スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェル・ウォーズ

エンジェル ウォーズ Blu-ray & DVDセットエンジェル・ウォーズ





ザック・スナイダーってどういう人なんでしょうかね。
オタクとカテゴライズすることに問題はないと思うんだけど、どっか軽薄さがあるよね。

『エンジェル・ウォーズ』はとにかく映像だけは抜群にすごかった。
飛び交う銃弾や剣戟を回避して相手の懐に飛び込んで攻撃する一連の流れ、インパクトの瞬間がスローで流れるのってすごく爽快なんですよね。
ザック・スナイダーはとにかくそうした一コマごとにインパクトある映像を作る能力にかけては抜群に威力を発揮する。
発揮するんだけど、映像の見た目がどれだけ凄かったとしても、その映像にはほとんど意味がないし何一つとして必然性がないという。
たぶん本人が効果的に使っていると思っている現実世界と妄想世界の因果関係は驚くほど機能していません。
ザック・スナイダーがしたり顔で見せてくる妄想世界のサムライ兵や鉄騎隊やドラゴンたち、それらにはまったく象徴性がありません。
それどころか主人公の少女が妄想で作り上げる必然性が皆無なんですね。
で、なんでそんなものを出してしまえるのかといったら監督がきっとそういうキモイ趣味をしてるから、いや、趣味の愛で方がキモイからなんでしょうか。

妄想世界はゲーム的な素材で作られてはいるものの、スコピルと同じくまるで機能していません。
ゲームの表現に憧れてそうした数々の素材を持ち込んできたのかもしれませんが失敗しています。
映画の中の意味のない戦闘を見せられるのが苦痛なのに対して本物のゲームならアクションにフィードバックが得られるので、この物語はゲーム媒体で作れば成功する見込みがあったかもしれません。

あと、ラストのどんでん返しを装ってるやつも意味不明ですね。
そんなメッセージ性とか余計にどうでもいいですから。


昨年10月の映画秘宝で『本当に見たい洋画特集』をやってて、その中で『エンジェル・ウォーズ』が2番手に書かれていたんだけど、よくもまあこれを推せたなあと思いました。
まあ『エアベンダー』をこき下ろしたり、はくさい5位にしちゃうくらいだから映画秘宝でもやっぱ信用できないところはあるよね。



(ビョークさんに3点)


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

ありゃま。

『スコット・ピルグリム』に引き続き、『エンジェル・ウォーズ』もachiさん的にはダメダメでしたか。笑。
自分も目茶目茶好き!!ってわけではないですが、『スコット~』ほど積極的にダメだとは思わなかったかな。
特にこの作品を深く考察しているレビューを読んでからは。
http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20110418
まぁでもやっぱりわかりにくすぎますよね。笑。

スコピルと同じレベルでワーストクラスでした

完全にアウトでしたね。
特にこの感想を読んでから・・・ということもないですが、自分にとっては超最低の映画という称号を与えるに相応しい作品でした。
http://ameblo.jp/his0809/entry-10863574452.html

この映画には深く考察するほどの価値もないですよ。
インセプションのような多層構造を持っているというのはむしろ混乱を招くだけの余計な仕掛けでしたし、なによりも本気で作ってないってのが一番に伝わってくるからですね。
この映画はたしか対象年齢を下げるために性的表現は極力排除し、登場する敵はすべて人外のクリーチャーです。
現実の過酷な体験がどうやったらあの戦場に変わるのか、自分にはどうしても関連性を見出せません。
巨大なサムライメカや蒸気機関の兵隊ゾンビやアイ・ロボットに少女が体験した恐怖の肖像は全く感じられません。
それどころかアクションがヘタクソなんですよ。
戦場のどこで何が起きていて、敵が今こう動いたからこちらはこう動くという知識が完全に欠けているんですよ。
その場その場でいい絵になることしか考えていないというのがわかります。

結局、妄想世界自体も少女戦士たちもモンスターも、そういうのに反応するオタク受けを狙っただけのものにしか見えないんですよね。

記事に書いたことを反復する内容になってしまいましたが、要はそれだけこの映画に腹が立ったということですね(笑)

それと

戦場への逃避→売春宿でのダンス→性的暴行の告白という解釈ですが、あの構成ではちょっと受け入れられないですね。
素材の温度が違いすぎて陳腐に見えてしまいます。
デヴィッド・リンチならもっと丁寧に作りそうですね、扱う素材はともかく。

俺は大好きだお!

『エンジェルウォーズ』の面白さは、その①「パターンの繰り返しによるグルーヴ感」②「ロックをそのままヴィジュアル化した抑揚のあるイメージシーン」③「オンナが戦争に参加しているという直接的なエロス」④現実世界と脳内世界を行き来しているファンタジー感

つまりこの作品は完全なるハウスミュージックなんです。
CM監督の手がけた一瞬一瞬のインパクトを、ロックのグルーヴと共にひとつの映画にリミックスしているような感じです。

よって、今までにない「新しい映画」と見ることができます。
ニューウェイブです。
だから俺はとても好きな映画ですぜ。

デヴォ殿、そうなんですか?

たぶん俺はビジュアル作ればディテール無視というのが許せないタイプです。

だからこの映画はGOEMONに近いくらい適当で嫌な映画に見えたなあ。

こういうのはやっぱりゲーム媒体で作るべきだと思う。



精神世界の話だと『マルホランド・ドライブ』が好きです。
音楽と不気味な重低音のサウンドが一体化したあの世界は音楽としても映画としても最高ですね。
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
141位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。