スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】神秘の法



こちらのブログで前から気になっていた宗教団体「幸福の科学」が送る近未来予言アニメ映画『神秘の法』。
タダ券を手に入れたので見てきました。

あらすじ
202X年、経済的・軍事的に超大国となった東アジア共和国でクーデターが発生。軍部出身のタターガタ・キラーを皇帝とする「帝国ゴドム」が誕生した。この国は、ある貿易会社の謎の女社長、張麗華(チャン・レイカ)が提供する、地球のものとは思えない秘密技術によって圧倒的な軍事力を手に入れ、周辺国を次々と占領してゆく。日本もあっけなく占領されてしまい、アメリカや国連も何も対抗策がとれないままであった。そうしたなかで唯一、帝国ゴドムに抵抗するのは、国際秘密結社「ヘルメス・ウィングス」であった。そのメンバー獅子丸翔は、「神秘的な能力」を持つ若者であり、帝国ゴドムに対し挑んでいく。しかし力及ばず追い詰められて、絶対絶命の危機に陥ってしまう。そうした獅子丸翔らを救ったのは、インド人の同志たちであった。その彼らは、インドの古代遺跡で発見された「救世主」再臨の予言を翔に伝えて新たな戦略を導き出した。(wikipediaより)

この映画を観て気になったのがまず、どういう層に向けて作られた映画なのか?ということですね。
まあ当然幸福の科学の信者向けには違いないでしょうけれど、作品に込められたメッセージからすれば信仰心のない現代の人間に観てもらいたい(そして幸福の科学の信者になってほしい出来れば幸福実現党に投票してほしい)という気持ちがないわけではないでしょう。
それがいったいどれだけ達成されていたのかが気になるところですね。

本作はファイナルジャッジメントより話が地球規模~宇宙規模と豪華になってるんですが、基本ストーリーはかなり似ています。
大国(どう見ても中国)が侵略する
→主人公悩んだり幻視したり逃亡したりする
→みんなからあなたは希望だと持ち上げられるけど特に何もできないで苦しむ
→とりあえず瞑想する
→捕まる
→処刑されかけるもみんなの助けで逃げる
→演説したあと奇跡の力で世界平和
と、以上のような流れです。

基本的に主人公は何をすればいいのかわかってないんですよね。瞑想する以外に結社での活動の描写とかほぼ無いですから。
だから特に中盤のテンションの落ち方は残念なんですよ。これはファイナルジャッジメントにも感じたことなんですけど、主人公が悩んでいる中でも瞑想を行うに至るまでに結社の活動で試行錯誤する様子や中国の侵攻の際にもっとアクション描写を入れるなどすれば、中だるみすることなく新規の客を画面にひきつけることが出来るんじゃないかと思いました。

最も意表を突かれたネタは皇帝の最終兵器です。
宇宙人の科学力を用いて作られた核兵器を遥かに超える、いや核兵器どころかあらゆる恒星の爆発力さえ上回る地球破壊爆弾(名称不明)の説明台詞が衝撃過ぎました。
それを使うと六兆度の火の玉が大陸を焼き尽くすそうです。
六兆度・・・あのゼットンでさえ一兆度の火の玉だというのに。
空想科学読本によれば現実にゼットンが一兆度の火の玉を吐き出せばその膨大な熱エネルギーにより太陽系は消滅するとされているのに、映画の登場人物は最大でも「アメリカ大陸のみならず地殻にまで影響して地球を滅ぼしてしまうからヤバイ」程度にしか考えていないのが、余計に事態のややこしさを盛っているようで大変面白い。

この映画のいいところはそこそこ現実のリアルさを反映してるって点ですね。
はじめはわりと幅広い間口から入っていくのに段々と妙に強調されたトンデモネタの出現によってぶち壊しになっていく。それも話の進行とともにどんどん壮大になっていくのだから、もう呆れを通り越してヤケクソな気分です。
そういうノリで信仰を増やすっていうやり方は悪くないと思います。
ただそのために乗り越えるべき問題としては主人公のアクションの無さが弱いんですよね。特に中盤の主人公が何も出来ずにいるところはもう少し中国から守る手立て(物理)を講じて苦難の道を歩いているんだという訴えがほしい。侵略進行中なのに平和過ぎるというのは序盤の緊張感が意味を失いかけています。せっかく面白いネタでひきつけることが出来ていたのにもったいない。
そしてラストの奇跡で世界を変えるというのも、主人公が周りの人間に救われるばかりで彼自身が奇跡を起こす理由が説得力に欠けてしまう。いや「仏陀の生まれ変わりだから」で片付けられる人はそれでいいでしょうけど新規の客は何で?って思ってしまいますよ。奇跡で解決するのは教義上仕方ないんでしょうけど、奇跡に繋がる行動を「信仰」だけで描いちゃうのは残念な気がしますね~。
上映中、まどマギのことが何度か頭をよぎりましたよ。

