スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム】バットマン:アーカムシティ

WARNER THE BEST バットマン:アーカム・シティWARNER THE BEST バットマン:アーカム・シティ
(2012/07/05)
PlayStation 3



『バットマン:アーカム・シティ』をプレイしてみました。

あらすじ
前作『バットマン:アーカム・アサイラム』での騒乱によって決定された囚人の新たな隔離策として、ゴッサムシティの一部を巨大な壁で囲い街全体を一つの収容施設として使用する「アーカム・シティ」が作られた。その方法に危険を感じたブルース・ウェイン(バットマン)は記者会見を開くが、アーカムの所長Dr.ヒューゴ・ストレンジに拉致され自身も囚人の一人となってしまった。ブルースはバットマンのマスクを手に入れアーカムを探るも、ジョーカーの罠により毒を盛られてしまう。ジョーカー、トゥー・フェイス、ペンギン、Mr.フリーズ、キャットウーマン、彼らの闊歩するアーカムシティでブルースは解毒剤を手に入れることができるのか。そして10時間後に発動するストレンジの「プロトコル10」計画とは・・・。


囚人たち専用の都市監獄というと、「ニューヨーク1997」や「エスケープフロムLA」を意識しまくってますね。今作はオープンワールドになっているのでアーカムシティをグラップやグライドで自由に移動しながら、街中にひしめく囚人から身を守ったり襲撃したり尋問したりと幅広いアクションが展開できます。

敵との戦いは格闘を基本とし、コンボを成立させ上手く立ち振舞うために様々な攻撃バリエーションが追加されていきます。タイミングよく敵を蹴散らしていけるときもあれば、逆にボコボコにされるときもあるので戦闘バランスはかなり良いです。ただ戦闘で使えるアクションをついつい忘れがちになって基本的なアクションだけしか使わない・・・なんてこともままあるのでチュートリアル表示をもっと工夫してほしいところ。

潜入パートでは銃器を持った敵を相手にする場面がよくあるのですが、いかにバットマンといえどこの場合は普通に戦っても瞬殺されます。したがってメタルギアシリーズのようなステルスアクション、背後からの気絶攻撃が必要とされます。また各エリアには柱の上にガーゴイル像、足元に排水溝、突き破れる壁などが存在するので、それらを利用して隠れたところからの奇襲が可能になっています。さらにそうした奇襲や敵の様子を探るための究極の兵器として、映画ダークナイトでバットマンが使用したソナーの亜種を使うことができます。これによって敵の位置、武装状態、精神状態などを正確に知ることができるため、銃器を所持する集団対個人のバトルを可能にするばかりか一方的なゲームにしてしまうこともできるのです。
一人、また一人と倒していき、囚人たちに恐怖を与えていくあたり、まさに闇の仕置き人バットマンらしいアクションが再現されているといえますね。


アーカムシティはキャラクターゲームとしては会心の作と呼べるレベルですが、個人的にいくつか不満な点を挙げていきます。
●マップデザイン
アーカムの中央に立ち入り禁止エリアがあるのですが、壁で囲まれて完全に出入りできません。そのため街の形が円状ではなく馬の蹄鉄状になっていて、端から端への移動に飽きがきます。
●ローカライズの字幕
セリフごとにちゃんと区切ればいいものを一度で出してしまうので、画面上に表示される文字が非常に細かくなってしまいます。映像と字幕を同時に追うにはこの文字の小ささはよくないです。
●ダウンロードコンテンツ
ゲーム内容を当初から2割~3割ほど削って発売するのはどうかと思いました。
本編にしっかり出てきているキャラクターがその後全く登場しなかったり、キャラクター紹介欄に乗っている人物が登場しないといったやり方では一つのゲームとしてとても評価しにくい。
またオフライン環境にある人やDLC購入の手間からもDLCは評価できません。


総合的には・・・
海外レビューサイトのスコアは満点続出で総じて高いようですが、自分としてはアーカムシティはかなり堅実に作られた佳作と見ています。
キャラクターゲームとして優れている、バットマンの扱う様々なアクションにオリジナリティがある、とはいえこの作品自体にどれだけ革新的な要素が詰め込まれているかと言うとそこまで圧倒する程のものはない。
オープンワールドゲームはPS2のグランドセフトオートシリーズからPS3のスカイリムまでプレイしてきたのですが、アーカムシティの位置づけとしてはセインツロウあたりに近い感触です。陰鬱な雰囲気はGTA3っぽい(笑)
いささか単調な(リスポンする囚人を含めた)街のデザインと街の移動手段からして、他と異なるものであっても圧倒するものではないということですね。
そして、バットマンの物語としてもDr.ストレンジが提示する問題に答える作品ではなかったこと。
おそらく続編(もし三部作とするなら完結編?)でその答えが示されるのでしょうが、本作単体としては登場する悪役の絡みの少なさから言っても少々物足りなさを感じます。
総合的には先に述べた問題点を差っぴいても70点といったところでしょうか。


さて、もし次回作が作られるならばゴッサムシティを舞台にしたオープンワールドになるのではないかと自分は予想しています(そうじゃなきゃアーカムシティは越えられなさそう)。
バットマンになった気分を味わえるというのがこのシリーズの醍醐味ならば、次回作こそバットモービルやバットウイングに搭乗し、ゴッサムを掌握するゲームになってほしい。
あと出来ればレーティング引き上げて歓楽街に売春婦を歩かせてほしいものですね。

それとロックマンDASHみたいにヒーローとしての世論の上げ下げのあるシステムとか。
スポンサーサイト

theme : ゲーム雑記
genre : ゲーム

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
971位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
91位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。