スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】アフターアース

で、アフターアースである。

今回のシャマラン映画は今までの流れとは大きく乖離するものだった。
というのはこれまでのシャマラン映画はほぼ完全にシャマラン脚本によるものだったのだが、今回はウィルスミスが企画してストーリーを持ち込んだというのだから大変だ。
なにしろウィルスミスは自己主張の強い俳優だ。あの『ジャンゴ繋がれざる者』でさえ主人公じゃないからという理由でジャンゴ役を降りるくらいなのだから、そうやって自分で自分を演出していこうと考える押しの強いウィルスミスを相手にしては、これまた映画内に密かに登場し続けていたシャマランも己の自己主張を抑えざるをえない状況になっていたんじゃないかと思う。

シャマランは爆発的大ヒットを記録した『シックスセンス』以降、シャマランマジックの応用を重ねた挙句、作品評価は落ち続け、『エアベンダー』では『SW:EP3』ほどの予算を掛けながらも最低映画と世間的に侮蔑されるという不遇に陥っている。
憶測ではあるがシャマランは監督としてはかなり厳しい位置に立たされているのではないだろうか。
だから今回ウィルスミスがシャマランに監督を頼んだのはシャマラン的にはうれしいチャンスと言えるわけで、ほぼいつも賛否両論(否が多め)のシャマランマジックを最低限度に抑えつつ、ウィルスミス&制作会社の意向をほぼ全面的に支持する形で映画を撮ったのではないかと思えるのだ。

実際にシャマランマジック的見せ場は限られており、冒頭のナレーション、ウィルスミスの幽霊化が際立ってしまう。
だから今回のアフターアースはシャマランマジックへの期待で観に行くのではなく、シャマランがウィルスミス親子に向けて誠実に仕事をしたという意味で、『オブリビオン』でのトムクルーズのように、今その俳優がどういう立ち位置にあるかで観に行くほうが視点が定かになると思う。

では結局今回のシャマランは何だったのって話だが、これはウィル・スミスが持ち込んだテーマが家族関係、親子関係、過去の悲劇と現在の危機、などとシャマランが得意とする題材に正しく合致していることに注目したい。
シャマランマジックを重点的に見れば本作は抑え目ではある。地味といってもいい。
しかし、シャマランテーマを受け継いだものとして見るならば、確かに正統性のある映画となっているし、ウィル・スミス親子の映画としては(ウィルスミス本人のあまり深く考え過ぎない軽いキャラからしても)その愚直さは確かにウィルスミスらしいと言えるものだった。


ただ肝心なのはこの映画が売れるのかどうか?という一点に尽きる。


★★
良い映画です。(地味だけど)


その他
個人的な要望だけど、地球探検ではもっと多様性に富んだ環境を見せて欲しかった。
危険だけど『人間を殺す為に進化した地球』というキャッチコピーが詐欺になっている。
それと冒頭幽霊化の見せ場の印象が強いために、それ以降が弱い。
終盤にもっと怒涛のシャマランマジック殺戮シーンを演出してほしいと思った。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

シャマランのすごさとは何か

シャマランは「奇跡」の演出家である。
スリラーモノで有名過ぎるシャマランだが、彼の真骨頂は奇跡を起こすことである。
彼のこれまでの監督作品「アンブレイカブル」、「サイン」、「ヴィレッジ」、「レディインザウォーター」、「ハプニング」、「エアベンダー」まで、神がかった奇跡演出は他のどんな映画監督にも真似できない境地に至っている。
シャマランの映画の語り口は至極真面目で途方もなく真剣である。
まるでマイケル・ジャクソンが世界平和の実現を本気で夢見ていたように、シャマランの語り方もまた本気で世界を変えられると確信しているほどの真剣味なのである。
だが、彼が真剣になればなるほど、扱っている題材や日常に起こる奇跡演出の際立ちによって、彼の映画はよく、大変真面目な顔してかます渾身のボケとして成立するのだ(シャマラン的に織り込み済みかどうかは定かではない)。

