スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦闘妖精

マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)/冲方 丁


うーん、残念ながら面白くなかった。
期待していたものとは全然趣が違ってたよ。
本屋大賞・SF大賞受賞と帯に書かれていたから買ったのに。

こういう本でした。
「ポン引きの親玉に焼殺されそうになった少女が、宇宙開発技術を応用した人体改造で甦り、そのうえあらゆる電子機器に介入して操作する能力を身につけ、この世のあらゆる物質に瞬時に変身できる黄色のネズミとともに、ポン引き野郎を訴える話」
登場人物が職業のわりにはお喋りだったり、まぬけだったりするところが残念。
かませ犬にしかならない暗殺集団の趣味をたっぷり聞かされるのはだるかった。
少女も少女で凡庸なのがもったいない。
最強の能力手に入れたから(自己愛たっぷりに)ボコボコにします、というのが好きじゃない。
例えば、虐げられた後にめっちゃ強くなって相手を蹂躙するようになる話として映画『第9地区』があるんだけど、あれは徹底して現実の描写を続けていった結果として反逆することのダイナミズムが発生するわけですが、「マル~」はちょっとメロドラマが過ぎる。
全3巻もあるそうですが、そこまで引っ張る必要があるのかしら。
自分はシリーズものの本は1巻しか買わないので知らんが。


戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)/神林 長平


一方でこれは大変面白かった。
必要なものは全て描写して、無駄なものは一切描かないストイックさが良い。
「突如南極に現れた異空間、その先に広がるフェアリイ星を舞台に、異空間を通じて地球に侵攻しようとする異星体との戦争SF」
昔、地球が平和になるにはどうすればいいか、という話を友人とした時、最終的に「宇宙人が侵攻してくれば地球は一つになる」というバカバカしい結論を出したのを思い出した。
「戦闘妖精」では、地球上が戦場にならないために、大して情勢は変わっていない。
それどころか圧倒的な強さで地球防衛に就く空軍を地球側がけん制する始末。
敵の正体も戦争開始から今まで依然として知れず、そのために戦っている本人はいったい何のために戦っているのかわからなくなっていく。
その疑問もやがて戦争の主体が人間ではなく機械に変わっていくことで深刻さを増す。

膨大な情報を処理する機械が、意思をもって行動するようになる(みえる)のは面白い。
人間のあらゆる感情の存在しないところに無機質の残虐性があるから恐ろしい。
ターミネーターやアヴァロンのボス敵が脅威に映るのもやっぱそこかなあと思ったり。
★★★★★

(★は好みの数)


---
しばらく新作映画観に行ってないな…。
来週末にまとめて観に行こうと思います。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
146位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。