スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王ドロボウJING

最近買った本。

王ドロボウJING新装版(1)熊倉 裕一
『王ドロボウJING』

昔ボンボンコミックという雑誌に連載されていた漫画。
ボンボンコミックはコロコロコミックのライバル的存在だったが数年前に休刊。
『王ドロボウJING』が連載されていた頃は、小学生向けとしては非常に濃厚な漫画が多かった。
・・・という印象が残っており、久々に読んでみたくなったので買ってみた。

主人公の少年ジンが相棒の鳥キールとともに色んな街のお宝を盗み出す冒険譚。
アメコミのようないかにもコミック然とした画風が魅力で物語が進めば進むほど、その描き込み量が増えていく。
適当にめくって眺めるだけでも楽しいが、ストーリーも神話や伝承からの引用が多くとてもよく練られている。
1巻ではバベルの塔を模したドロボウの街と幽霊船を舞台に、2巻では時計仕掛けの街と爆弾生物を運ぶ仕事、3巻では不老不死の薬を探しに・・・と、様々な世界の風景を鮮やかに見せてくれる。

編集長の方針で一旦打ち切りになったらしいけど、面白いものは幼くても面白いと感じられるのではないかと思う。
(僕はコロコロよりボンボン派でした・・・。)
(6巻は天に昇る話なんだけどワンピース空島編に若干影響を与えているかもしれない。)
(道路標識にLOST HIGHWAYとかDAVID LYNCHとか描かれているので作者はリンチファンかも。)
★★★★★


サタニスター (1) 三家本 礼
『サタニスター』

ツイッターで気になったので買ってみた。
適当に一般人をとっ捕まえて拉致しては殺人ゲームの獲物にするという恐ろしい殺人鬼バルキリー。
おそろしいのにすごーくテキトーな感触の絵がすばらしいですね!
サタニスターという名の主役シスターが主に肉体技で殺人鬼を倒します。
あとシスターも殺人鬼もそれなりに人でなしで、みんな個性的なモラルを持っているのも面白いです。
ちょっといい話かと思ったらちゃんともう一段落あるのもいいですね。

世界最強殺人鬼決定戦という舞台で宿敵バルキリーを倒すためにサタニスターが勝ち上がっていく話がメインらしいです。
とっくに完結してるのでさっさと買っとこ(笑)
★★★


The Arrival/Shaun Tan


『アライバル』

どこかのブログで紹介されていたので買ってみた。
書店で日本語訳されたものを買うと2500円するのに、Amazonの洋書版だと1500円で買えるんですね。
お得でした。

字のない絵本なので洋書で全然オッケー。
主人公が旅先する国で様々な文化の壁に遭遇しつつも、同じく旅してきた異邦人と出会い、馴染んでいくというこの本はまさに一人の人間の人生を描いていると言えます。

およそ理解不能な新天地で言語の壁や文化の壁に遭遇する主人公だけど、ようやく工場の仕事を見つけまともに生きていけるようになるページが感動的です。
その仕事がベルトコンベアーで不良品を取り除く仕事なんですよ。
で、流れてくるものが何なのかさっぱりわかんない。
まるい突起の付いた変な白いビン状のものが流れてくるわけですよ。
それがいったい何なのかまるでわからない。
不良の出方もパターンが違いすぎてどんな風に加工してるのか想像がつかない。
このようなわけのわからなさが随所に溢れ、異国を感じさせてくれます。
★★★



我ながら更新頻度が低くて残念・・・。
週1ペースで更新できる日は果たして来るのだろうか・・・!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
125位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。