スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレディンガーのバットマン(ダークナイトライジング結末の解釈)

プレステージ [Blu-ray]プレステージ [Blu-ray]
(2012/07/03)
クリスチャン・ベール、ヒュー・ジャックマン 他

商品詳細を見る


ダークナイトライジングの結末では主人公であるブルース・ウェインが死んだのかどうかがよく話題になっているみたいです。

思ったのはノーランはこれを死んだ/死んでないのどちらかにするつもりは全くないだろうということです。

ノーランバットマン三部作には一作目と三作目の間に単体の作品『プレステージ』、『インセプション』を挟みます。
プレステージでは両主人公の半身は死に、もう半身は死ぬ。インセプションでは(これも議論を呼んでますが)結末は夢から覚めたか覚めなかったかは曖昧なまま終わる。そしてダークナイトでは永遠に決着のつかない二人の関係とヒーローが悪の汚名を被るコインの裏表を描いた。
ノーランは常に白か黒かの決着ではなく、相反する概念が同時に存在する状況を描いてきた監督と言えます。

ダークナイトライジングで重要なのはバットマンという闇に囚われた主人公がいかにしてそれを昇華するのかということだったと思います。これまで半分ずつの人生、正義と悪、現実と虚構の天秤を描いてきたノーランがライジングに至って選んだのは、闇に囚われたヒーローとしてのブルースと全てから解放された人としてのブルースだったのではないでしょうか。
だから自分が主張したいのはブルース・ウェインが死んだか否かという問題ではなく「バットマンとしての半身は死に、人としての半身は生きる」という概念です。

もちろんそれでも死んだか否かにこだわる人はそれでも全然いいんだと思いますよ。
そういう枠で話をするなら自分もブルースが死んだ方が話はすっきりするのかなって思いますしね。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

comment

Secret

感謝です。

この記事は拙ブログの『アルフレッドはブルース・ウェインの夢を見るか』のレス記事ですよね。
真正面から受け止めてくださったこと、感謝です。
ブルース・ウェインが生きていた派の人が彼が生きていたとする根拠がほとんど根拠と言えるようなものじゃなくて、正直ガッカリすることが多いのですが、監督であるクリストファー・ノーランの立場から見て考察するachiさんの見方は斬新で、へぇと感心しました。

話は全然変わりますが、ツタヤの三枚3000円DVDコーナーに『スーパー!』がありましたよ。
achiさんはすごく気に入ってませんでしたっけ?
DVDを購入するほどではないかな?

>せぷさん
ありがとうございます。
せぷさんのブログで何度も取り上げられているので、自分としてもはっきり考えておこうと思ったんですよね。
生きても死んでも前向きな結末だったという自分の考えを補完するいい機会でした。

スーパー!は面白かったです。
今年見たんですが去年ならベストにいれてもいい映画でしたよ。
ただそれを買うとして残り2枚、特にほしいものがないんですよね(笑)

No title

バットマンが死んだか死なないかで議論されてたんですねー。

俺もそのへんは考えてませんでした。
フツーに死んでないと思ってたw

というか、どっちでもマジで問題ないと思うのですが、何が知りたいんでしょうかね。みなさん。

映画のテーマとはまるで関係ない部分で議論しても、それは関係ない部分ゆえに「どっちでもいい」という結論しか出てこないわけですなー。

Re: No title

>デヴォン殿
コメント気づかなくてすみません。

またしかに。個人の感じ方レベルの問題ではありますね。
それでもどちらか一方を強く主張する人は多いので自分も考えてみた次第です。
名づけて「ノーラン天秤論」(笑)
自分はこいつを主張するのでデヴォン殿と違った意味でも「どっちでもいい」ですね。
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
181位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。