スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ジョン・カーター

カーター

その昔、日本映画で『北京原人フーアーユー?』という超大作映画があったと思う。
壮絶にかっこ悪すぎていまやデビルマンに並ぶ最低映画として邦画史に名を残しているが・・・。

ジョン・カーターという映画を観に行った。
予告編やタイトルの限りではまあつまらない映画だと思うよね。俺もきっとこれはつまらないだろうと思って断然スルーの予定だったの。『ジョン・カーター フーアーユー?』ってね。
しかし面白い駄作という評判を耳にしたので、こちらも足を出して観に行ったわけだ。

まず舞台は南北戦争時代なんだよね。
で、主人公は我らが本能に忠実な男、テイラーキッチュ兄貴=ジョン・カーター。黄金の洞窟を探すため軍役を逃れようと脱走しまくってたら、ひょんなことから火星に飛び立ってしまった!
火星には意外と酸素とか大気とかがあって普通に生きていられるらしくてラッキー!って感じの兄貴。しかも重力が地球より少ないから歩く時自然とスキップしてるんだよね、スキップバカ。ちなみにジャンプすると仮面ライダーみたいに跳躍できるぜえ。

さらに火星には文明もあった!ふつうの人類と変わらん勢力が二つあって争ってて、他には4つ腕のキモい戦闘民族が色んなとこに生息してるって感じ。で、人類っぽい火星人の片側に肩入れする神を気どった三人のハゲがいるんだよね。こいつらがたぶん他の未知なる世界からやってきたモノホンの宇宙人。なんといっても他人に成り代わるトランスフォーム能力があってしかも他人を操ったりレーザー光線やバリヤーまで出しちゃう恐ろしいハゲなんだよな。

基本的にジョン・カーターさんは戦争が嫌いだからさっさと黄金手に入れて家に帰りたいなーと思ってるわけ。だから火星人同士がやたら戦争しててもジョン・カーターさんはその場のノリでしか戦わないの。めんどくさいし。でも火星の王女(32)に私のために戦って!と説得されてしまうのでイヤイヤ戦うことになるんですね。ジョン・カーターさんはお人よしなのでけっこうヒドイ目にあってもこうやってみんなのためによくしてくれているんですよ。正直、自分なんかは火星で何が起ころうとどうでもいいし、そんなことより家で映画でも見ているほうが気が楽じゃないですか。その点ジョン・カーターさんはけっこう立派ですよ。

ジョン・カーターさんはバカだけど勘はいいので、ハゲが悪いってことによく気づくんですね。もちろんハゲもバカじゃないし頭はいいのでジョン・カーターは地球人だとすぐに気づくんですね。やっぱ怪力の地球人がいたらハゲ軍団にとっては火星支配の邪魔になるじゃないですか。そんなわけでジョン・カーターはハゲを探し、ハゲはジョン・カーターから逃げつつも殺そうと企んでるんですねー。
はー、どうでもいい・・・w


今回の宇宙人の凶悪レベル
★★★★
文明の中枢から操るという意味では鳩山由紀夫氏に並ぶ凶悪な宇宙人であることは間違いない。また不老であり、数々の魔法とも呼べる能力には人類は未だ対処する能力を持ち合わせていない。弱点といえば極少人数しか存在しない繁殖能力の低さと南北戦争時代のピストルでも簡単に死んでしまうところだろう。


★★★
(製作者はファイナルファンタジーが好きなんでしょうね。)


スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

No title

いいなー。観たいなー。

ジョン・カーターさんは、なんか相当なバカなんだね。

バカが主人公で、話もなんかしっちゃかめっちゃかだし、そんな映画をウォルト・ディズニー生誕110周年記念とか言って大々的に公開しちゃってるるぐらいだら、コレは絶対にオモシロい。

しかも、「110周年」って意味もなく10周年を記念しちゃってる部分が本当にどうでもよいから、文句アリの傑作だと思う。

まだ観にいけてないよ!

Re: No title

断然、ジョン・カーターさんはバカですよ
テイラーさんの役者人生はもう決まりですね。

ウォルト・ディズニー生誕110周年記念って全然記念じゃないもんね。
120周年のときまたなにかやるんでしょどうせw

100周年の時もなんかやったんだろうけど特に記憶にないw

No title

うわあ観たいなあ。
ドラえもんみたいなハナシですね。
宇宙開拓史。

コーヤコーヤ星に行っちゃった感じに似てるねえ。

ジョン・カーターさんは華がなくていいなあ。
ニコケイっぽさがあって、なんか大物になりそうな予感。

来週から面白そうなやついっぱいやるからたぶん観ないだろうけど、観たいという気持ちはホンモノ。

映画料金が500円で上映時間が深夜まであればたぶん観に行く。

Re: No title

>デヴォン殿
忙しかったから返事おくれました。

まあドラえもんみたいな話ですよ。たぶん。
争ってるやつらをまとめて、黒幕を倒すっていうのはドラえもん王道パターンですよね。

ジョン・カーターはいいですねえ。
今のところ雰囲気が単純なのが残念だけどそのうちニコケイ的なスター性獲得できるといいですね。

500えんだったら断然もっと観に行きますよ。
観に行きたい気持ちは本物だけど料金の高さが観に行くハードル上げてますよね。
だいたい1500円とか中学生や高校生は小遣いで観に行けないじゃないかってレベルだもんね。
アホかといいたい。

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
140位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。