スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】宇宙人ポール ドラゴン・タトゥーの女

先月観に行った『宇宙人ポール』とこの前観に行った『ドラゴン・タトゥーの女』の感想。

『宇宙人ポール』
映画秘宝の著名人による2011年映画ベスト2位にランクインしたという本作。
そこまで言うならと、雪の降る寒い中観に行ったのだが、正直面白くなかった。
それほど期待していたわけでもないが、その期待値ほども面白いと思わなかったという点で若干頭を抱えてしまった。
アメリカのコミコンに行ったイギリスのSFオタク二人が、道中遭遇した宇宙人を彼の基地まで送り届けるというロードムービーなんだけど、要はパロディなんだよね。
本編の至るところに宇宙人ネタが詰め込まれていて、そこにサイモン・ペッグとニック・フロストコンビにありがちないつものギャグがセットになっているんだけど、ギャグを笑えるかはともかく宇宙人ネタはわかったところで面白いわけじゃない。
これはスコット・ピルグリムでも感じた、ネタはわかるけどだからなんなんだ?感がリバイバルしちゃって頂けませんでした。
登場キャラクターとしてサイモンとニックはいいにしても、率直に言って中年女性と宇宙人のポールにはあまり魅力を感じられないんですよね。
特にポールは、いかにも数十年前からアメリカ人が考える宇宙人像そのままに宇宙人然としていて、本人もそれを自虐的に言うんだけど、そのデザインにもう少し根拠がほしい。
どういう進化の過程でそんな醜い姿になったのかとか、進化と呼ばれる超能力の仕組みを5秒でもいいから説明してほしい。
それをやらないのか出来ないのか知らないけど、それはこの映画でいう「オタク」の知性を相当低く見積もってないかなと思った。
そういうものだから・・・で勝手に物語が進んで行くので、自分は少し距離を感じてしまった。
それってロードムービーには致命的なことなんじゃないかな。


★★
(序盤で主人公が持ってる本におっぱい3つの女宇宙人が載ってたので、てっきり自分はそれが出てくるとばかり思ってました。中年女性なんか出さずにちゃんと異星人出しましょうよ!)



『ドラゴン・タトゥーの女』
デヴィッド・フィンチャーによるリメイク版としてこの前観て来た。
スウェーデン版も一応見たことがあるんだけど、個人的にフィンチャー版が好きかな。
というのはドラゴンタトゥーの女リスベットというキャラクターを中心にする物語として、フィンチャー版の方が説得力ある人物像を作り上げたと思うからですね。
スウェーデン版リスベットはやたら強そうな外見をしていて、そんな彼女が窮地に立たされる状況が不自然に見えてしまう。
フィンチャー版は外見はパンキッシュだけど、顔立ちから脆弱さも垣間見える。
そうした極端な人物がどういう経過を辿るのかが興味深く感じられたんですね。

それから話題になっている特大モザイクはやはり不愉快ですね。
そこそこ素晴らしい物語が一転してただのAVに見えてしまう、それによる会場のAV鑑賞会化の空気、それはそれで面白いけど作品に対しては最悪の暴挙であることは間違いないんですよね。
でまあ、少し思ったんですけど、局部をモザイク化する日本ってセックスに対してある種の強い垣根があるように感じました。
この国はあえて局部をモザイク化することによって「それは見てはいけないものです」「忌避されるべきものです」「よくないものです」というメッセージを無意識下に発信することに成功していると思うんですよ。
逆に言えばそれだけ日本人のセックスに対するイメージを変える素地が多くのオリジナルのフィルムには存在するのではないかという風にも考えられるんですよね。
まさに『メタルギアソリッド』で言うところの「愛国者達」の規律・規範が映画の敵となるわけです。


★★★☆

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

2011年に読んだ漫画

2011年に読んだ漫画の感想。
印象に残ってるものを中心に。


『アップルシード』・士郎正宗
昨年末に友達のせぷさんから頂きました。
攻殻機動隊はけっこうその辺の本屋に置いてあるけどこちらは全然見なかったので読んだことがなかった。
攻殻の映画は評価高いけどアップルシードは・・・というのもある。
でもってようやく読んでみたわけだけどいやいややはり士郎正宗の本は膨大な情報がぎっしり詰め込まれていて面白いですね!
圧倒的イマジネーションと緻密な考察に基づいて作られる世界観は唯一無二ですね。
これから何度も読み直すと思います。

