スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】スコット・ピルグリムVSザ・ワールド のダメなところ

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [DVD]スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団





『スコット・ピルグリムVSザ・ワールド』を見たよ。
邦題は邪悪な元カレ集団だったけど。

はっきり言って駄作すぎて最低の映画でしたね。
わざわざ公開希望の署名までした俺は本当に馬鹿だった。
本当に後悔してます。

本作は様々のゲームのパロディやオマージュを散りばめてオタク受けを狙ってるんだろうけど、全体的に言えるのはゲーム的表現ってそういうことじゃないだろってこと。
確かにこの映画にはゲームの音楽やレベルアップ表示や漫画の効果音表示が出てきたり、残尿メーターとか敵撃破時にコインが散ったりと色んなゲームから引用されたネタが存在する。
ただしそれらは全く効果的に機能していません。
ゲームから引用してもこの映画にはゲーム性は一切ありません。

まず主人公がラモーナという女に惹かれ付き合うも、彼女に振られ怒りの執念を燃やす元カノたちが徒党を組んで恋路を邪魔しようとするのはいいとして、いざ闘いとなると冴えない主人公が急に格闘技術使い始めるのが理解できません。
そんな能力どこにあったの?と、言いたくなります。
ゲームの基本は操作です。
主人公のポテンシャルがまったくわからないのに話だけは勝手に進んでいくのはよくありません。

それから勝利条件や目的がかなり曖昧なのが良くないです。
なんだかんだ理由をつけては元カレどもが挑んできて、主人公もそれにあわせて戦って「VS」とか分割画面とか使って格闘ゲームみたいな雰囲気になるんですが、倒し方が適当すぎます。
ほとんど気合だけで勝利を決めてます。
せめて体力ゲージくらい表示したらどうでしょうか。

残尿メーターだってもっと何度でも使いどころがあると思うんですよ。
小島秀夫監督が作った世界最高のアクションゲーム『メタルギアソリッド』ではムービー中に主人公が体験する出来事によってスタミナメーターが下がるなどの演出がされています。
この映画ではそうした様々なネタは一回出してそれで終わりです。
なぜもっと使いどころを考えないのでしょうか。
コンティニューも唐突すぎます。
残機くらい最初から表示するという発想はないのでしょうか。

結局なにをやっているのかわからないままに勝手に物語が進んでいくというのは、世間一般的にいうクソゲーという称号が相応しいと思います。
この映画に比べるとどんな映画でも大抵ゲームゲームしてるなとさえ思えてしまいます。
例えば今度自伝を出すとか言ってるアーノルド・シュワルツェネッガーの『トータル・リコール』は序盤で本人のムキムキの肉体を全面に出して「これが俺の武器だ」と主張します。
『コマンドー』もまた元グリーンベレーの筋肉モリモリマッチョマンの変態ということをアピールしつつ、最終目的は敵のアジトに潜入してテロリストを倒し、宿敵と決着を着け、娘を救出するというスーパーマリオくらいわかりやすいストーリーですね。
『バトルランナー』に至っては完全に映画の中がゲームです。
ランニングマンというわけのわからん殺戮ゲームの獲物として拉致され、殺人鬼から逃げまくるという素晴らしいゲーム性ですよ。
最終的には主催者による八百長が発覚するという凶悪さの見せ方も良かったし。
脱線して趣味の話をしてしまったけど、スコピルはそういう映画のことをもっと見習ってほしいですね。



(だいたい主人公が童貞じゃないっていう時点で緊張感がないですね)
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

あはは、

あはは、『スコット・ピリグラム』、achiさん的にはダメダメでしたか。笑。
自分もそれなりに期待して観に行ったので、ちょっとなぁとは思いましたが。

でもこういった、映画秘宝で特集を組まれるような映画が近場で公開されるときは出来るだけ観に行こうと思っています。
何となく、俺が観に行かないで誰が観る?みたいな使命感に駆られるんですよねぇ。
といいつつ、『プリースト』も『ピラニア3D』もスルーしそうなんですが。。。

完全にダメでした

期待していた分、公開時からの悪評を聞いて悪い予感がしていましたが、やはり駄作と確認する作業になってしまいました。
全国公開されない映画は貴重ですが、今回ばかりはちょっと酷過ぎましたね。
自分はこの映画を持ち上げていた映画秘宝の評価を少し下げることにしました。
あんたらはボンクラぶってたらそれでいいのか?と。

映画はやっぱり期待値が高くなると観に行きますね。
あとはたまに気まぐれで普段観ないものを観に行きます。
これがいい感じに面白い体験が出来るからいいんですよね。
『プリースト』も『ピラニア』もこちらでは上映されなかったので観ませんでした。
その割には同じ映画の2D字幕、3D吹替、3D字幕とかやってたりするから嫌なんですよね~

これはね

ゲームあんまりやってない人がなんとなく作ったんでしょうね。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』でプレステやってたけど、結局バイオやってただけだと思うんですよね。
やっぱ鉄拳とかスト2とかやってないとダメっすわ。
ゲームは奥深いですから、ただ表面だけパロっても底が見えちゃうんですよ。
ポール・アンダーソンくらいやりこまないと。

にわかゲームファンが思いついたネタを適当に入れ込んで満足してるんでしょうね。
本当にゲームが好きならこんな滓みたいなものは作れないでしょう。
企画だけならもっと面白いものが作れそうなんですけどね。

格闘ゲームを装うくせに肝心な部分で一切オマージュ出来ていないのもダメでした。
スト2のような個性、固有の必殺技、その破り方、攻略方法とか全然工夫がないあたり、作り手の苦労のなさがうかがえますね。

ポール・アンダーソンもかなり適当なヤツですけど、彼の作ったモータル・コンバットは細かいところにちゃんとゲーム内の技を取り入れているので比べられませんね。
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
118位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。