スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】パシフィックリム、ホワイトハウスダウン、マン・オブ・スティール、風立ちぬ

【パシフィック・リム】
評:★★★★
日本の特撮・アニメが抱いてきた巨大ロボットVS怪獣の夢を、ついにハリウッドが映像化して手柄にしてしまった。悔しい。
巨大ロボットは人類の夢だなあとしみじみ思った。
傑作。


【ホワイトハウスダウン】
評:★★★★
ここ10~20年ほど、マイケル・ベイと並んで「ハリウッド映画にありがちなこと」を代表するローランド・エメリッヒ監督。そろそろ破壊の方法論を身につけてきたのか、ドリフのコントをイメージさせるような爆発オチを二段三段四段と上手く重ねている。
ホワイトハウス=アメリカ政府中枢を不謹慎なまでに破壊し尽くし、全国中継の鬼ごっこ、まさかの大統領交代劇、放火しまくる主人公、最後に輝く星条旗などと、シャマラン映画で観たかった要素がてんこ盛りである。
傑作。


【マン・オブ・スティール】
評:★★★
映画前半をばっさりカットすれば完璧。
海猿みたいにどうでもいいことを長々見せるザックスナイダーはやはりロクデナシだと思った。
一瞬一瞬の画は悪くないけど語りすぎるせいか予定調和というか既視感がある。
結局、全部語るってことは観る人が想像できる部分を奪うってことだから、もう少し仄めかす程度の演出がほしい。
そういえばリュック・ベッソン(というかメビウス?)の中で一番よく出来た映画「フィフス・エレメント」は話自体はけっこうしょーもなかったりするけど、話の背景にある侵略・破壊・滅亡とかいう危機感は、妙に格調高くてかつポップなオペラの中でフラッシュバックしてたのがよかった。ちゃんと背景にあった出来事をイメージさせる余裕があるってのは重要だと思う。
マン・オブ・スティール、後半の戦闘シーンだけは100点。


【風立ちぬ】
主人公の妻が山の病院にこもり、雪の降る中ガマン大会をしているところが面白かった。
主人公が病気の妻の隣でタバコを吸ってイヤガラセをするところが面白かった。
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
138位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。