スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】マレフィセント

いつもの自分ならまず観に行かないであろう映画「マレフィセント」を見る機会があった。

ナレーションだけで物語の重要な起点をことごとくカットしていく手法が恐ろしく暴力的。

マレフィセントがなぜ悪になるのか。
その過程は絶対に必要なはずなんだけど思いっきりスルーされている。
過程をすっ飛ばした重要な点は大きく二つあると思う。

1・マレフィセントが最強になるまで
2・少年が野心を抱くまで

1アニメーションでならそのままで問題ないだろうけど、実写になるとさすがにキツイ。
まるで邦画の下手な原作リメイクを見ているような気分にさせられる。
ロリ妖精がナレーションを挟んで最強のスーパーサイヤババアに変身する繋がりのなさに、明らかに映像が耐え切れていない。

2貧乏な少年が王室に近づくのは並大抵のことではないはず。
しかも貴重な指輪を棄ててまで会いに来るような少年が王を目指すほどの野心を抱き、親友の身体をもぎ取る犯罪に至るには、それこそ何かとてつもないきっかけがあったと考えるべきだ。

特に二つ目はその後の展開全ての原因だ。
この世に悪が存在するという理由になるはず。

でもディズニーはそれらを描写しない。
必要だと思っていないから。自分たちの正しさや強さや美しさが真実だと思い込んでいるからだ。
ディズニー映画はその感覚が下品さとして現れる。

王になったかつての少年を単純に「悪」と切り捨てて、最後は誰もその存在に責任を取りたくないから一番嫌な死に方をさせてしまう。
そのどうしようもなく無自覚で絶対的な暴力を振るうこの映画は子供には見せるべきじゃないな~と、思いました。

評:☆

ディズニー映画には元々そういう下品さはよくある。
美女と野獣のイケメン人間などは特に度を越していて面白かったけど。
スポンサーサイト
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
118位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。