スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の映画を振り返る

2011年のランキングベスト10から漏れた映画について。

ベスト10から漏れたものの、まず次点として挙げたい映画。
イップマン序章、ミッション:8ミニッツ、ファンタスティックMr.FOX、海炭市叙景、ゾンビランド
と、それ以降の映画について書いていきたい。

次点

『イップマン序章』
詠春拳VS空手という異種格闘技対決。
日本軍人将校を演じた池内博之がなかなか威圧感があってよかった。

『ミッション:8ミニッツ』
大きな支持を得る作品ではないかもしれないが、ガタカのようにひっそりと堅い支持を受け続けてもおかしくない良作だと思う。

『ファンタスティックMr.FOX』
ミニチュアで作られた心地よいアニメーション。
さり気にいい話を挟みつつ、気どりすぎないかっこよさ。まさにファンタスティック。

『海炭市叙景』
登場人物それぞれの物語は背景に存在しても絡み合うことはない。
行き場のない閉塞感がリアルに迫る。

『ゾンビランド』
長崎では2月か3月あたりに佐世保で公開されたが、さすがに本年度枠に入れるのはどうかという結論に至った。
内容はもちろん大傑作だった。

『X-MEN ファーストジェネレーション』
過去、というか未来のX-MENシリーズと比べて一番面白かった。
まあ、色々とダサくはあるが。


以降の映画。

『アンストッパブル』
ポスターにデンゼル・ワシントンのクソ真面目な顔とセットで堂々と死亡フラグが書かれているのがすごかった。

『スプライス』
邦画の『さんかく』みたいな話だった。
自分で作ったもんの責任は取れ!

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』
大作感があって面白かった。
アメコミ映画『マイティ・ソー』と同系の話だが、こちらのほうがやけに面白かった。
子供向け映画としては今年のベスト3に入れてもいい。

『英国王のスピーチ』
いい話だったけど「これがアカデミー賞か、ふーん」ってレベル。

『ブラックスワン』
黒鳥の演出やり過ぎてて思わず笑ってしまった。
ナタリー・ポートマンのオナニー&レズセックスだけはちょっと面白かった。

『ヒア アフター』
上映中止で観に行けなかった。

『アジョシ』
見なかった。

『悪魔を見た』
見なかった。

『トゥルー・グリット』
あんな都合よく穴に落ちて蛇に噛まれてたまるかボケ!
といいたくなるような蛇足感。
コーエン兄弟は真面目ぶっていることがわかった作品。

『デビル』
素直にシャマランに撮らせてやれよ、と。
シャマランならもっと上手くやる。

『マイティソー』
デストロイヤーは本当にかっこいいんだが、もう少しソーとのパワーバランス考えられなかったのか。
あれほど強すぎるなら仲間必要なくないか。

『コクリコ坂から』
ゲド戦記の出来の悪さから見ればすごくいい作品に思えてしまう。
ジブリはそろそろ直球の娯楽映画作ればいいのにな。

『スーパー8』
やはりスピルバーグほどではなかった。
少年も宇宙人も何考えているんだかよくわかんなかったよ。

『トランスフォーマー ダークサイドムーン』
変形する巨大ロボットは本当にすごい。見ていてすごく興奮する。
ただやっぱりパワーバランスはよくわかんないし、終わり方もあっさりでマイケル・ベイは本当にバカなんだなーって思った。

『世界侵略ロサンゼルス決戦』
これ『スターシップ・トゥルーパーズ』まんまやで。

『デンデラ』
機を逸した。


近所で未公開ゆえに見れなかった映画群。

アンチクライスト
市民ポリス69
ムカデ人間
ハンナ
ゴーストライター
監督失格
CHLOE/クロエ
127時間
恋の罪
ランゴ


2011年の映画ワースト3

1位 『スコット・ピルグリムVSザ・ワールド』

ディティールにこだわる人間として、ゲームファンとして、受け入れられませんでした。
ゲーム演出に意味がないなら馬鹿にしているとしか思えない。

2位 『インモータルズ』
残酷描写がある・・・だからどうした?と問いたくなるわけのわからなさ。
監督はインド人なんでしょ?もっとシャマランを見習おうよ!

3位 『エンジェル・ウォーズ』
パッケージで期待させておいて中身は全然別物。
ずるいぞ!

