スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】インモータルズ

『インモータルズ』を観てきた。

うーむ、久々につまらないものを観てしまったなあ・・・という感想。
正直、見る価値のない映画だと思います。見なくていいと思う。
この映画は全てにおいて意味がなさ過ぎる。

あらすじ
・その昔天上で神々の戦いがあった。
・負けたほうはタイタン族として地下に封印されたという。
・紀元前1200年頃、人間の王ハイペリオンは神を逆恨みしてタイタン族を復活させようとする。
・王に母を殺された青年テセウスは王に復讐を誓う。


ツッコミどころ一覧
・神々の戦いというか神々が勝負を挑まれているというのになぜ神々(特にゼウス)は戦わないの?
・人間界不干渉の掟の根拠は?
・現状その掟を適用する場面といえるの?
・なんでごくふつうの青年に戦うことを期待するの?
・殺された母親を弔ってカタコンベに埋めたはいいけど、なんでそこに最強の武器「エピロスの弓」があるの?
・なんで巫女とセックスしてんの?
・弓を使う間もなく奪われるのはなぜ?ばか?
・ミッキー・ロークが些かも存在を疑わず且つ憎悪を燃やす対象である神々の存在を疑う奴がなんで封印の砦にいるの?
・あっさりと全滅する味方の司令官、混乱して逃げ惑う兵士(笑)
・特に高揚しない演説、のせられる兵士。
・封印解除したら弓の出番ナシですか?どこが最強の武器なの?
・タイタン族が全然タイタンじゃないのはなんで?ただの雑魚ゾンビ兵じゃん。
・スカウターで測ってもせいぜい戦闘力100未満の神々の実力(笑)
・砦を破壊できるなら最初からそうしろ!
・ミッキー・ロークと青年のプロレス


最初から神が世の中ちゃんと管理しておけば何にも問題は起こらないんですよ。
神官どもが拷問を受ける必要はなかったし、巫女の仲間が鉄の牛に入れられることはなかったし、青年の母が死ぬこともなかった。タイタンの復活もなかった。
最後の最後に出てきて全てをぶち壊して自滅して去っていく・・・って何がやりたかったんだ神々は・・・。


近年ギリシャ神話ものがけっこう作られてるみたいですがどれも全然いい評価もらってないみたいですね。
おそらく全世界で大ヒットした『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズに影響されただけの二番煎じに過ぎないからでしょうね。
ゴッドオブウォーのクレイトスなら今回出てきた神々、タイタン族、ミッキー・ロークなどは瞬殺してるでしょう。
クレイトス
(クレイトスさん)




スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

ありゃりゃ。

ありゃりゃ、『インモータルズ』、achiさん的にはダメダメでしたか。
自分はそれなりに楽しめましたけどね。

achiさんのツッコミポイントはまったくもってその通り!だと思いました。まるで自分が書いたもののようです。

あと、テセウスとオラクルがセ○クスしたのは、単にオラクルが欲求満々だったからだと思います。笑。

Re: ありゃりゃ。

いやーダメでしたね。
いかに『エアベンダー』が傑作であったかを思い知らされました。
手抜きでマヌケな作品と100%本気のマヌケには天地の差があるなあと思いましたね。

一応フォローしてみると、神々とは製作者そのものだと見ることが出来ると思うんですよ。
物語に好き勝手に介入する力を持ってはいるがある程度の決まりがある。
その一線を越えてしまうスタッフは監督かプロデューサーによってクビにされてしまうんですね。
そうなると、青年が巫女とヤるのは神々(製作スタッフ)によるテコ入れですね。
適当に作って面白くない物語をちょっとでもひきつけるための詐欺まがいのエロシーンを投入するわけです。
そしてその意図がすごくはっきりわかってしまう且つ安易過ぎるために逆に寒く感じるんですよ。
とまあここまで妄想して疲れました。
そう考えつめるほどのものでもなかったなと改めて思いました・・・。

マジすか!

俺にとっては面白くない要素のまるでない映画だった。

提示されているツッコミどころもさ、なんか別にどーでもいいっつーか、たぶん俺ストーリーに興味なかったのかもしんないけどw

兵士たちをアジるシーンはカッコ良かったよ。
アクションも完璧だったし、スローモーションの使い方も文句なし。

作り方に関してはクオリティ高すぎだと思う。

ツマンナイって人がいるのは、すごくびっくりだわ。

Re: マジすか!

マジです!

デヴォ殿が100人いたら100人くらい面白いって言うかもしれないけど、僕が100人いたら100人確実にわけわかんねーべ!っていいますよ。
それくらい自分の中ではダメさ加減ってのがわかってしまっているんですよ。
『マチェーテ』とか『スカイライン』見てるときには出てこなかった感覚が。

やっぱねー、思うんですよ。
いくら映像美とかゴア表現満載!っつってもそれだけだと萌えアニメに萌え萌えしちゃうのと変わんないじゃないか、と。
すごいもの出すなら少なからず物語と連動していてほしいんですよね。
片面だけクオリティ高くても逆にそれがアンバランス過ぎて、不真面目な方向性が変に気取ってるように見えるんです。

あとやっぱ『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズファンとしては映像が見劣りし過ぎに見えるんですよ。
残酷、筋肉、エロス、化物、神々、アクション、カタルシス、どれをとってもゴッドオブウォーに及ばない。
ゲーム業界の勢いを無視できない昨今にこれはないですよ。
監督はもっとゲームやったほうがいいと思う。
インド人ならもっとインドで葉っぱしゃぶったらいいと思う。
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
98位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。