あと政治的なメッセージは民主党よりマトモに見えるのが不思議でした(笑)




本作の謎オカルトネタ例:
中国の皇帝が宇宙人。
米空母を瞬殺する宇宙人の技術。
アトランティス大陸やムー大陸の存在(地球意思によって滅ぶ)。
地球には霊界の王というのがいる。
宇宙人の霊体がその王に話しかけて地球への移住許可をもらう。
妊婦の体に宇宙人の霊体が入ると宇宙人の魂が宿り生まれてくる。
日本侵略の際、日本神話の木花咲耶姫がヤマタノオロチを召喚して戦う。
皇帝も邪神竜を召喚して戦う。
主人公の前世がブッダ。
六兆度の火の玉発動を防ぐ地球意思(FF7のホーリーみたいなの)。
奇跡を起こす謎のマジカルステッキ。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

【アメコミ】ラバーズ&マッドメン

バットマン:ラバーズ&マッドメンバットマン:ラバーズ&マッドメン
(2011/03/23)
マイケル・グリーン(作)、デニス・コーワン、ジョン・フロイド(画) 他



少し前に紹介したラバーズ&マッドメンの感想。
ジョーカーの誕生話として、またバットマンとの邂逅として、決して傑作とは言い辛い本作についてもう少し書いておこうと思う。

この作品ではジョーカーはジョーカーになる以前、ジャックと言う名の犯罪者だった。正確にはただの犯罪者ではなく、大抵の犯罪を人並み以上にずば抜けて器用にこなせるチンピラだった。
ジャックは無軌道に犯罪を重ねてきたがどれもこれも簡単過ぎて生きる気力を失いかけていた。しかしバットマンという正義に執着するコスプレ男に出会ったことで全てが変わる。
そんなアホみたいなことしてる奴がいるなら俺は徹底的にそいつと戦ってみよう、といった思考(既に一部頭がおかしいので実際にそう考えたのかは不明)からバットマンに対し徹底的な反逆を企てる。

自分がラバーズ&マッドメンに否定的なのは本作のバットマンの正義への執着の在り方が受け入れられない点にある。
本作でバットマンは自らに課したルールを何度か破り、その行動が裏目に出たために多くの犠牲者を生む破目になる。

まず、ジャックに偶然そこにいた(ブルースにとっての)恋人を人質に取られたとき、バットマンは思わずそこにあった銃をジャックの握る銃に向けて撃ってしまう。ジャックはナイフで恋人の腹を刺し逃亡、恋人は回復後バットマンを人質に向け銃を撃つ狂人と認識するようになる。
勝手ながら自分がこれまでバットマンに抱いていたイメージの一つとして決して銃を使わないというのがあった。それは決して人を殺さないという更に上位のルールを守る為でもあり、また過去にブルースが両親を殺害された道具が銃であったことにも由来するのだとみていた。バットマンが過去作品の中で銃を局面によって使っていたのなら無知なことを言って申し訳ないが。そこまで正義の遂行に執着心を燃やしていたバットマンがあっさり銃を使うというのは明らかに彼のヒーロー性を引き下げるものであって、自分の解釈するバットマン像とは相容れないものだった。

そして最大の掟破りが、ジャックを危険視したバットマンが彼を殺害することを決断するというもの。しかも彼自身がやるのでなく、街の犯罪者に委託するというなんとも情けないもの。この結果、ジャックは廃液(?)に落ち、晴れて顔が白くて髪緑のジョーカーへと変貌。以前にも増して凶暴になったジョーカーは方々で人を虐殺を開始。バットマンがルールを破ったために払う代償はあまりにも大きい。現時点での犠牲者のみならず、今後延々と続く両者の戦いに巻き込まれるであろう犠牲者のことを考えると、このバットマンはあまりにも罪が重い。

最後に一度だけジョーカーを見捨て、葬るチャンスが残っていたのに、ここで初めてルールを破り代償を払ったことを思い出し、結局はジョーカーを救ってしまう。もはやルールを守ることと破ることが等価値になるまでにバットマンの品格が落ちている(落ちるといえばジョーカーとともにバットマンも落ちているのは演出としては正しいかもしれない)。
晴れてウェイン財閥の力によって建設されたアーカムに、ジョーカー(囚人第一号)は収監され、バットマンは今後のことを思い悩んで物語は幕を閉じる。

