スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】アウトレイジ

(ネタバレなし)

昨日は北野武監督の『アウトレイジ』を観に行きました。

北野武久しぶりの暴力映画ということでどんな映画になるのか気になっていましたが、今回は容赦がなかったです。
完全に暴力の応酬、権力と殺し合いのサバイバルゲームです。

以前の暴力映画の時からも北野武の映画は暴力と笑いが混在していましたが、今回はそれが更に過剰になっています。
多分、作風知らない人だったらドン引きするレベルの笑いが随所に出てきます。(そんな人はそもそも観に行かないだろうけど)
えっ、このタイミングで?とか、えっこの場所で?とか、ええーそんな殺し方かよー!みたいな驚きと絶望が満ちているので凄いです。

冒頭、ヤクザの総会から始まります。
ここで会長が組長の一人を呼んで別組との抗争をそそのかすことから暴力の連鎖が始まります。
権力ゲームが激化して会長は二枚舌三枚舌で各組長連中をうまく操り、文字通り会長として君臨します。
その過酷な世界を誰が死んで誰が生き残るのかを予想しながらみると面白いです。
死にそうな人が死ななかったり、死なないだろって人が死んだりするのが意外だったりします。
普通ならこうなるだろってところでハズしてくる徹底した容赦のなさが恐ろしいです。

それから『ソナチネ』や『BROTHER』にもあったような時間差を利用した遊びが面白いです。
特に暴力による怪我の発生→怪我の経過が描写されるのでその辺は笑えます。


●好きなシーン
①冒頭の黒い車両の群れ
②ラスト間際の発電所付近を走る黒い車両

①音楽もさることながら不吉な雰囲気を漂わせながら地獄に向かっているような感じがグッド。
なかなかシーン切り替わらんなと思ったら、あ、これかという時間差が面白い。
②あんだけたくさんあった車両もとうとうこれだけになったなあ、と感慨深さより絶望を感じます。



(追記)
北野武の暴力映画の中では本作の面白さは中堅クラスです。
笑いと暴力の混在をどう見るかで本作を楽しめるか否かが変わってしまいそうです。
人による評価のバラつきが出そうですね。
私個人は大変面白かったです。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
98位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。