4位 『GANTZ』
見てないけどね。

総評
あえて見なかった映画もあるが、とりわけ映画秘宝が推しまくった映画が異常につまらなかったのが印象に残る。
まあ、本当の意味でボンクラと呼べるシャマランをコケにしている時点で秘宝への期待値は下がっていたのだがね。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

2011年映画ベスト10

がむしゃらに苦しい現実を反映させた邪悪な癒しの映画ベスト10
ここに載せた映画群は自信を持って見る価値がある、と断言しておこう。

1位  『タンタンの冒険』
2位  『イップマン 葉問』
3位  『復讐捜査線』
4位  『スカイライン 征服』
5位  『キックアス』
6位  『ソーシャル・ネットワーク』
7位  『猿の惑星 創世記』
8位  『冷たい熱帯魚』
9位  『塔の上のラプンツェル』
10位  『私を離さないで』



1位 『タンタンの冒険』
たんたん

一年を振り返ってみるとどうもこの映画が最もアクションしていたように思えてならない。
まるで大ヒットゲーム『アンチャーテッド』をプレイしているかのようなシームレスな演出には今年一番驚かされた。中でも巨大ロボバトルには意表を突かれたね。 世間の評判はイマイチだが彼らがいつか後悔する日が来ることに期待したい。
いっそ実写でって言ってる奴は信用できない。

2位 『イップマン 葉問』
いっぷ

ドニー・イェンとサモハンキンポーの二大対決が素晴らしい。
国際的問題の数々を武と心でその身に収めてしまうイップマンさんはまさにグローバル化する現代の英雄である。
最高のアクションと最高の物語が見る人の心をより高いレベルに昇華させ潤してくれるだろう。

3位 『復讐捜査線』
ふくしゅう

メル・ギブソン10年近くぶりの俳優復帰作。
この映画に出てくるノースモアという企業は、日本における『東京電力』という会社に相当する。
そう断言しても過言ではないほどに、この国は映画のリアリティを担保してしまっている。
政府、議員、企業幹部、警察、あらゆる組織が放射性物質を隠蔽しようとしている。
東電なら、政府なら、やってもおかしくないよね、思わずそんな言葉が飛び出してしまうような映画だった。
タイトルは『復讐放射線』にでもしたほうが良かったんじゃないだろうか。
派手なアクションはほとんどないが、地味だが非情に暴力的な演出とメルギブの好演は今こそ見る価値がある。

4位 『スカイライン 征服』
すかいらいん

まるで水没する蟻の巣を眺めているかのように、人類がただ淡々と叙情の欠片もなく殺されていく姿は終末の風景を最もリアルに映しているのではないだろうか。
謎の特攻隊の絵を背景に自爆の覚悟を決めるオッサンが笑える。

5位 『キックアス』
きっくあす

企業や政府の不正や悪事が次々と発覚する現在、もはや国民一人一人が立ちあがって悪党共を排除しなくてはいけない!俺たちにはそれが可能なんだ!と、巨悪を倒すための一般市民による暴力をポップに肯定する傑作。
某電力会社の連中なんかもヒットガールにやられちまえばいいのだ。

6位 『ソーシャル・ネットワーク』
そーしゃる

クールじゃない、という理由だけで大金を拒否し旧態の世界に反逆するジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカーバーグがクールだった。

7位 『猿の惑星 創世記』
さる

当たり前のように権力を手に入れて、そこに胡坐をかいている人達は、人を人と思っていないんじゃないか?多くの人々の無意識にそのような思いがあったからこそ、この映画は大成功したんじゃないかと俺は疑っている。
傲慢なクソ野郎に付き合ってやるよりも自分たちのテリトリーを獲得し、そこで自由に生きたいんだよな。
エンドロール航空線の広がりはシリーズ一作目への伏線と言うよりも、『ファイト・クラブ』の都市崩壊のノリに近いと感じた。

8位 『冷たい熱帯魚』
熱帯魚

詐欺師で殺人鬼で熱帯魚屋のオヤジがやけにいい言葉を語りまくる。
「地球なんてのは俺に言わせりゃただのでっかい石コロだ!」、「俺は必ず勝つ!新太郎!」、「社本くん、ちょっと痛い」など、数々の名言を残した怪人。
テレビ屋の作ったカイジの利根川幸雄なんて全然目じゃないね。
若干クドイし女優が大根だけどそれを補って余りある価値がある。少なくとも邦画界では。

9位 『塔の上のラプンツェル』
しょこたん

全編を通して性的なメタファーが随所に散りばめられ、それゆえに恐ろしいほどに新しい生命のみずみずしさ、生きることの美しさを満たすことに成功している。
かつてSCEから発売された『ICO』というゲームソフトが存在するが、それと同じテーマをディズニーテイストにしたものがラプンツェルだと言えるだろう。