というわけでバットマンを徹底的に貶める本作は後味の悪さも一塩あり、多くのバットマン像の中では受け入れがたい作品ということが再確認できた。
一応本作はシェイクスピア劇を題材にしていると解説にあったが、それでもバットマン解釈としてはあまり釈然としない本作を評価は出来ない。

ジャック
バットマンに会うまで自分が何をしたいのか分からない無気力な人間だったというジョーカー。
生きがいを見つけることが出来たので人生を心から楽しめるようになったらしい。よかったね!

theme : アニメ・コミック
genre : アニメ・コミック

【アメコミ】ウォッチメン

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)
(2009/02/28)
アラン・ムーア


ザックスナイダーによって映画化もされたウォッチメンの原作を読んだ。
本の分厚さとかなりのテキスト量から一日がかりでした。
アメコミの到達した頂点と言われるのも納得します。
恐らくこれ一冊でアメコミ史を名乗ってもおかしくはないように思われます。

物語はかつてヒーロー活動をしていたコメディアンという人物の死から展開していくのですが、ヒーロー殺しの真相を追うミステリーかと思いきや、かつてのヒーロー活動の歴史を時代背景を同時に描きながら振り返り、同時にそれが現実のアメコミを俯瞰した内容にもなっているんですね。
もう一つのアメコミ世界を一から作り直すような驚異的な力の入れようなので、現実へのメタ視点が徹底しています。
ヒーローの誕生、ヒーローチームの誕生と衰退、スーパーヒーローの誕生、冷戦下のヒーローの扱い、極めつけは本書の核心に触れるネタなんですが、これが「どうしたら世界が平和になるのか?」という問題にこれまで多くのコミックがやってきたことを本気でやるんだから驚きます。

マンハッタン

個人的に興味深かったのがウォッチメンの中で唯一本物の超能力をもつスーパーヒーロー、Dr.マンハッタン。
彼は一度原子レベルで肉体を粉々にされた結果、自分の肉体や他の物体の原子を自由自在に再構成することが出来、また自在にテレポートして移動することが出来る最強無敵の能力者です。超大国の軍事力に匹敵するパワーの持ち主ですが、それゆえに冷戦におけるアメリカの切り札としても使われます。
スーパーヒーローが政治的な役割を背負う状況も面白いのですが、Dr.マンハッタンが宇宙と同化したような世界の認識の仕方が大変興味深いです。
彼は時間について過去・現在・未来が存在するのではなく、全ての時間は同時に存在すると言います。
あるコマで彼は未来の出来事を幻視し、またあるコマでは過去の自分が未来の自分の言葉を喋り、また一つの出来事の流れとその過去の出来事の流れがバラバラにかつ同時に進行しているように意識している場面すら存在します。これはどうやら全ての時間を、彼の意識が点から点へと移動するように自由自在に駆け巡っているんじゃないかと思われるんですよね。
このアイディアは小林泰三の玩具修理者という本でも読んだことがあります。
初出が気になります。

本書を読んでみると映画版が一部酷評されるのも頷けます。
コミックとはいえ読めば長編小説と同じくらい時間をとられる本作品をたった3時間に編集してしまうのは誰が監督しようが困難を極めます。状況を理解して飲み込んでいくために、時折読み返すこともある12の章をノンストップで流されてはとても話についていけない。本作の功績に報いるためにもせめてドラマ化か3部作でやるべきだったのでは?と思えてしまいますね。

この本は映画『ダークナイト』のように昨今の正義を巡る題材として決して見逃せない作品であることは間違いないです。今後百年後も残り続けるコミックだと思います。
アメコミの歴史を辿ると言う意味では初心者にもおすすめできますが、ある程度アメコミを読み込んでから手に取るとこの本自体は格段に理解しやすくなるんじゃないかなあ。

theme : アニメ・コミック
genre : アニメ・コミック

【アニメ】2012年秋~冬

秋終盤から。

『ゆるめいつ』(終)
ゆるい萌アニメは全部3分あるいは10分程度のアニメとして作り直せば緩急ついて見やすくなるんじゃないかと考えさせられました。
徹底的な中身の無さと芸の良さが最高。
3分アニメとしては一番面白かったのでこれで終わらず何度でも復活して欲しい。 


『トータル・イクリプス』(続)
こうだくみの歌うOPのとりあえずカッコイイ感じのやつ持ってきた感が妙にミスマッチしていて面白かった。
第一話で登場人物がいきなり9割位減ったので期待したものの、以降特に見せ場ナシ。
各登場人物の行動もでたらめ過ぎてトンデモ感を煽り、OPのアレさが更に際立つ結果に。


