スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】パラノーマル・アクティビティ

この前友人が来た時に『パラノーマル・アクティビティ』と『バチアタリ暴力人間』を見た。
今回は『パラノーマル・アクティビティ』の感想。

パラノーマル・アクティビティ [Blu-ray]
わずか130万円で製作し20億円もの収益を上げた『パラノーマル・アクティビティ』。
内容は実は大したことがないのにもかかわらずBD、DVDまで高値で売りさばいて儲けようというのだから大したものである。

この映画の噂はかねがね聞いていた。
なんでも、『嫉妬した透明人間の話』だとか。
でもって実際見て驚いたのが、本当に『嫉妬した透明人間の話』だったことだ。

友人はしきりに『霊的なモノを感じる…』とか『巨乳ええな~』とかシックスセンス的な感覚で語っていたが、自分はあそこに霊が映っているようには見えなかった(かといって透明人間が映るわけでもないが)。

『パラノーマル・アクティビティ』には透明人間自体は映らなかった。
だが、霊的な何かの存在はそれ以上に映らなかったと断言する。
とにかく、超常現象というわりには、いちいち発生する出来事があまりにも物理的すぎるのだ。
だがそれをいちいち指摘するのも気が引ける。
本当はみんなそんなことは百も承知の上で、恐い恐い言っているんじゃないのか。
『パラノーマル・アクティビティ』の予告編、暗闇の中で深刻な顔をする観客たち。
どっちかというと彼ら観客の方が本編よりもずっと真に迫るものがある。
もしかして予告編のほうが良く出来たフェイクドキュメンタリーだったのでは…。


それで映画自体は面白くはなかった。
透明人間のやることのせこさとかは微笑を誘うけれど、基本的には夫婦の口喧嘩に終始するので退屈といえば退屈だ。
『世界のビックリ映像100』みたいな感じの作りなんだけど、映画としてそれを真似してみても白けるだけで、映画そのものの持つ恐さには結びつかないんじゃないかなと思った。


その他
・『ベッドサイドに立ちっぱになる演出』は正直子供だましだと思う
・意味があるのかないのかわからないものを恐さとして成立させるには
・とりあえずやってみたけどどう思う?って感じの作りはどうなんでしょうか





スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
146位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。