エイリアンの侵攻、スーパーヒーローの誕生、宇宙人の侵攻など、現実を基準に考えればくだらない題材かもしれない。
現実にそんなことが起こったとして、まともに受け止める人なんて皆無だろう。

しかしこれがシャマランマジックを通すといかにも古いB級映画の題材を扱いながらも、極めて現実的な視点で物事が進行する。
アンブレイカブルではいきなり生存者であり、サインではいきなりミステリーサークル、レディ・イン・ザ・ウォーターに至っては精霊界と人間界が存在して二つが一つにならないと世界は救われないなどと冒頭にて宣言する。
わざわざ『これは現実である』と宣告するでもなく誰かのツッコミを受け止めるでもなく事態は容赦なく進行する。
既に、経緯はどうあれ、結果は、『そうなっている』ことが示されているのだ。
あり得ない光景。だが紛れも無い現実。
この超現実こそがシャマランの最強のマジックなんです。

ただし、そのあまりに現実離れした現実を見せられた人の多くが現実を受け止められずに脱落していく。

『バットや水で死ぬ宇宙人なんていねーよ!』

『なんであんた(シャマラん)が預言者なんだよw』

『風で死ぬわけないじゃん』

実際に宇宙人を見たこともない人が宇宙人が水で死んでる映像を見てんなわけ無いと背を向けてしまう。
シャマランにとって不幸だったのはメジャーになったシックス・センスだろう。
あのどんでん返しによって、以降多くの人が騙されないぞ!という視点でシャマラン映画を見たに違いない。
催眠術もかかるまいと最初から心に障壁を作ればかからないという。
まずは前提を信じることから始めなくてはいけない。




シャマランのエアベンダーは『これは現実だよ』ってのを全編通してやり込んでいる超現実シーンの連続だったのがスゴイ。
例えばブーメランって投げて当たったらふつうそのまま落ちるんですよ。戻ってこないんです。
エアベンダーでは当たってもちゃんと戻ってくるんですよね。さり気ない奇跡演出です。

theme : 心に残った映画
genre : 映画

【映画】ラストスタンド



映画は公開から一ヶ月も過ぎれば大概上映終了してしまう。
今回ラストスタンドはギリギリ最終回でようやく観ることが出来た。
客は自分以外に二人しか居なかった。
昔のシュワルツェネッガー人気を知っているので、もっと早くに観に行ってシュワちゃんが支持されている光景を見たかったと少し思った。また次の機会に活かしたい。

アクションは全体的によかった。
シュワちゃんは老いているのでもう昔みたいな俊敏かつマッスルな動きはできなかったけど、その分傷を負っても根性で頑張るスタイルだった。

今回のシュワちゃんの敵は麻薬王でFBIに捕まってたんだけど移送中に脱走してそのまま時速300km以上で走るコルベットでメキシコに逃走する。
シュワちゃんの住んでる田舎町が最後の防衛ラインなので、保安官数名とともに麻薬王&その仲間たちと戦うことになる。
麻薬王の脱走計画があまりにも緻密かつ大規模過ぎて、いったいどれだけの金を掛けたのか、掛ける価値のある人間なのかと思った。
逃走中に警官を十数名軽く殺害しているあたり、彼らの本気が伺えるのでとにかくこいつらは絶対に逃せない悪人というのはわかる。
しかし国境付近で橋を架けてた連中と、脱走を直接手伝ったニンジャマン連中は別のグループだと思われるので、最初にぶっ殺された警官たちは犬死に感あった。
終始マヌケなFBI指揮官は責任をとっていただきたい。
敵の圧倒的悪&クズさに対してシュワちゃんはひたすら保安官の仕事に忠実だったのでかなり落ち着きがあり、シュワアクション全盛のようなカタルシスに欠ける気がしないでもない。
次回はもっとアクション&バイオレンスに攻めていってほしい。もう65だけど。



★★★

脱獄モノに出過ぎキャスト1名。

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1973位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
164位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。