スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白がすごかった件

(ネタバレなし)

『告白』の原作の評価は賛否両論だったので『SAW』みたいな自己啓発セミナーものとばかり思っていました。
しかし実際にはそんなミニマムなお話なんかではなく、もっとずっと社会の内面に向き合った作品だったようです。
ツイッター界隈では絶賛の声多数で、本年度ベスト1位とまで言われたら観に行かないわけないですね。

そんなわけで『告白』観に行きました。

幼い娘を殺された女教師がその犯人であるクラスの生徒に復讐する話、ということで原作にしても映画の方にしても、グロい、重い、不快との感想が聞かれます。
しかし私自身は作品そのものを不快には思いませんでした。
たしかに、この映画で描かれる生々しい中学校の教室の様子や娘を殺された教師の復讐は凄惨を極めるものでした。
それを寧ろ清々しいと感じてしまうのは、それら全ての不快さの根底には「命の重さ」というテーマのための制作者の執念が感じられるからです。
学校という、いわば日本社会の縮図とも言える環境で行われた殺人事件と復讐劇。
彼らはどうしてそうなってしまったのか、どうしてそうするのか、それぞれの問題が炙りだされ、『告白』は単なる復讐劇ではなく、それとなく道徳を諭す寓話になっているのです。
それも信じられないくらい繊細かつ豪快に。

だからこの映画は(なぜかR-15指定なのですが)現役の中学生が観に行くべきです。
映画の中で何度もでてくる生徒たちを俯瞰するカットで、観客はまるで死んだ娘の目線のように徹底して客観視点になります。
こうした一連の映像を中学生が見ることで、彼らは彼ら自身が社会の中でどういう立ち位置にあるのか、どういう環境にあるのかを知ることが出来るかもしれません。
そして同時に命とはなんなのかと考えさせられるでしょう。



その他思ったこと
●13歳の少年少女という設定なのにR-15ってどうなんでしょうか。
少なくとも彼らは実在少年なのに!
●自分は疑り深い人間なので、ある「告白」には「?」となりました。
そこは生徒と同時に観客が自分の無知を自覚させられるいいポイントです。
●人殺し死ね、の文字に一瞬早く気づくから怖くなりますね。
●社会が抱える問題を浮き彫りにしてやろうという執念に『SAW』がいかに子供だましかわかります。
●うちの近所の中学校で『告白』の広告が配られたそうです。殊勝な心がけですね。

スポンサーサイト

comment

Secret

1 ■はじめまして、ですね。

こちらのブログでははじめまして、ですね。笑。

以後よろしくお願いします。

『告白』は自分も中学生たちこそが観に行くべき映画だと思いました。
そこまで残虐なシーンはなかったと思うけどな。
冷蔵庫の中の手首がまずかったのかな?

自分も『SAW』は子供騙しの映画だと思います。
何よりジグソウの言ってることとやってることが違いますからね。
「命を大切に」と言ってる割には「喫煙者だから」という理由で殺される被害者もいますしね。
結局あのシリーズはパート1のドンデン返しこそが全てだったのだと思います。
とはいえ、新作が公開されたら懲りずにまた観に行くとは思いますが。笑。

2 ■Re:

>せぷさん
コメントありがとうございます。
来ていただいてとても嬉しいです(笑)
こちらこそよろしくお願いします。

『告白』
生々しい残虐シーンのほうが道徳的な効果はあると思うんですけどねー。
本当に何がいけなかったのかわかりませんね。
やはり人体をバラす表現はダメなんでしょうか。

>パート1のドンデン返しこそが全てだったのだと思います。
まさにそうですね。
なんというか、「死体で遊ぶハッタリじいさん」という言葉がピッタリですね!
あのシーンで既にSAWという映画自体がハッタリになってしまったって感じです。
ちなみに自分はただ痛いだけなのが嫌なのと、近所では上映されないのコンボで観に行かないですね、きっと。
観る前から決めつけるのも良くないですけどね(^^
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
98位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。