スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメコミ】フラッシュポイント

フラッシュポイント (DC COMICS)フラッシュポイント (DC COMICS)
(2012/05/19)
ジェフ・ジョーンズ

商品詳細を見る


2011年にアメリカで刊行された『フラッシュポイント』を読んだ。
(日本では2012年5月に刊行)

日本語に翻訳されたものはヴィレッジブックスから3000円くらいで売ってますが、原書だとアマゾンで1300円くらいで買えました。
しかも表紙表面が硬いハードカバーです。ヴィレッジから出たものはたしかペラペラだったと思うんですが、半分以下の価格でこの質はいい買い物だと思います。
英語も決して読めないほどの量でもないし、話がそう複雑ではないのでDCコミックの主要なキャラクターを理解している人なら原書で買ってもいいんじゃないかと思いました。

カバーをとった表紙
フラッシュポイント

あらすじ
世界最速の男の名を欲しいままにしてきたフラッシュことバリー・アレン。
ある日、まどろみから目覚めた彼は、かすかな違和感に眉をひそめた。
いつもの見慣れた光景のはずなのに何かがおかしい……。
やがて彼はその真相を知る事になる。
彼がまぶたを閉じていたほんの刹那に世界は姿を一変させていたのだ。
この世界には、ジャスティス・リーグもスーパーマンも存在しない。
アクアマンとワンダーウーマンは世界の覇権を懸けて死闘を繰り返し、人類を破滅の瀬戸際に追いやっている。
そして、バットマンは……。
(amazonの紹介欄より)

言ってみれば『涼宮ハルヒの消失』みたいなストーリーです。
何もかもが変わってしまった世界で、自身の能力も失ってしまったフラッシュが協力者を探し、世界を元に戻そうと駆けずり回るという話です。
アクアマンとワンダーウーマンのせいで人類が危機に立たされているので、ハルヒの消失より断然世界を元に戻す必要性がありますね!(消失はあの世界線でオッケーです!)

フラッシュポイントは世界がいかに変わってしまったのかというのが一つの見所でもあるので、バットマン、スーパーマン、キャプテンマーベルなど、彼らがどう変化したのかといった前情報はあまり仕入れずに読んだ方がいいと思います。自分は彼らのことよく知らないんですけどね(笑)

あと本作からDCコミックの全ての物語がリセットされるらしく、フラッシュポイントというタイトルはフラッシュのエピソードという意味以外に新しい物語が発生する引火点という意味もあるらしいので、本作を新たなDCコミックの導入としても読んでおいておく価値があるかもしれません。

それにしてもヴィレッジブックスから刊行されるアメコミ、もう少し安くなってほしいところ。
小プロから刊行ものは比較的安いため、どうしてもそちらで集めるのが優先的になってしまいますね・・・。

FlashpointFlashpoint
(2011/11/01)
Geoff Johns

商品詳細を見る

スポンサーサイト

theme : アニメ・コミック
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
181位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。