『仙術超攻殻ORION』・士郎正宗
これもせぷさんに頂きました。
世界観はなんとなくわかるもののそこで使われる科学(?)の原理などは素人には全然わかんないという。
ただオリエンタルな神話や伝説に少しでも興味があった人なら原理はわからなくても話を追う分にはちゃんと面白いと思われます。
よくわかんないけど話を追う分には凄く面白いのでこれもまた読み直すと思います。

『DOMINION』・士郎正宗
これもせぷさんに頂きました。
戦車フェティッシュな戦車漫画。
ゲーム『メタルスラッグ』に出てくるまんまの戦車がリアルに運用される世界の話。
戦車っていいですよね。
無限軌道と砲塔の組み合わせは他のどの兵器よりも魅力的に映るものがあります。

『トミコローツ戦記』
1900年代の日本にて蒸気機関戦車が運用されていたという設定の物語。
3DCGによる漫画は今見ると少々クオリティに難が(笑)
そのせいか戦闘描写がわかりにくくなっているという問題が。
しかしながらストーリー自体は一定のカタルシスを得られる分には充分面白い。

『おひっこし』・沙村広明
これもせぷさんから。
自分が読みたいジャンルだけどどういう本に手を出せば読めるのかと悩んでいたジャンルにピッタリとはまった一品。
大学生の青春とある種の理想像をリアルに描写した傑作。
あと巻末のほうの漫画家の話も面白かった。

『サタニスター』・三家本礼
すっごくテキトーな画風でバリバリのゴア表現やっているのが面白い。
いい漫画。

『純情パイン完全版』・尾玉なみえ
ピクリともこなかったが巻末の没ネームだけは面白かった。

『鈴木先生』・武富建治
学校での人間関係を過剰に緻密に作りこんで、単なる学園もののレベルから国のあり方とか民主主義のあり方といった問題にまで踏み込んでいくという荒業に心底驚かされた。
この漫画を注意深く読むだけで人との関わり方について考える上での多くのヒントを与えられるのでは。
特に察するとか心がけるといった行為に良い影響を与えるんじゃないだろうか。
ジャンプ連載のハンター×ハンターが今選挙やってるのはこの漫画に影響されてたりして?とか疑ってみたり。

『ホームセンターてんこ』・とだ勝之
ものづくりの楽しみを凝縮したような漫画。
主人公の高校生てんこがホームセンターで買ったドリルなどを使って色々な工作をする物語。
モノを作っていく楽しさとかわいい画風が万人におすすめできる。
自分もドリル買おうと思った。

『キテレツ大百科』・藤子F不二雄
奇妙な発明の数々によって幽閉され死んでしまった奇天烈斎。
100年以上もの時を経て子孫のキテレツは奇天烈斎さまのあとを受け継ぐことを決心する。
その受け継がれた思いがコロ助を世に生み出したという奇跡に大変感動しました。
漫画の良さってこういう劇的な物語をグラフィティに描けるところにあるんじゃないかなと。


今日読んだ漫画
おきらく忍伝ハンゾー 第壱巻 (fukkan.com)




『おきらく忍伝ハンゾー』・山中あきら
昔コミックボンボンで連載されていたサイバーパンク(?)時代劇少年漫画。
江戸のよ~なところを守る侍ジュウベイとおきらく忍者ハンゾーくんが影で江戸侵略を企む帝国忍者と戦う話。
あくまでおきらくに戦うので旧ジャンプ的パワーバトルと一線を画す、どっちかといえばギャグマンガの部類に入ると思う。
現代の日常的な道具が和風にアレンジされて登場したり、カタカナ英語を漢字で書いてたりと、現ジャンプで連載されている『銀魂』の先駆けともいえる作品なんじゃないかな~。
画風もほんわかしていて癒されるし、敵の倒し方がいちいち捻っていて面白いし、今読んでも十二分に面白い大傑作です。
万人におすすめ出来そうという意味でもすばらしいですね。
復刊なので高いのが難点だけど。

theme : 漫画
genre : アニメ・コミック

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
118位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。