スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PS3】BIOSHOCK infinite

Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)
(2013/04/25)
PlayStation 3



BIOSHOCK infinite

難易度★★~★★★
理不尽度★

スチームパンクホラーFPSとして大ヒットしたBIOSHOCKシリーズの最新作「BIOSHOCK infinite」。

【あらすじ】
ニューヨークで探偵業を営むブッカーは、ある日「娘を連れてきたら借金を帳消しにしてやる」と持ちかけられる。
囚われの少女の手がかりを追って、ブッカーは単身、天空都市コロンビアに潜入する。
空に浮いた美しい楽園コロンビア、そこは預言者と呼ばれる独裁者が支配する世界だった。


BIOSHOCKシリーズは今作が初めてなんだけどものすごく面白かった。
シリーズ経験者にはけっこう評が割れているらしく、過去作は海底を舞台としたホラーだったのに対し、今作は天空が舞台なので全体的には明るめな傾向にある。
まあ同じ場所を何度も舞台にするには限度があるわけで、今作の試みは概ね成功だと思う(シリーズ初見だけど)。


BIOSHOCK世界のアメリカにおいて巨大な権力と科学力を発展させ、政府から独立した都市。
傲慢で独善的な白人至上主義と愛国主義。
仕事を競売で買う労働者達。
一見豊かで美しい都市が実は歪んだアメリカの歴史そのものというあたり、アメリカの別称とも言えるコロンビアの名は非常に印象深い。
(同じくアメリカを舞台にしたアサシンクリード3より上手くアメリカを描けている気がする。)

あと好きだったのが敵キャラ。
プレイヤーが戦うことになる敵の一つにモーターパトリオットという戦闘ロボットが存在し、ジョージ・ワシントンの姿を模したブリキ製の巨体で襲ってくる。
手にはクランクガンが装備され、背中には星条旗が翼のように掲げられている。
「私の目は預言者の目だ」、「自ら招いた事態だ」、「死は苦痛ではない!」、「祖国の為に!」、など非常にユニークなボイスを発しながら迫ってくる。
国威掲揚や敵への威圧を考えてデザインされているであろう姿は、いや、なかなかツボにはまる。


惜しい点はコールオブデューティーみたいな一本道形式か。
一本道は探索要素と相性が悪い。
ストーリー重視で見るにしても、物語の結末は複数広げられてもよかっただろう。
なにより一本道ゆえに一部にボリューム不足が見られる。
パワーアップ要素はほとんど満たされずに終わってしまい、最強と思われる鳥は出番が少なく、物語に緩急つけるためにもラストバトル並みの戦闘シーンはもっと用意されるべきだ。


★★★☆

その他
・パッケージがリバーシブルになっていてオシャレ
・回転フックで撲殺(?)するのスゴイ


スポンサーサイト

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

【映画】アイアンマン3

ロバート・ダウニーJrによるアイアンマンシリーズ第三弾。

アベンジャーズの件以降、いつまた宇宙人が攻めてくるかという恐怖にとり憑かれアイアンマンスーツを開発する日々を過ごすトニー・スターク。
敵のことを考えすぎてパニックに陥ることも多々あり。
今回はその障害を乗り越えることがアイアンマンに課せられたテーマとなる。
それに伴い今回はスーツを着る機会が少なく、生身で戦うシーン多めになっている。

それにしてもアベンジャーズの事件はトニー・スタークにとってそんなにトラウマものだったの?という疑問はある。
一方的に敗北を喫するなんてことはなく、逆に敵艦隊に致命的ダメージさえ与えてやったわけで、アイアンマンの活躍は巨大な成功体験として記憶されたってわけではないということなのか?
それともプレッシャーが大きくなりすぎて精神的に辛いのか?
いずれにしてもアイアンマンにしかわからない問題とはいえ気になる点ではある。

今回の悪役はなかなか無敵感があって強いんだけど、地味といえば地味。
マンダリンなんかはあんなので本当によかったんだろうか。


★★☆
1、2、3すべて同じくらい面白かった。

theme : 映画感想
genre : 映画

【Wiiウェア】LA-MULANA(ラムラーナ)

ニンテンドーWii及びPC用としてDL配信されているゲーム『LA-MULANA』(ラムラーナ)



難易度★★★★~★★★★★
理不尽度★★★★

月下以降の悪魔城ドラキュラ、メトロイドシリーズ、洞窟物語といった探索型のゲームが好みなので、評判の良いラムラーナにも手を出してみた。
この手のジャンルのゲームは、未知のフィールドを踏破したり、その過程で手に入れた道具で行き詰っていたフィールド探索が出来るようになるといった攻略過程が楽しい。

ラムラーナはジャンル:遺跡探検考古学アクションゲームということで、文字通り考古学的要素に富んでいる。
世界中のオカルトネタ遺跡ネタを詰め込み、プレイヤーにかなりの洞察力を要求する謎解きが豊富。
しかしながらその難易度は上に書いた一般ゲームと比較にならない難易度で。攻略サイト参照なしでクリアするのは何ヶ月かかるんだろうってレベルの激ムズ。

単純にアクションゲームとしても難易度は高いけれど、プレイヤーに理不尽な死を与える初見殺し、一度失敗すると二度と手に入らない貴重なアイテム、二度見するとゲーム難易度が10倍くらい上昇するトラップなど、プレイヤーの過失と言うにはあまりに理不尽な要素が数多く存在するので、ドット絵のかわいい見た目より遥かに難しいゲームバランスになっているという。

隠し要素的な強化アイテムをその都度全て回収していってようやくボス敵と互角に戦えるか否かのレベルになるという感じ。
単純なアクションゲームの腕の良さだけでは厳しく、ゴリ押しも通用しない事が多いので、ボス敵への正確な対処法を考えていく必要もあるのでパズルにも近い感触。

とにかく難しいんだけど、世界観やら仕掛けやら演出の作りこみは、インディーズの2Dゲームとしては最高レベルと断言できるので一見の価値あり。

友人は二度見トラップに引っかかったり取り逃しで詰んだりしてやり直し、攻略サイト見まくってようやくラスボスに対面しました。

theme : レビュー・感想
genre : ゲーム

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
129位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。