『戦国コレクション』(終)
総じてクオリティが高く、毎回色んな映画のパロディが見られて元ネタを探す楽しみもあった。
適度なゆるさで見れるアニメとしては申し分ない面白さ。傑作でした。


『うーさーのその日暮らし』
絵がサンリオキャラクターみたいにとてもポップでかわいいものの、全然面白くないので切る。


『ジョジョの奇妙な冒険』
屋敷が燃え落ちるまで3話という驚異的な展開スピードに地味な第一部が妙に面白くなった。
原作ではスルーしてしまう仰々しさがアニメになってから妙にギャグっぽさが増し、真面目なジョジョのボケに対するディオのツッコミというか状況説明的なセリフが事態の異常さを一層高めてくれるので悲劇的な展開なのに笑いが止まらん。
OPCGは微妙。音楽は今のところなんともいえない。

第二話、第三話の盛り上がりがスゴイです。


『ヨルムンガンド』#13~
あいかわらず安定した面白さと緊張感で展開するので面白い。
こういうアニメばかり出来たら毎日見たいと思うこともある。
専門的な兵器や組織がたくさん出てくるので勉強にもなるかもしれない。


『ガールズ&パンツァー』
ストライクウィッチーズ、うぽって、などにはあまり興味を惹かれなかったものの、こちらは戦車に乗って戦うので個人的に興味深い。
一部の設定のゆるさも好みのタイプだった。
1話のしょっぱから牧歌的なてこぽこした音楽とともに主観視点で戦車を動かすシーンから心が奪われる。

戦車をもっと流行らせたいですね。戦車道。


『サイコパス』
電脳化(っぽい?)した人の精神状態を読み込むことで予め犯罪を起こす可能性のある人間を探しだして逮捕するというマイノリティリポート的な世界。視覚情報(等)を操作して部屋の装飾や服のコーディネートをホログラムで上書きするというアイディアは面白いと思った。
今のところ様子見。 
OPはそんなに好きじゃない。


他にも放送されている作品は色々ありますが、上にないものは見ない可能性が高いです。
3分アニメだったら見るかも。

theme : アニメ・コミック
genre : アニメ・コミック

【アメコミ】バットマン:アーカムアサイラム完全版

バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books)バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books)
(2010/09/30)
グラント・モリソン



ヴィジュアルがスゴイと有名なバットマン:アーカムアサイラム完全版を読んだ。

あらすじ
ジョーカーがアーカムアサイラムを占拠しました。
アーカムアサイラムは精神病院です。
バットマンは悪党を殺さない決まりがあるのでだいたい倒してもここに放り込んで終わりってのがいつものパターンなんですね。
そういうわけでジョーカーに呼ばれて駆け込んだバットマンは人質解放のため、ジョーカーに言われるままにアーカムを探検することになります。するとバットマンが今まで捕まえてたやつらが前にも増して狂人になっていて、ついでにバットマンも精神科医の診断を受けさせられてアンタもちょっとどうかしてるぜと言われるんですね。
次第に彼ら狂人との距離感をなくしていくバットマンは正気を保てるのか?そもそも正気なのか?ってのが本書の主題とするところみたいです。

バットマンがアーカムを探索するのと並行して、アーカムアサイラムの過去・設立経緯が描かれます。それによるとどうやらアーカムアサイラムに特別狂った人間ばかりが入所してしまうのは、設立以前からある人物によって未来が幻視されていたことからも、そもそもバットマンが・・・。

あとこの本は絵がすごいです。まどマギの魔女戦背景みたいな不気味な絵に近い絵柄です。まどマギのような派手な感じじゃないんですがキモさや暗さに近さを感じるかも。また暗喩が頻繁に用いられ、解読する楽しみもあるようです。自分はめんどくさいのでしません(笑)いや、もっとストレートに読めるものを想定していたんですが、絵が絵なので解読しながら読むのは体力使いそうです。

アーカム
アーカム2

また本書はバットマンの物語としてはバットマン自身の内面や他の悪役との関係を再解釈するものとなるため、バットマンの活躍が見たいという人には薦められません。絵のせいか難解さが増しているようにも思えますしね。
それらを踏まえていえばバットマンのコミックとしては優先順位は低いかと思われます。
ビジュアルにしてもシナリオにしてもキリングジョークの完成度の高さには及ばないと思うんですよね。

★★☆

theme : アニメ・コミック
genre : アニメ・コミック

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
115位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。