スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ムカデ人間(ダメダメなホラー映画)

人を三人拉致してきて、口と肛門をつなげてムカデ人間!ってー随分無理があるな~という映画について。

ムカデ

シャム双生児の分離手術に定評のあるムカデ博士が、何を思ったのか分離ではなく結合を目指し人間をムカデ状態にしてしまうという話。
結論を言ってしまえば、つまらない映画である。
この映画はムカデ人間という響きから連想される好奇心の一つも満たしてくれない。

まずムカデ博士がムカデに拘る理由の描写が非常に薄い。
ムカデ人間を作る動機がかつて飼っていた犬をムカデ状にしたことを再現したかった程度にしか描写されない。それだけならまだしも背景を想像させる余地すらない。これは犯罪者の心理描写が薄い以前の問題だ。ムカデ人間の必然性は映画の製作者が「やりたかったから」だけしか残らないのだ。
博士が変態!と罵られ「私は変態だ!」と怒鳴るが、ドイツ人が変態なのは当然のことなので言葉を返すにも冷静にちゃんと真剣にやってほしい。

肝心のムカデ人間になった人たちはというと、手術によって物理的に無理矢理合体させられており、不完全な手術のせいか結合部から血は滲み、最後尾の人は傷口が膿んで死亡という悲惨さ。ムカデというにはあまりにも不完全。医者の癖にまるでやる気が感じられない姿勢にはがっかりさせられる。
いったい博士はどういうムカデ人間を目指していたんだろう?ドイツの医学薬学は世界一じゃなかったのかよ!?

終盤のまとめ方もヒドイ。
「神様これは罰ですか?」なんてこっち向いて言われても仕方ねーよ!あんたらが始めたことでしょーがっ!と製作者に向かって言いたくなるし、その上勝手に撃ち合って全員死亡となると夢も希望もないですね。
ギャグにも哲学にもホラーにもなりきれていない若干グロい系ダメ映画といったところ。

続編の「ムカデ人間2」は本作に影響された男が犯人なんだけど、「ムカデ人間」自体が非常に質の悪い映画なので2はその成り立ち時点で失敗していると言わざるを得ませんね。




ムカデとは心の所作
ムカデ博士は人間と人間を物理的・肉体的に結合させようとしていたのが間違いだったのではないだろうか。意思のバラバラな個人を無理矢理合体させたところで嫌がる彼らを一つの生物のように動かすのは無理がある。
まずは三人の犠牲者がムカデ状態を志向するように上手く精神誘導するべきではないだろうか。それを踏まえて三人を手術ではなくムカデ状態に拘束する器具を作ればむざむざ死なすこともなかっただろう。
スポンサーサイト

theme : ホラー映画
genre : 映画

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
164位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。