壁に立ち、師匠の顔を思い出す。
師匠の額に張り付いた葉っぱとかを…。
ここに至ってはもう本当にすごいのかすごくないのかわからない。
少年の目と額の矢印が輝きだして、これは新手のアメコミヒーローかと思わせるウソ臭さ。
見た目と勢いが合致しないってのが逆にすごい、すごいセンスと言わざるをえない。

力を見た群衆は皆ひれ伏す。
水の国の人々も中に残ってた火の国の兵士も、兄妹も。
やはり兄妹は傍観する役割ってことだろうかね。

場所変わって火の国。
王が将軍や伯父や王子に対し苛立っている。
が、ここで新たな王の刺客が現れる。
「任せたぞ」
「はい、お父様」
と出てきたのは王子の妹!
ええーっここにきて妹かよー!とシャマラン映画にて意外な驚き。
しかもそこで映画オワリ!
いやもうこのラストは本当に意外でした。シックスセンス以来ですよ。
最初に第1章って出てたからてっきり自分は章仕立てで物語が進むと思っていたんですよ。
そしたら少年漫画の打ち切りっぽいラストになるから第2章どこ行った!?って感じですよ。
結局言いたかったのは「最強ベンダーは伯父でも王子でもなく、ましてや少年でもない、妹なのだ」って?
うーん、すごい。
王子や将軍に厳しく出来るのは王に狂信的な眼差しを向ける(しかも強い)娘がいたからなんですねー。
もう続きが気になって仕方がない。

もし続編が作られるというなら私は観に行きますよ。
無理っぽい気がするけど…。

---

『エアベンダー』(体験版)
5点満点中
★★★

もっと頑張ればすごいものになりそうな気がする。ホントに。
あと、ネタバレのない感想も書こうと思います。

観ました

M・ナイト・シャマランの『エアベンダー』
クリストファー・ノーランの『インセプション』

どちらも面白かったです。
疲れたので感想は明日。

耳をすませば

この前テレビで放送されていた『耳をすませば』を十年くらい久しぶりに見ました。
物語的にはそこそこ批判もあるみたいですが、私はわりと好きです。
あまりにも都合が良すぎる展開について現実と乖離しすぎていると言われますが、架空の、ファンタジーの世界の中だけでもこういう魅力的な世界であってもいいんじゃないかと思うのです。
いやむしろ現実世界の方もこんなイージーモードになってくれたら…と思わずにはいられません。

それはまあ置いといて、この作品の最大の魅力は空間の使い方です。
日常の何気ない風景をありえないほど魅力的に作り上げることが出来るのがジブリ映画の最大の強みとも言えるのではないかと思います。
主人公の雫が猫を追っていく住宅街、普段通らない場所の風景が一瞬異世界に迷い込んだような気分にさせます。
風景の美しさとは、それ自体の良さと、風景から受けるイマジネーションによって感じるものだと私は思うのですが、『耳をすませば』は想像力を掻き立てられる風景を随所に盛り込んでいます。
それは例えば雫の住む狭いアパートの生活感溢れるディティールや、雫が坂を下る時に目の前に広がる風景に表れています(これは実際雫の空想と繋がる)。
何気に素晴らしいと思うのが、地球屋の窓から見える夕陽が、窓枠と木々の間で光っているショットです。
美しいと感じる空間を的確に切り取る能力がなければ、こういうアニメ上の風景は作れないでしょう。
物語の内容はさておき、風景の美しさを堪能するためだけにでも見る価値は充分にあるんじゃないでしょうか。

あと日本の住宅は絶対に借景を利用しなければ面白くないと痛感しました。

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
164位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。