スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメコミ】ウォッチメン

WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (ShoPro Books)
(2009/02/28)
アラン・ムーア


ザックスナイダーによって映画化もされたウォッチメンの原作を読んだ。
本の分厚さとかなりのテキスト量から一日がかりでした。
アメコミの到達した頂点と言われるのも納得します。
恐らくこれ一冊でアメコミ史を名乗ってもおかしくはないように思われます。

物語はかつてヒーロー活動をしていたコメディアンという人物の死から展開していくのですが、ヒーロー殺しの真相を追うミステリーかと思いきや、かつてのヒーロー活動の歴史を時代背景を同時に描きながら振り返り、同時にそれが現実のアメコミを俯瞰した内容にもなっているんですね。
もう一つのアメコミ世界を一から作り直すような驚異的な力の入れようなので、現実へのメタ視点が徹底しています。
ヒーローの誕生、ヒーローチームの誕生と衰退、スーパーヒーローの誕生、冷戦下のヒーローの扱い、極めつけは本書の核心に触れるネタなんですが、これが「どうしたら世界が平和になるのか?」という問題にこれまで多くのコミックがやってきたことを本気でやるんだから驚きます。

マンハッタン

個人的に興味深かったのがウォッチメンの中で唯一本物の超能力をもつスーパーヒーロー、Dr.マンハッタン。
彼は一度原子レベルで肉体を粉々にされた結果、自分の肉体や他の物体の原子を自由自在に再構成することが出来、また自在にテレポートして移動することが出来る最強無敵の能力者です。超大国の軍事力に匹敵するパワーの持ち主ですが、それゆえに冷戦におけるアメリカの切り札としても使われます。
スーパーヒーローが政治的な役割を背負う状況も面白いのですが、Dr.マンハッタンが宇宙と同化したような世界の認識の仕方が大変興味深いです。
彼は時間について過去・現在・未来が存在するのではなく、全ての時間は同時に存在すると言います。
あるコマで彼は未来の出来事を幻視し、またあるコマでは過去の自分が未来の自分の言葉を喋り、また一つの出来事の流れとその過去の出来事の流れがバラバラにかつ同時に進行しているように意識している場面すら存在します。これはどうやら全ての時間を、彼の意識が点から点へと移動するように自由自在に駆け巡っているんじゃないかと思われるんですよね。
このアイディアは小林泰三の玩具修理者という本でも読んだことがあります。
初出が気になります。

本書を読んでみると映画版が一部酷評されるのも頷けます。
コミックとはいえ読めば長編小説と同じくらい時間をとられる本作品をたった3時間に編集してしまうのは誰が監督しようが困難を極めます。状況を理解して飲み込んでいくために、時折読み返すこともある12の章をノンストップで流されてはとても話についていけない。本作の功績に報いるためにもせめてドラマ化か3部作でやるべきだったのでは?と思えてしまいますね。

この本は映画『ダークナイト』のように昨今の正義を巡る題材として決して見逃せない作品であることは間違いないです。今後百年後も残り続けるコミックだと思います。
アメコミの歴史を辿ると言う意味では初心者にもおすすめできますが、ある程度アメコミを読み込んでから手に取るとこの本自体は格段に理解しやすくなるんじゃないかなあ。
スポンサーサイト

theme : アニメ・コミック
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
141位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。