スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録

3月あたりから地味に読み重ねてきた本について。
今回★の数はどれだけ個人的に気に入ったかの指標なので参考にしないほうがいいよ。

『怪盗ジバコ』 北杜夫
★★
世界最高の大泥棒ジバコの活躍を描く娯楽小説。不可能を可能にする泥棒とかいうレベルではなく、そもそも最初から不可能はなくて、変装も鍵開けも余裕というか最強過ぎる設定なので、ジバコの活躍というよりは、ジバコの騒動に巻き込まれた人の話になる。面白かったけど内容は大体忘れたw

『蟹工船』 小林多喜二
★★☆
蟹工船で監督官の支配の下、過酷な労働を強いられる労働者が最終的に反乱を起こす話なんだけど、人が何人か死ぬまで全然動こうとしないというのがすっごくイライラさせられる。しかし今も昔も日本人ってそんな感じなんだよなあと納得した。

『十角館の殺人』 綾辻行人
★★☆
『迷路館の殺人』 綾辻行人
★★☆
すごいなーそんなトリックがあったかーなるほどーおもしろい。

『熊の場所』 舞城王太郎
★★★★
短編三作。表題作、熊の場所がとても面白い。小学生の主人公の視点の文章がやけに軽快で読みやすい。時に不気味なミステリーやバイオレンスを挟みつつも独特のギャグの冴えは秀逸で、その辺のバランスが舞城王太郎さすがだなあ、と感心する。軽快だけど地味に心に残る話だったりもするわけだしね。

『砂の女』 安部公房
★★★
砂の侵食に耐える集落の一角に監禁された男の話。人は生活に困らない一定レベルの環境が与えられればそこに馴染んでしまうというのはわかる気がする。経済の成熟した日本においては住む価値の無いド田舎でも、住んでいる以上そこに釘付けにされてしまうのは確かだろう。

『屈辱ポンチ』 町田康
★★☆
『夫婦茶碗』 町田康
★★★★★
どっちもかなりふざけた小説で、面白すぎて仕事中に笑いを堪えるのが大変だった。特に『夫婦茶碗』に含まれる『人間の屑』がすごすぎる。物語としては太宰治の『人間失格』に近いのだが、テンションに月とミトコンドリアくらい差があって、どうしようもなく悲惨な方向に展開していくのに笑いを禁じえないのは何故なんだろうか。碁石トラップ、変死体、ジャンボプリン、アナルインパクトなどの特徴的なモチーフから発せられる渾身のギャグに打ちのめされること請け合い。爆笑必至。

『量子宇宙干渉機』 ジェームズ・P・ホーガン
★★★☆
生物そして人の進化のメカニズムは実は平行宇宙との干渉にあったのだ!という大胆な仮説を元に、別宇宙への意識の移動を可能にする機械が発明された。中盤以降からは平行世界への移動技術を巡る科学者と軍の高官による政治的闘争劇に転じ、最終的には戦争にまみれた現在の世界を完全否定するという着地点に至りすごく感心した。

『山ん中の獅見朋成雄』 舞城王太郎
★★★★
獅見朋成雄という中学生がアイデンティティを確立する青春小説・・・かと思いきや、ミステリーなりホラーなりバイオレンスだの食人だとか気色悪い雰囲気になってきて、それでも話の筋は通っているしギャグは冴えてるしで断然面白い。さくっと人が死んだり、かなりどうでもいいことを真剣にやっているところにツボっちゃうね。

『夏への扉』 ロバート・A・ハインライン
★★★☆
革新的な家庭用ロボットを開発した研究者が友人の裏切りにあい、失意に打ちのめされて数十年先の未来まで冷凍睡眠で移動する。全てを失いコテンパンにされるも、未来において過去の功績が役に立ったり、何かと運がよかったりで、最終的に知略を尽くして過去の清算をするという清清しい物語。SFの中では小難しくないのでかなり読みやすいと思う。

『権現の踊り子』 町田康
★★
短編集なのでちょうど盛り上がるところで終わってしまうのが残念。『浄土』の方が面白かったような気がする。

『バトルランナー』 スティーヴン・キング
★★★★
シュワ映画化もされたSF小説。映画とは全くの別物。政府とテレビ局がつるんだ過激な番組「ランニングマン」による殺人ゲームによって、民衆が盲目的な狂騒によって管理される社会。映画のような変態殺人鬼は出てこないが、良心の失われた社会体制の下で多くの人が理不尽に死んでいき、ハンターたちと主人公の間で緻密な頭脳戦が繰り広げられたりする。
映画版との最大の違いは、終着点が911テロを彷彿とさせる壮大なカタルシスで終わるところが面白い。今後のリメイク映画化がありえないことは確信を持てる。テレビ批判の作品なので映画版もテレビではもう放映されないんだろうな。

『謎の彼女X』 植芝理一
★★★★
この漫画は友達に誕生日プレゼントとしてもらった。
机に残ったよだれを舐めるとか、目隠しをした相手の前で全裸になるとか、一見変態と思わしき行為だけど決して変態じゃなくてむしろ純情なのが面白い。相手に何かを伝える時にはそれにふさわしい方法が確かにあるのだなと思った。そういう恋っていいな~。残念なのは巻が進むにつれて独特の画風がスポイルされていって、最新刊近くではかなり投げやりな絵になっているという点。特に目の回り手抜き過ぎじゃないですか?作者にどんな変化があったんでしょうかねー!?

夫婦茶碗 (新潮文庫)夫婦茶碗 (新潮文庫)
(2001/04)
町田 康

商品詳細を見る

熊の場所 (講談社文庫)熊の場所 (講談社文庫)
(2006/02/16)
舞城 王太郎

商品詳細を見る

謎の彼女X(1) (アフタヌーンKC)謎の彼女X(1) (アフタヌーンKC)
(2006/08/23)
植芝 理一

商品詳細を見る



スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
98位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。