10位 『私を離さないで』
never.png

この映画が扱っているのは何も『提供』ということに限らない。
利便性の下に犠牲になり、システムの構造的にそこから逃れられない現実を反映したリアルな世界だ。
テーマだけなら新世紀の『ブレードランナー』と呼ぶに相応しい、記憶に留めて置くべき作品である。


総評
311以降日本社会は混迷を極める一方である。東電によるずさんな管理が生んだ放射性物質の降下、汚染水の太平洋流出。めんどくさい他国の干渉。想像を絶するキチガイばかりの与党。正直いい加減にしてほしい。
しかし無駄なことでも理不尽なことでも黙って受け入れることを由とする、日本の教育制度に育て上げられた国民は抗議の仕方すら知らない。そんな日本の将来なんてもはや絶望しか感じられない。
そんな時代だからこそ、この閉塞感を打ち破る可能性を持つ、希望としての映画がベスト10に選ばれたのである。

theme : ★おすすめ映画★
genre : 映画

【映画】タンタンの奇妙な冒険

無題


スティーブン・スピルバーグが久しぶりに監督した『タンタンの冒険』を観てきた。
せぷさんに前売り券をもらったので、どうせならと3Dで観てきた。(というかレイトショーは3Dしかやってなかった)

スピルバーグは本作で、世界中で大きな支持を得ている原作『タンタンの冒険』世界の再現、3Dアニメーションとして実写化、さらに3D映画として製作という、いくつもの挑戦に挑んだ。
その全てを満たし、原作ファンを納得させつつ、大胆なアレンジを加え、傑作に仕立て上げたスピルバーグは本当に素晴らしいエンターテイナーだ。

本作での3Dアニメーションは、半分アニメ、半分実写といった風にリアルでありながらアンリアルな感触を受ける。
タンタンやハドック船長はリアルな人物像を獲得しつつも一方で、ときに世界の物理法則を無視するかのような不自然な、かつ違和感のない動きをみせる。
まるで物語の躍動にあわせて勇気や冒険心が世界の壁を乗り越えていくような印象を与えるのだ。
ここに原作への忠実なリスペクトを感じた。

キャラクターがまるで物語に引っ張られていくかのような素晴らしい演出の冴える一方で、スピルバーグが独自にアレンジした要素もまた凄まじかった。
特に終盤のカーチェイスはすばらしい。
街中を駆け回るアクションはおそろしいほどの長回しで作られ一瞬も眼が離せない。
まるで物語の世界をシームレスに移動しつつ壮絶なアクションを繰り広げる大ヒットゲーム『アンチャーテッド』を観ているかのような感覚を覚える。
もともと『アンチャーテッド』は『インディジョーンズ』から受けた要素が色濃いのだが、それとは関係なくシネマティックな『アンチャーテッド』の娯楽性にスピルバーグも目を見張るところがあったのだろう。※
ともかく、このアクションのインパクトの強さからは、ゲームソフトが成し遂げた映像技術をさらに越えてやろうという印象さえ受ける。
そして極めつけの波止場での戦い。
まさかアレを使って戦うことになるとは思いもしなかった。
ハドックとサッカリンの姿はまるで大の大人が大きなおもちゃで遊んでいるようである。
例えは悪いかもしれないが、『ジョジョの奇妙な冒険』第三部の承太郎とDIOの決戦は、日常的なアイテム(自動車、雑誌、ナイフ、磁石、道路標識、拳銃、ロードローラーなど)を本来の用途から外れた使い方をすることで人間と吸血鬼の対比(+スタンドの万能感)を効果的に生み出しているのだが、『タンタンの冒険』もまた日常的なものを本来意図しない方法で使用することで、どこまでもおもちゃの世界のように自由で冒険に満ちた物語の構築に一役買っているのではないか。
スピルバーグも最高のおもちゃを自由自在に遊べてさぞや楽しいだろうなと思う。

その他
・3D映画としては『アバター』を凌ぐほど効果的に3D効果が使われていた。
・殴り合いの決闘の後、酒を投げまくるアレって『ターミネーター2』ですよね?
・「スノーウィはタンタンの心を反映している」というツイートを見かけたが、だとしたら面白いと思った。
・例えば鍵じゃなくてサンドに口を伸ばそうとするスノーウィに、思うように動かない身体性の妙を感じた。

※(アメリカでは日本とは比にならないくらいビデオゲームが市民権を得ている)


