スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フツーの日記です。

●『Q10』の最終回を見た。
Q10の脚本の良さと言えば、日常の大切さを再認識させてくれることかな。
余計に力が入ってたり小難しい話ではなくって、誰にでもわかりやすく普遍的なテーマを伝えている。
つまり作品の面白さと流通性を兼ね備えているってところがまずすばらしいね。

それからQ10というキャラクターも面白い。
人間と非人間のギャップがQ10の純粋性や過剰にも見える良心を生み出していて、それを生身の人間が演じていることがさらなる笑いと感動を生んでるよね。


●『ヘルボーイ:ゴールデンアーミー』を見た。
あまり覚えてないけど面白かったね。
脚本、キャラクター、世界観、全部がそこそこよく出来ててよかった。
特にトロール街ってところはブレランみたいに密集しててよかったね。


●『進撃の巨人』三巻までを読んだ。
近年は世相を反映してか、サバイバル系の物語がメディアを問わず流行ってますね。
『進撃の巨人』は今のところ設定だけで引っ張ってる感があるのでなんとも言い難いけど、何かの大賞に選ばれる分には充分面白かったです。
巨人のサイズがばらけすぎなのがちょっと微妙な感じでした。
大中小くらいでよかったのでは。


●ブログ更新と一緒に記事カテゴリ増やそうと思ったらパソコンからしかカテゴリ増やせないらしい。
どんなシステムだよ。


●一人で山に登りました。
数百枚ほど写真撮りました。
使える写真あるかは不明、用途は後日改めてご報告します。

以 上。
スポンサーサイト

comment

Secret

1 ■Q10。

『Q10』はAKB48のメンバーが主演ということだけでスルーしちゃいました。
脚本家が『すいか』の人だと知った時には放送が始まってからしばらくしてのことでした。ちょっと早計でしたね。

『ヘルボーイ:ゴールデンアーミー』は結構好きです。ヘルボーイがへべれけになってエイブと一緒にマニロウの歌を歌うシーンは気に入ってます。

『進撃の巨人』は二巻まで読みましたがどこが面白いかわかりませんでした。
はっきりいって絵はしょぼいと思いましたし、後出しジャンケンのように次から次に設定が追加されるのはどうも気に入りませんでした。
新人のデビュー作としてはよくできてるんでしょうが…。

>一人で山に登りました。
それはすごいですね。
自分も時々一人で遠出をすることはありますが、山登りをしようと思ったことはないです。
後日の報告、楽しみに待ってますね。

2 ■無題

>せぷさん
コメントありがとうございます。

せぷさんはAKB48は嫌いですか?
AKB商法はヒドイと思いますが、それ含めて注目すべきグループですよ~。
脚本家、自分には『野ブタ』の印象が強いですね。

ヘルボーイ、いいですよね。
エンターテイメントに徹してる奔放な感じが楽しいです。

進撃の巨人、青年誌のサバイバル系漫画に比べると見劣りしますね。
少年誌枠ってところに意義があるんじゃないかな~と思いましたがどうでしょう。
リアリティと歪さを伴う漫画ではやはり『GANTZ』や『ベルセルク』が最強ですね。

登山はきついですよ。
体力的な問題じゃなく、暗い森を一人で歩く感覚が。
まあそれもけっこう面白いですけどね(笑)

報告といっても大げさな話ではないのですよ~。
むしろ紹介と言う方が正しいかな。
それにまだ大まかにしか決まってないので後日といってもしばらく先になるかもわかりません。
プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
138位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。