スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】ネクロマンティック

先日、ユルグ・ブットゲライトの『ネクロマンティック』を見た。
ユルグ・ブットゲライトは変な映画ばかり撮るのでドイツ政府によりフィルム焼却、上映禁止処分、映画撮影禁止処分を受けているそうな。
ネクロマンティック1 完全版 [DVD]/ダクタリ・ロレンツ,ハラルド・ランド,スーシャス・コルテッド
単純に言って、「死体とセックスしたい男の話」である。
そういうわけで内容は壮絶だ。
なにせ冒頭から放尿で始まる。
あとは兎を殺して皮をはぐ、半ば腐乱した死体をさらってきては3Pするといった内容だ。

そのあたりは自分はまったく死体愛好者ではないのでただただ壮絶としか言いようがなかった。
ただ死体愛好者の男が、同じく死体愛好者の女に振られたあとからの光景はそれなりにちょっと心揺さぶられた。
飼ってた猫を殺して肉片を風呂に漬け、男がそれを頬にぐにゅぐにゅと擦りつける様からは、死体に対する愛情が画面越しにマジで伝わってくる。

男が映画館に行って恐くなって出てくるところも最高である。
スクリーンでは殺人が行われようとするが、死体愛好者の男はあくまでも死体が好きなのであって、殺人は見たくないという複雑な一面も持ち合わせているのである。
この辺が単なるゲテモノ映画と言わせてくれない。

そして勢い余って売春して、売春婦を殺してしまうところもまたすごい。
その死体を死姦した後、男はこれ以上ない晴れやかな顔に変化。
精神世界、どこかの野原で両腕を猛烈に振り回し駆け回る。音楽もとても爽やか。
自宅に戻った男は自らの腹に包丁を突き立て、おもむろに切腹し始める。
同時に男の性器がそそり立つ。
吹きだす血液、飛び出す精液、死ぬ男。
これこそまさに「死に至るまでの生への称揚」とかいうヤツではないか。
生も死も情愛も自己愛も何もかもが詰まったこのシーンは、どう見ても気色悪いに違いないけど、けど、すごい。
映画は単純に出来の良いものを見る時よりも、まだ見たことのない未知なものを見た時の感動の方がデカイ。
その意味ではネクロマンティックは感動こそしなかったものの、地味に印象に残る映画であった。
なにも上映・撮影禁止にしなくてもいいじゃないかと思いますけどね。

でもおすすめはしません。

【映画】スペル

サムライミ監督の『スペル』をDVDで鑑賞。

銀行に勤める女性が住宅ローンの支払い延長を断ったために、逆恨みした老婆から呪いをかけられてしまう話。
もともとは『死霊のはらわた』などのホラー映画が得意な監督ということで期待していたのですが、ちょっと微妙でしたね。
人にはあまりお勧めできません。

(ネタバレあり)

サブプライムローンを意識して作られているのでしょうが、あまりにも弱い者イジメが過ぎる感じが好きになれなかったですね。
銀行家に対する皮肉にしても下っ端の従業員が悲惨な末路を辿るのはどうかと思いますし、中国人はやはりロクでもない奴だった、という描写もアメリカ人の自己中心的な感じが出ていて面白くないですね。

老婆のアクションがとにかく壮絶なのですが、個人的にはもっともっと派手にやってほしかったです。
なんか代理人の悪魔の取り立てがメインになってしまって老婆の出番が少ないような気がしました。
老婆のやることがいちいち滑稽なのに対し、主人公が辿る運命が酷過ぎるので笑えないんですよね。

それから衝撃のラストと言われる割にはちょっと予想通り過ぎて残念でした。
彼氏の車の中で封筒を落とした時点でもう、完全にバッドエンドでしょ~ってのが見えていたので、それからのゴタゴタはまったく目に入らなかったです。
封筒の中身がわかってしまった時点でもはや序盤に出てきた占い師の気分です。
この人はもう地獄行き確定なんだ…というのが目に見えてしまって、それが一番恐かったです。


その他
●お笑い要素を期待しすぎました。
●原題『DRAG ME TO HELL』のほうが雰囲気に合っていると思います。
●この手のお笑いホラーではピーター・ジャクソンの『ブレインデッド』が一番好きです。

プロフィール

achi

Author:achi
プロメテア教

最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブックマーク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1099位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋画
104位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめ
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。