スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PS4】アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」

PS4にて今年5月に発売されたゲームについて評価。

木曜洋画劇場のようなあるいはB級映画のような、軽快で御都合主義、派手なアクションと地味な謎解き、オカルトネタを振りかけたインディジョーンズみたいなゲームシリーズ。

海賊王と最後の秘宝は過去作の軽快な冒険活劇と変わり、引退後の生活、兄弟の再会、過去へのトライ、冒険の終わりと全体的にシリーズ終焉に向けての物語背景がある。その為、今までにない長い旅路に微かな悲壮感を抱えつつ秘宝を巡る冒険に旅立つことに。

プレイヤーを冒険に駆り立てる動機は主に兄弟の再会がきっかけとなる。それは兄弟が遠い昔に約束した秘宝への旅を再開すること、またその存在を知った麻薬王に秘宝の分け前を要求されること、かつての同業者が秘宝を狙っていることなど、これらが秘宝を手に入れる必要性をプレイヤーに提示する。

一方で主人公のネイトは既に結婚生活に入っており、命懸けの冒険に再度チャレンジするにはかなりのリスクを伴う。
過去作において、ヒロインのエレナはネイトがややためらいがちな場面にも、意外すぎるほど後押しして危険の先に進ませる人物だったのだけど、本作ではネイトの心情にややうしろめたい躊躇いを感じさせる存在でもある。
どちらかと言えば失うもののない兄のサムの方が、ネイトを主観にした時にかつての自分を思い出させるような冒険心に満ちているように思う。冒険への憧れと家庭への後ろめたさに挟まれて、すべての物語の終わりの気配を感じさせる。

それゆえに物語の最後のロケーション中に唐突に明かされる事実によって、プレイヤーがもはや秘宝を追う必要がなくなったのが悔やまれる。主人公には理由がなく、兄にはどうしても秘宝に拘る理由がある。その差を埋めるだけの思い出がプレイヤーには足りない。過去の出来事をなぞるチャプターがそれはそれでよく出来ていたとしても。

アクションシークエンスは相変わらずハイクオリティであり、能動的にプレイするゲームだからこそ熱狂できる驚異的な映像体験が随所にある。惜しむべき点は戦闘場面の少なさと移動シーンの長さによる間延び感。ハード移行に伴うグラフィック表現の豊かさは感じられるものの、過去作を収録したアンチャーテッドコレクションが秒間60コマなのに対して最新作が30コマなので、画面を動かしている状態ではあまり映像的に優れているとは言えなくて、これが操作性にも影響してくるせいか今一つに感じられる。
ロケーションの変化では過去作に習いつつも車両での自由移動など新しい試みもあるけれど、一つ一つのチャプターが長いので、過去作の目まぐるしく変わる土地、建物、風景、遺跡巡りに比べると趣向が変わりすぎるため、ひとによって大きく好みが違うと思う。

結果的にはいつものアンチャーテッドと言いたいところだけど、シリーズ最後ということでかなり無理してA級映画に持っていったような気がしなくもない。
てなわけで本作はちょっと微妙。シリーズ最高傑作はやはり黄金刀なのでした。

評:75点

さて一方でオンラインマルチプレイについてだけど、こちらは本編以上に面白かった。
何しろ秒間60コマでキャラクターが機敏に動く。操作性は抜群でストレスフリー。
コールオブデューティやバトルフィールドみたいな主観画面ではないので状況を把握しやすく、単純な照準精度や経験に左右されない自由度があるので初心者にも入っていきやすい気がする。武器はともかく味方の召喚、秘宝の使用、ブーストの組み合わせによって多種多様な立ち回りが発生するので単純化しにくい強みもある。
シリーズが終焉するとしてもこの手のゲームにはFPSに対抗して常に一定数供給される価値があると思う。おすすめ。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
125位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。