★★★★★
(本作でスピルバーグは3Dアニメーションのレベルを何段階か革新した)

theme : 映画感想
genre : 映画

パンフレット感想3 タンタンの冒険

久しぶりに映画パンフレットを買ったぞ!
タンタンの冒険が大傑作だったので観た次の日=今日買ってきたよ。
本編の感想は後日。


パンフレット『タンタンの冒険』
価格:600円
ページ数・32
サイズ・24×26cm
頁数こそふつうなものの、サイズが少し特殊で表紙の紙質は光沢感があるところに作った人の心意気を感じます。
内容は適当な写真に頼らずしっかり文章をいれてきているのでちゃんと買う価値があります。
欲を言うと本編の印象的なアクションパートの写真をもういくつか入れてほしいですね。
イントロダクション以降はネタバレを含む物語のあらすじが書かれているので、まだ本編を観ていない人は読まないでおいたほうがいいでしょう。
本編で活躍するキャラクターとそのキャストが紹介されていますが、主要な6人のみしか書かれていないので、それ以外のサブキャラが気になる人にはちょっと残念かもしれません。
インタビューの項目ではタンタンとハドック船長のモーションキャプチャーを行った役者二人、監督のスピルバーグ、製作のPJとキャスリーン・ケネディの5人のものが掲載されています。
後者は言うまでもないですが、タンタンたちの役者は特殊な演技が求められたので興味深い文章でした。
それから、日本人の映画ライター、映画ジャーナリストによる感想が書かれており、主に本作でスピルバーグがトライしたフルデジタルCGについて触れている文章には一読の価値があります。
他、プロダクションノートや原作者のエルジェについて、キャストプロファイルが掲載されています。
最後のページにタンタン全巻(ペーパーバック版)※の表紙が載っているのがちょっと壮観。
良いパンフレットです。(本棚に入りにくいサイズだけどね)

※通常のハードカバーは一冊1600円+税だけど、ペーパーバック版は735円(税込)なんですよね。
ただしPB版はサイズがちょっと小さくて装丁がしょぼくて、印刷の色使いに若干差がついてます。
リーズナブルな価格なので手は出しやすいですね。

訂正
インタビューされた人4人→5人

theme : パンフレット
genre : 映画

【映画】M・ナイトシャマラン原案・製作 『デビル』

シャマランの特徴はてきとーに分けて二つあると思うんですよね。
一つは堅実に危機感を煽っていくホラー、ミステリー的な演出。
もう一つは深刻な状況に不釣合いなトンデモギャグ。
例えば『サイン』のアルミ帽子被るホアキンとか、いかにも宇宙人然とした宇宙人を見て驚くホアキンとか、水で死ぬバットで死ぬ宇宙人とか、『レディインザウォーター』で突如現われる猿の守護神とかね。
シリアスな極限状態の臨界点を越えた笑いが面白いんですよね。
で、後者こそシャマラン天然の才能なんだけど、同時に冷静過ぎる視聴者には嫌悪される諸刃の剣になっているんですよね。

では『デビル』はどうだったのかというと、断然前者でしたね。
まあ今作ではシャマランは監督していないので、シャマラン的天然要素に恵まれないのは仕方がない。
そしてそれが功を奏したのか、今回はわりと大々的に『クソつまんねー!』という声は聞かないような気がする。
小品で手堅く一般受けしているという印象。

だがしかし一方で、シャマラン的天然成分100%だった前作『エアベンダー』を絶賛する立場としては、『デビル』は少々物足りない。
いちおう神やデビルの存在を信じるインド系警備員のおっさんの言動にシャマランの片鱗が見えなくもない。
ただ、それ以上のシャマラン的見所は残念ながら少なかった・・・!
監督が真面目に作り過ぎているせいか変に品格が伴っているんですよね。
天然シャマラン派を支持する僕としては、猛烈に馬鹿馬鹿しく神秘的な、あるいはショッキングなのに笑わせてくる恐怖と笑いの同居が見たいんですよ。
なのでもしシャマランが監督だったならもっとやってくれたんじゃないかと考えてしまいました。
もちろん、堅実な作りをしている点では一般受けする良作だと思うので、そういう意味ではオススメです。

あとね、悪魔はちょっとやり過ぎですよ。
小物犯罪者を殺すために結果的にビル閉鎖、数百人のスケジュールを乱し、無関係の人を殺害、ついでに一般人に目撃される&自分も悪いことやってるじゃねーか!とツッコミどころ満載なんです。
悪魔業界はいったいどうなっているんでしょうか。
『人間に見つかってはいけない』アリエッティってレベルじゃないですよ、ホントに。
もしかしたら「誰もが悪魔に襲われるかもしれない」とか「悪魔が日常的に存在する」とか「高層ビルの閉鎖的な密室空間」あたりに込めたテーマがあるのかもしれないけど、考えるのはちょっとめんどくさい(笑)



★★☆
(悪魔が存在するということは逆に希望でもある)

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
118位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。