スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローデッドウエポン

ご無沙汰してます。

このコーナーは私が何かの企画に関わったら報告みたいな感じで更新するというものです。

で、大したことではないんだけど、高校時代の先輩が自主制作のぷちアニメーションを作る予定なんだけど、昨年末に撮った写真がそれに使われる予定。
予定なので確定ではないし、いつになるかも分からないし、そもそもホントにアニメーション作れるのか心配だけど、とりあえずまあテキトーに応援してます。
無理しないでねと。
そんな感じ。


それからマイミクのせぷさんからの繋がりでマイミクになったデヴォヴォさんという方が札幌で映画のフリーペイパー『ローデッドウエポン』誌なるものを発行しているらしく、なんかそれに2010年映画の俺的ベストシーン5を載せてくれるそうだ。
ローデッドウエポンがどういうものか知らないのでよくわかんないけど、文章載っけてくれてありがたいですね。

そんな感じで映画縁を広げてくれたせぷさんとデヴォヴォさんに拍手!
スポンサーサイト

つぶやきというよりぼやき

大相撲は日本の国技?ブログネタ:大相撲は日本の国技? 参加中

私は思わない!



相撲とかはっきり言ってどうでもよすぎ。
だいたいスポーツは観るよりやるもんだよ。
相撲とか全然一般的じゃないんだもん。

裸になるの無理だし、あれだけの体格もそうそうないしね!

個人的に国技でいいと思うのは剣道とか柔道あたりかな。
体育の授業にもあるし、実践的な技だしね。
一応この国の警察官も義務的に習得してるらしいからぴったりじゃん


追記
あー、でも『かわいがり』って日本人の国技みたいなもんか(笑)


【映画】ソーシャル・ネットワーク

【ネタバレあり】

映画『ソーシャル・ネットワーク』について適当な感想。

Facebookを立ち上げた若き天才マーク・ザッカーバーグ。
監督のデヴィッド・フィンチャーは、彼を映画にする際にアスペルガー症候群という設定を強調して描いたそうだ。
実際にアスペルガーなのかは議論されてるらしいが。

そういうわけで主人公のマーク・ザッカーバーグ君は絶望的に空気が読めない。
はっきり言ってFacebookがどうこうよりも、アスペルガー症候群という彼の言動が面白すぎるのである。

冒頭から彼は付き合ってる彼女にフラれる。
会話が噛み合わない不快感から、至極まっとうな台詞まで吐かれる。
『アンタがモテないのはオタクだからじゃない、性格最低だからよ!』

そんな第一印象最悪状態から始まるのだが、Facebookをめぐる一連の出来事を見ていくうちに、意外にコイツ悪いやつってわけでもないんじゃないって気になってくるのだ。

途中経過を見ていけば、どうもこの人は裏切り者とかいう立場よりも、単にフラれた腹いせ…というか見返してやろうという気持ちだとか、あるいはただ単に自分の作るFacebookが拡大することを楽しんでるだけに見える。

だからそれ以外には興味を持てない。
空気を読めないというよりも、空気読む努力をしない。
だから本当は嫌なやつじゃない。
嫌なやつに見えないようにすることを知らない。

マーク・ザッカーバーグが本当にアスペルガーなのかは知らないが、この空気読まない感覚にはうっすらと感動を覚える。
個人的な話だけど、空気読むのって面倒なんだよね。
単純な利害関係、すでに確定しきって発展の見込めない関係、維持する必要を感じない関係に本当は空気読む努力したくない。
それが許されるのは天然と天才があればこそなわけ。

そんなわけでマーク・ザッカーバーグが知らず知らず無神経に人を混乱させ圧倒するのは端から観ていてちょっと快感だった。



★★★★
(Amazonでサントラが安いです。)

キックアスの魅力

いやー断然キックアスですね。
キックアス最高です。
映画好きなのに『キックアス』観られない都市に住んでる人って不幸だと思うなー。
それって俺のことだけどっ。

もう半年前から『キックアス』観たいと言ってたので、映画の出来とかはもうどうでもいいんだ。
もちろん傑作だったけどね。

だからとりあえず箇条書きにしておくよ。

キックアスの面白いポイント
・キックアスの誕生とタフさ
(すげぇ!ウルヴァリンみたいだ!)
・ヒットガールによる悪党皆殺しフェイタリティ集
(悪党どもはみんな酷い死に方してオッケー)
・原作コミックとは異なるヒットガールのオリジン
(正当過ぎる暴力)
・ビッグダディによる皆殺しビデオ
(流れるような殺人に興奮)
・暗闇の中での戦い
(すげぇ!ビデオゲームみたいだ!)


その他にもYouTubeやMySpaceを利用していて、現実にはヒーローなどいないと強調しつつも、それでもヒーローとして戦うんだという現実世界の社会不安を反映しつつカタルシスに持って行く技量に感動した!

以上。


プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
129位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。