スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ソーシャル・ネットワーク

【ネタバレあり】

映画『ソーシャル・ネットワーク』について適当な感想。

Facebookを立ち上げた若き天才マーク・ザッカーバーグ。
監督のデヴィッド・フィンチャーは、彼を映画にする際にアスペルガー症候群という設定を強調して描いたそうだ。
実際にアスペルガーなのかは議論されてるらしいが。

そういうわけで主人公のマーク・ザッカーバーグ君は絶望的に空気が読めない。
はっきり言ってFacebookがどうこうよりも、アスペルガー症候群という彼の言動が面白すぎるのである。

冒頭から彼は付き合ってる彼女にフラれる。
会話が噛み合わない不快感から、至極まっとうな台詞まで吐かれる。
『アンタがモテないのはオタクだからじゃない、性格最低だからよ!』

そんな第一印象最悪状態から始まるのだが、Facebookをめぐる一連の出来事を見ていくうちに、意外にコイツ悪いやつってわけでもないんじゃないって気になってくるのだ。

途中経過を見ていけば、どうもこの人は裏切り者とかいう立場よりも、単にフラれた腹いせ…というか見返してやろうという気持ちだとか、あるいはただ単に自分の作るFacebookが拡大することを楽しんでるだけに見える。

だからそれ以外には興味を持てない。
空気を読めないというよりも、空気読む努力をしない。
だから本当は嫌なやつじゃない。
嫌なやつに見えないようにすることを知らない。

マーク・ザッカーバーグが本当にアスペルガーなのかは知らないが、この空気読まない感覚にはうっすらと感動を覚える。
個人的な話だけど、空気読むのって面倒なんだよね。
単純な利害関係、すでに確定しきって発展の見込めない関係、維持する必要を感じない関係に本当は空気読む努力したくない。
それが許されるのは天然と天才があればこそなわけ。

そんなわけでマーク・ザッカーバーグが知らず知らず無神経に人を混乱させ圧倒するのは端から観ていてちょっと快感だった。



★★★★
(Amazonでサントラが安いです。)

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
98位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。