スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年に見たアニメ

2011年、つまり昨年に見たアニメの感想。
2011年にテレビ放送されたアニメではないので注意。

『アルプスの少女ハイジ』
震災直後に初めて見たアニメ。
見ていて朗らかな気分になれる素晴らしい作品だった。
傑作。

『魔法少女まどか☆マギカ』
好みかと言われると全くそんなことはないし、むしろ嫌いな方といってもいいのかも・・・。
アニメ内アニメはなんとも言えなかったけど、ラストの収束の仕方はなんだか脱力してしまった。
シナリオに若干キャラが引っ張られているのが違和感。

『デッドマン・ワンダーランド』
設定を生かせなかったのだと思う。
1話で囚人が娯楽のために命を削って働かされる刑務所という設定が面白いなと思っていたら、全然違う方向に進んでいった。

『シュタインズゲート』
登場人物がみんな変なので見てて飽きなかったものの、同じ空間ばかりなので話が動いてない感がかなり。
設定が先立って、繰り返しのループもコンティニュー制限ないのかラッキー☆程度に受け取ってしまう。
面白いかどうかというと、断然面白いけどね。

『日常』
4話でピークを迎え、その後どんどんつまらなくなっていったものの後半から持ち直したアニメ。
極端に萌え志向じゃないのもあり、ほんわか楽しめるので嫌いじゃない。

『侵略!?イカ娘』
イカちゃんかわいいとしか言いようがない。
長期アニメ化してほしい。

『快盗天使ツインエンジェル』
これくらいの絵柄が一番俺の中で萌えのイメージに近いのかも・・・。
テンプレ化されたギャグや登場人物に微妙に破目を外してくるのが面白い。

『ゆるゆり』
ほんわかした雰囲気、ゆるいギャグ等、萌え以外の一切の無駄を排したアニメ。
つまりこれが萌えアニメなんだと。
あかりんがいつも酷い目にあうところが一番の見所。

『森田さんは無口』
3分で終わるアニメなんて斬新ですね。
らき☆すたのエピソード1話分と考えたらいいのか。

『未来日記』
B級に徹しているので安心してそこそこの緊張感を維持して見れた。
正直、面白い。

『BLOOD-C』
これに税金が5000万円投入されてるのか!とビックリした。
篠房六郎さんが最近のシャマランっぽいってついってたけど、シャマラン教ベンダー派の俺の見解としてはそりゃシャマラン見くびり過ぎですよ、と言わざるを得ない。
残酷描写というのも、それ単独では意味をなさない。
ましてやギャグアニメにおいては。
一応ワースト。

『ベン・トー』
半額弁当の奪い合い格闘漫画というマイナーなジャンル・・・にしても特に興味は惹かれず。

『Fate/Zero』
staynightの方はかつてゲームでやった経験もあり、すんなりと入り込めた。
設定が緻密なのでそこそこリアリティがあり、超常的な戦闘描写がものすごく面白い。
2期も期待。

『輪るピングドラム』
あんまり深く考えずに見ていたけど、なんだかんだで一番楽しんだかもしれない。
毎回毎回含みのある言葉を残していくが、それを気持ち悪いとは感じさせず、心に留めておきたいと思えるほどの印象を受けた。


振り返ってみると意外と見てないんだなー。
しかしアニメってほんと素晴らしいですね!
スポンサーサイト

theme : 見たアニメの感想
genre : アニメ・コミック

【映画】ミッションインポッシブル:ゴーストプロトコル

gp


年末にトムクル主演のミッションインポッシブル最新作を観に行った。

M:Iシリーズは第一作で緊張感溢れるスリリングなスパイ映画として誕生したんだけど、続くM:I2では監督がジョン・ウーだったためにジョン・ウー映画以外の何物でもなくなってしまった。
M:I3では若干方向を修正したものの意外と地味な面白さに収まってしまったという印象が残った。
じゃあゴースト・プロトコルはどうだったのよって話なんだけど、これが意外にも期待値が高かった。
M:Iシリーズは何気にもう15年やっていて、続編が出るまでにいつもかなりのブランクがある。
そうして前作までの記憶をなくしておいて、「そういや最近トムクル観てないな、久しぶりにトムの活躍見てーなー」と思わせるまでのチャージからのゴーストプロトコルなのである。
そういうわけでトムさえ見れれば満足かなと思っていたのだが、本作はいつも以上に(トム自身が)気合を入れて作ったらしく、シリーズ中一番面白いんじゃないか?と思うほどにレベルの高い娯楽映画だった。

M:Iシリーズの特徴は何なのかというと、主人公イーサン・ハント(トム)が達成困難な状況、目標を克服していくことだろう。
過去のシリーズではそうした困難な状況に超ハイテク装置で乗り越えていくのだが、今回はIMFという組織が壊滅の危機にさらされてしまい、まともな支援を受けることが出来ない。
そのため中途半端な使えるかどうかもわかんない見たこともない道具で任務遂行しようとするわけ。
案の定、ストックしていた道具はよく壊れ、そのせいで何度も危機に見舞われる。
さらに今回は舞台がロシア、ドバイ、インドと変わり、特にドバイでは任務中にまさかの砂嵐が迫ってくる。
克服すべき状況が立体的にも風土的にも広がって、攻略する面白さが断然増してくるわけです。
道具が頼りにならない一方で今回のサポートチームはかなり頼りになってくる。
今まではどちらかというとハイテク兵器を自由に扱うトムが中心だったのが、今回はチームプレイが重視されている。
そんなわけで目の行くところがトムだけに集中しないから飽きさせない。
一方で微妙だったのが悪役のアナトリーという男。
人間は核戦争を乗り越えて生まれ変わるという、まるで70年代の悪党の思想が現代に蘇っているんですよ。
あれではただの狂人じゃないかと。
まーでも楽しかったからいいか(笑)

●この映画を見て頭に浮かんだもの
・『コールオブデューティ:モダンウォーフェア3』
・『メタルギアソリッドピースウォーカー』
・『デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム』


★★★☆
(この調子で続編作ってほしい)

theme : 映画感想
genre : 映画

あけおめ

2012年あけましておめでとう!


突然だけど自分はフィクションに関してリアリティとかディティールを求める人間なんですよね。
リアリティっていうのは現実っぽいって意味じゃなく、そのフィクションの世界観、世界設定を出来るだけ矛盾なく構築してるかどうかって意味です。
つまり仮にファンタジーを名乗っていても作品世界内の設定や展開が破綻しているものは製作者が真剣に作っていない駄作だと感じるわけです。
不真面目、不道徳、不思議な内容のものであっても不真面目、不道徳、etcなりに真剣に作っていないと意味がないと思うんですよね。

そんなわけで”今年は”と限定するわけでもありませんが、今年からはよりその辺のリアリティを念頭に映像作品を観ていこうと思います。

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
118位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。