スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ted (R15)



友人のせぷ氏にTEDのムビチケをもらったので観てきました。
このムビチケ、全国共通と言われているものの、実際には全国共通で使えるってわけじゃないらしいです。ムビチケを導入してない映画館では使えません。ムビチケ導入してる映画館なら全国OKってことらしいです。わかり辛いですね。
ふつうの前売券にも全国で使えるものとそうでないものがあるので気をつけたほうがいいですね。

今回は日本語吹替版で観ました。
ぬいぐるみtedの吹替は良い点もあり悪い点もあり首を傾げていたら有吉が声あてていたんですね。まあ本業の人がやった方が良かったのでは?と思わないでもない。

はい、本編。
一言で言って生々しい
本作の笑いの7割を占める下ネタがかなり下世話なんですね。
しかも吹替なので字幕フィルターを通さず直接的に耳に入ってくるのでいやらしい。大量にお笑いネタを投入しているので緩和されていますが、ドン引きするかしないかのかなりキワドイ感じになってるんじゃないですかこれ。

本作はぬいぐるみのted(テッド)×主人公ジョン×恋人という三角関係になっていて、いつまでもぬいぐるみと離れられない主人公がテッドを断ち、女と結婚して生きるのが目的なんですよ。
女としては35にもなった男がぬいぐるみのクマと一緒に遊び、寝て、葉っぱをキメるなんて付き合ってられないと思ってる。
いわばテッドは男性の男性ゆえの面白い部分を凝縮している、俗に幼児性と呼ばれるものの象徴なんですよ。それと如何に向き合うかってのが本作の物語の筋なんですね。

その筋に対しお世辞にも話運びが上手いともギャグがいけてるとかは言えなかったんですけど、フラッシュ・ゴードンに会う場面だけは元ネタ全く知らないのに高揚感がありましたね。
ラストの話の回収の仕方はホント頭を使ってないご都合主義が過ぎてヒドイですが。



★☆

アナリシス
本作の下ネタはヒドイ。しかし過激ではない。
R15という制約のため、特に女子高生あたりには喜ばれるかもしれない。
しかしこの映画は下品ではあれど決して決定的瞬間を映すことはないのだ。
例えばウンコ。高校生には新鮮に映るかもしれない。
やべえウンコしたんだこの人(人んちの居間で!)、と。
しかしふつうの大人は既に出されたそれを見ても、ああ・・・ふつうに擬似ですよね、くらいしか思うことはないのである。
出すなら、出す、瞬間を映す。それが大人です。
オッパイにしてもそう、決定的カットがない。いいんですか?大人になるっていうのはそういうことなんですか?製作者に聞きたい。
そういう中途半端な立ち位置でテーマも何もかも有耶無耶にしていいんですか?
いいわけがない。本作はR18エロに向き合って製作されるべきだった。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
115位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。