スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャマランのすごさとは何か

シャマランは「奇跡」の演出家である。
スリラーモノで有名過ぎるシャマランだが、彼の真骨頂は奇跡を起こすことである。
彼のこれまでの監督作品「アンブレイカブル」、「サイン」、「ヴィレッジ」、「レディインザウォーター」、「ハプニング」、「エアベンダー」まで、神がかった奇跡演出は他のどんな映画監督にも真似できない境地に至っている。
シャマランの映画の語り口は至極真面目で途方もなく真剣である。
まるでマイケル・ジャクソンが世界平和の実現を本気で夢見ていたように、シャマランの語り方もまた本気で世界を変えられると確信しているほどの真剣味なのである。
だが、彼が真剣になればなるほど、扱っている題材や日常に起こる奇跡演出の際立ちによって、彼の映画はよく、大変真面目な顔してかます渾身のボケとして成立するのだ(シャマラン的に織り込み済みかどうかは定かではない)。

エイリアンの侵攻、スーパーヒーローの誕生、宇宙人の侵攻など、現実を基準に考えればくだらない題材かもしれない。
現実にそんなことが起こったとして、まともに受け止める人なんて皆無だろう。

しかしこれがシャマランマジックを通すといかにも古いB級映画の題材を扱いながらも、極めて現実的な視点で物事が進行する。
アンブレイカブルではいきなり生存者であり、サインではいきなりミステリーサークル、レディ・イン・ザ・ウォーターに至っては精霊界と人間界が存在して二つが一つにならないと世界は救われないなどと冒頭にて宣言する。
わざわざ『これは現実である』と宣告するでもなく誰かのツッコミを受け止めるでもなく事態は容赦なく進行する。
既に、経緯はどうあれ、結果は、『そうなっている』ことが示されているのだ。
あり得ない光景。だが紛れも無い現実。
この超現実こそがシャマランの最強のマジックなんです。

ただし、そのあまりに現実離れした現実を見せられた人の多くが現実を受け止められずに脱落していく。

『バットや水で死ぬ宇宙人なんていねーよ!』

『なんであんた(シャマラん)が預言者なんだよw』

『風で死ぬわけないじゃん』

実際に宇宙人を見たこともない人が宇宙人が水で死んでる映像を見てんなわけ無いと背を向けてしまう。
シャマランにとって不幸だったのはメジャーになったシックス・センスだろう。
あのどんでん返しによって、以降多くの人が騙されないぞ!という視点でシャマラン映画を見たに違いない。
催眠術もかかるまいと最初から心に障壁を作ればかからないという。
まずは前提を信じることから始めなくてはいけない。




シャマランのエアベンダーは『これは現実だよ』ってのを全編通してやり込んでいる超現実シーンの連続だったのがスゴイ。
例えばブーメランって投げて当たったらふつうそのまま落ちるんですよ。戻ってこないんです。
エアベンダーでは当たってもちゃんと戻ってくるんですよね。さり気ない奇跡演出です。
スポンサーサイト

theme : 心に残った映画
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
133位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。