スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】戦火の馬

『戦火の馬』
よく言われることでスピルバーグには『E.T』のような善人サイドと『シンドラー』のような超暴力ダークサイドという二つの面がある。
もちろん、ある作品がそのどちらかというわけでなく、作品の中でどちらの要素がより強いかという見方しかできないが。
娯楽映画の帝王と呼ばれるスピルバーグだけど、本質的には彼は誰よりも純粋に暴力を追及し、かつそれをエンターテイメントにまで昇華することのできる暴力の帝王でもあるんだよね。
特にその症状が深刻になったのは『シンドラーのリスト』によってアカデミー賞を奪取した年以降。
プライベート・ライアン、A.I、マイノリティ・リポート、ターミナル、宇宙戦争、ミュンヘン、インディジョーンズ/クリスタルスカルの王国・・・と恐ろしく邪悪な暴力の系譜が浮かび上がる。
そして2011年にクリスタルスカル以降ついに世に出た『タンタンの冒険』は打って変わって残酷を排した純粋な冒険のドラマだった。
暴力の連鎖の果て、ここに来て初期のインディジョーンズの娯楽性に回帰し、さらに子供がおもちゃ箱をひっくり返したような興奮に溢れる作品を作ってしまった。
いったい彼の懐の深さはどれだけだろうか。

そして『戦火の馬』である。
これは意外にも堅実な作品だった。
意地を張って買った馬が主人公の元から戦場に駆り出され行方知らず、幾多の人間の飼い馬となりやがては追ってきた主人公の元に戻ろうとする、非常に王道的な感動作である。
本作では戦場を舞台にしていながらも意外に心臓に突き刺さるような恐ろしい暴力は影を潜めている。
もちろん飛び交う銃弾で人がゴミのように死んでいくし、不意に湧く毒ガスで死人は出るわだし、軍隊は農家を食い荒らすわで、実際血も涙もないような場所なのだが、それでも本作が善人サイド寄りだと言えるのは主人公の愛馬が戦場を行く先々で心優しい「馬を大事にする人々」に出会うからだ。
戦場のような過酷な環境においても馬という生き物を愛でる人間もいるんだよという、ささやかな希望がクローズアップされている。
そういう意味で残酷さの目立ちにくい堅実な作品だと言えるだろう。

ただし、この映画において馬に関わった者は大概死ぬ。
最初に馬を徴収した軍人、次に馬の扱いの上手かった少年兵の兄弟、仲の良かった黒馬、農家の孫娘、主人公の同郷の隣人、それとたぶんラスト姿を見せなかったアヒル・・・。



★★★
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
98位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。