スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想を書く時の注意

映画の感想や批評を書くときにこれは大切にするべきと思われること

1、作り手の意図を理解する
2、作り手の意図と出来あがったもののバランスを考える
3、作り手の意図を超えた面白さがあるか考える
4、作り手の意図が正しかったのか考える

どうもスクリーン上に映されるものを偏見を持って受け取り、それを以て貶めるような感想が目に付いたので考えてみた。
自分も上手く出来ているとは言い難いけど。

---

M・ナイト・シャマラン監督は作品の面白さに比べると想像を絶する酷評の嵐だけど、自分にはそれがちょっとわからない。
『レディ・イン・ザ・ウォーター』なんかはラジー賞を受賞しているが、自分には何が悪いのか本当にわからない。
物語の途中、シャマランが啓示を受けるシーンはまるでキリスト誕生の予言に立ち会ったような時空を感じさせる感動があり、そこだけでも本当に面白いと思ったのですが、どうもこの「シャマランはしばらくは誰にも理解されないがやがて世の中に影響を与える存在になる」みたいな自身を投影した表現が鼻についてしまったのでしょうか。
すくなくとも自分はシャマランはそれに見合う才能を持っていると思うのですが。
典型的な批評家が殺されてしまうのも受けが悪かったのでしょうか。
あとは登場人物の役割のこじつけ?といってもこれはおとぎ話なのでそれは問題ではないのでは。
むしろ登場人物の役割とは本当は何だったのか、真剣に考えてみると全然問題なくなったりして。

スポンサーサイト

comment

Secret

1 ■自分は、

自分は熱烈なシャマランファンではありませんが、『レディ・イン・ザ・ウォーター』は決して嫌いではありません。

『ハプニング』もそこそこ楽しめました。

しかし、先日観た『エアベンダー』はまったくダメだ、と思いました。
褒めるところが一つも見つかりませんでした。

皮肉でも何でもなく、achiさんの『エアベンダー』レビューが楽しみです。

2 ■エアベンダー

>せぷさん
コメントありがとうございます。

『エアベンダー』やはり駄目でしたか~。
私のマイミクはシャマランはオリジナルにこそ意味があるのにシャマランじゃなかったら絶対観に行かないけど…と悔しがっていました。
せぷさんがそう言われる程なのだから、きっと今作はつまらないだろうなと思いつつ投資と思って金曜日に観に行きます。
シャマランには是非今後もオリジナルで映画作ってもらいたいですからね!
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
118位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。